緑茶と便秘

緑茶の便秘への効果と飲み方について!

緑茶の便秘への効果と飲み方について!

 

 

緑茶は日本人の多くに好まれて飲まれており、虫歯、口臭予防やダイエットとしても取り入れられていますね。

 

 

そして緑茶は便秘に対しても非常に効果があるとされています。
ここでは緑茶の便秘への効果と飲み方についてお伝えします。

 

 

緑茶が便秘への効果

 

 

①カテキン

 

 

緑茶にはカテキンという成分が含まれています。

 

 

このカテキンが便秘を解消してくれる効果があります。
なぜなら緑茶に含まれるカテキンは悪玉菌を減らしてくれる働きがあるからです。

 

 

カテキンが体内に摂取されると、消化されることなく大腸まで届きます。
そして大腸内の悪玉菌を分解することで、善玉菌とのバランスを整えてくれます。

 

 

悪玉菌が優位になっている腸内環境では固く、臭く、黒い便が
作り出されてしまい、さらに腸の便を押し出すぜんどう運動も鈍くさせてしまいます。

 

 

しかし緑茶を飲むことでカテキンが腸内環境を整えてくれます。

 

 

②カフェイン

 

 

緑茶にはカフェインが含まれていますが、カフェインは排便作用のある成分です。

 

 

腸内に溶け出すことによって、カフェインは腸を刺激しはじめます。
すると便を押し出すぜんぞう運動が活発になり便意を感じます。

 

 

コーヒーを飲むと便意を感じるのはこのカフェインによるものなのです。
ただカフェインと効くとあまりよくないイメージを持つ方もいらっしゃいます。

 

 

確かにコーヒーのようにカフェインの含有量が高い(100ml100mg)と効き目が
強すぎて眠れなくなるなどの悪影響が出てしまいます。

 

 

しかし緑茶には湯のみ1杯(100ml)で約30mgですので、
悪影響を及ぼすことなく、腸にわずかな刺激を与えてくれるのにちょうどよいとされます。

 

 

緑茶の効き目の時間について

 

 

どれくらいで便秘に対して効果があるのかというと
早い場合には約30分後に効いていきます。

 

 

また腸内環境を整える場合には最低でも3日間はかかります。
およそ1週間ほど飲めば、かなり腸もキレイになるとされます。

 

 

では次に緑茶が便秘を悪化させる成分を紹介します。

 

 

緑茶の便秘への飲み方について

 

 

便秘を解消するために緑茶を飲む場合ですが、

 

 

一番の方法は朝起きてすぐに1杯飲むことです。

 

 

朝は最も腸が活発になりやすい時間ですので
緑茶を飲むことでさらに活発にすることができるため便秘に効きます。

 

 

熱い状態で飲むことによって、より腸を活発にさせやすくなります。
腸内にこびりついた便を溶かすことで宿便を取り除くことも可能です。

 

 

そして最低でも1週間は継続して飲むことによって
カテキンの働きで悪玉菌を減らすことが整腸効果が期待できます。

 

 

ただ緑茶をたくさん飲みすぎてしまうとカフェインを摂取しすぎて
悪影響を及ぼす場合があるので、注意してください。

 

 

ですので1日多くても3杯までにするようにしてください。
以上が緑茶で便秘を解消するときの飲み方です。

 

 

効果も非常に高く、その他口臭やダイエットにも効果的ですのでおすすめです。
ということで緑茶の便秘への効果と飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ