コーヒーで便秘解消

コーヒーの便秘への効果と正しい飲み方!

コーヒーは便秘への効果と正しい飲み方!

 

 

便秘解消にコーヒーが効果があると言われていますが、実際のところはどうなのかというと・・・

 

 

適度に飲むのであれば便秘に効果的とされますが、飲みすぎると逆に便秘を悪化させてしまいます。

 

 

これはどういうことでしょうか?ここではコーヒーの便秘解消の効果や飲み方の注意点について解説したいと思います。

 

 

どうしてコーヒーが便秘解消に効果がある!?

 

 

コーヒーが便秘に効くとされるのは大きくわけて2つ理由があるとされます。

 

 

①カフェイン

 

 

コーヒーが便秘解消に効果があるとされているのはご存知の通りカフェインという成分が入っているからです。

 

 

コーヒー1杯(200ml)に含まれるカフェインはおよそ150mgと他の飲料に比べて圧倒的で栄養ドリンクの3倍はあります。

 

 

そしてこのカフェインは腸を刺激する働きがあり、大腸の便を押し出すぜんどう運動が活発になることで便秘を解消します。

 

 

またコーヒーを飲んだ後にお腹がごろごろするのはこのカフェインが原因だからなんですね。およそ50mg以上のカフェインを摂取することでお腹がごろごろしてくるとされます。

 

そのためコーヒー1杯飲むだけで150mgを摂取できてしまうため腸が活発になり、便が出やすくなるのは当然のことと言えます。

 

 

②ピラジン

 

 

またコーヒーの香り成分にはピラジンというものが配合されています。このピラジンには体をリラックスさせる働きを持っており、自律神経を安定させることができます。

 

 

特にストレスなどで自律神経が乱れていると腸の運動が鈍くなったり、あるいは、活発になりすぎて下痢を引き起こす場合があります。しかしこのピラジンによって自律神経が安定すると腸の運動も安定させることができます。

 

 

以上のようにコーヒーを飲むことのよって便秘を解消することができるとされます。

 

 

特にコーヒーは腸の運動が鈍くなっている弛緩性便秘に対しては非常に効果的です。早い場合にはコーヒーを飲んでから1時間ほどで腸が活発になっていきます。またほとんどの方が3日以内の解消に成功しています。

 

 

逆にコーヒーが便秘になってしまう場合

 

 

排便作用を促すコーヒーですが、長期的に飲み続けることで逆に便秘になるとされているのですが、これはなぜなのでしょうか?

 

 

なぜコーヒーが便秘の原因になるかというと、コーヒーに含まれるタンニンという成分が原因です。

 

 

タンニンは腸内に送られることで善玉菌を食べて逆に悪玉菌を増やしてしまう働きがあり腸内環境を悪化させてしまうのです。

 

 

ですがタンニンが原因で便秘になるというのは日頃コーヒーを飲み続けることによって便秘になってしまうようなので、1日や2日飲んだところで何も問題はないようです。しかし1日3杯以上飲んでいる方はタンニンが日々蓄積されていってしまい、腸内環境をむしばんでいくので注意です。

 

 

またコーヒー自体は刺激物ですので、過剰な摂取をすると、便秘の原因になってしまいますし、その他には肌荒れやニキビの原因にもなりかねません。

 

以上がコーヒーが便秘を悪化させる原因とされます。しかし正しい方法でコーヒーを飲んでいけば悪影響を与えず便秘には期待ができます。

 

 

コーヒーでの便秘解消の飲み方

 

 

飲む量

 

 

コーヒーで便秘を解消するのであれば1日1杯(200ml)~4杯(400ml)を飲むようにしましょう。1日2杯であればタンニンが体内に蓄積されることなく排出されていくので、ずっと飲み続けても問題はありませんし、便秘に効くでしょう。

 

 

逆に1日3杯飲み続けると長期的にはタンニンが便秘を引き起こしますので注意するようにしましょう。

 

 

飲むタイミングと継続期間

 

 

また便秘を解消する場合にはコーヒーを飲むタイミングとしては朝起きて1杯、夜寝る前に1杯が理想とされます。朝起きて1杯飲むのは目覚めの1杯と言われ、腸をより活発にさせることにつながります。

 

 

また就寝前に飲むことによって、テアニンが効いてリラックス状態を作り出すことができます。ただし1杯だけにしないとカフェインが眠気を覚ましてしまうので要注意です。

 

 

そしてコーヒーでの便秘解消の期間としては1週間までにしましょう。1週間継続しても効果がなければ飲むのは控えましょう。

 

 

飲む際の注意点

 

 

①コーヒーを飲む際には冷たい状態よりも温かい状態で飲むようにしましょう。

 

 

特に50度の温度で飲むことで腸内の便も柔らかくすることができます。※500wの電子レンジで1分半加熱すれば問題ありません。

 

 

特に内臓の温度が1度上がることによって免役力は約30%向上して、さらに基礎代謝も約10~12%上がります。

 

 

温めて飲んだ方が代謝が良くなり腸も活発になりやすくなるのでコーヒーや他の飲み物を飲む際にはできるだけ温めましょう。

 

 

②砂糖を入れるよりもオリゴ糖を入れる

 

 

またコーヒーを飲む際には砂糖を入れずにオリゴ糖を入れるのが良いです。砂糖は悪玉菌のエサになり腸内環境を乱してしまいます。

 

 

しかしオリゴ糖は善玉菌のエサとなり腸内環境を整える働きを持っています。そのためコーヒーに含まれるタンニンによる腸内環境の悪化も防ぐことができます。

 

 

 

 

オリゴ糖はスーパーで売られているもので構いません。砂糖よりも甘味は薄れますが便秘には絶対にオリゴ糖がおすすめです。

 

 

以上がコーヒーでの便秘の解消方法です。

 

 

くれぐれも飲みすぎないように注意してください。正しく飲むことによって便秘解消に効果的なので是非試してみてください。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ