白湯と便秘

白湯の便秘への効果とおすすめの飲み方!

白湯の便秘への効果とおすすめの飲み方!

 

 

 

便秘を解消する場合には、水をたくさん飲むことで便に水分を含ませ、固い便を柔らかくできることができるため絶対に必要です。

 

 

ですが、ただ水分摂取の時に冷水で飲むのはもったいないです。便秘解消するには冷水よりも白湯を飲む方が圧倒的に効果的です。

 

 

特に冷え性の人にとっては冷たいものを飲んだり、食べたりするだけでも冷え性を悪化させてしまい、腸の運動を停滞させてしまいます。

 

 

そのため、便秘も冷え性も改善させることが難しいとされます。ですから水分を摂取するときは、ただの水ではなくて温かい水、白湯を飲むことを強くおすすめします。

 

 

具体的な白湯の効果と飲み方をお伝えします。

 

 

白湯の便秘への効果

 

 

①便をほぐしやすくする

 

 

あたたかい温度の方がものを融解しやすいのですが便も同じように温水の方が溶けやすく柔らかくなります。

 

 

便も体温と同じく36~37度とらいとされていますのでそれ以上の温度の白湯を飲むとカチカチ便も溶けていきます。

 

 

またそれと同様に腸にこびりついた宿便も腸を通るときに溶かして、一緒に直腸に運ぶことができます。冷水ですと、水に溶けないので宿便を落とすことができません。

 

 

②腸の運動を活発にさせる

 

 

寒いと手がかじかんで動かなくなるのと一緒で臓器も動きが鈍くなってしまいます。

 

 

内臓器官というのも温めた方が機能が向上し血行も促進されます。特に内臓の温度が1度上がることによって免役力は約30%向上して、さらに基礎代謝も約10~12%上がります。

 

 

白湯により腸を温めることによって老廃物を排出する機能が高まり、便を押し出すぜんぞう運動を促すことによって、便秘も解消することができます。

 

 

この2つの理由から水を飲むときは絶対に白湯の方が良いとされます。特に腸の動きが鈍くなっている弛緩性便秘、直腸内に固い便が溜まっている直腸性便秘には有効とされます。

 

 

白湯の便秘解消の効き目

 

 

白湯はどれくらいで便秘に効くのかというと

 

・特に白湯を飲みはじめてからは多くの方が3日以内に便秘を解消できています。

 

・また遅くとも、1週間以内には解消できています。

 

・1週間たっても効果がなければ白湯での解消は期待できないとされます。

 

 

便秘解消に白湯を飲むときの飲み方

 

 

作り方

 

 

白湯の作り方としてはやかんで沸騰する方法と電子レンジがあります。

 

①やかんで沸騰させる場合にはまず強火で沸騰させます。

 

 

②さらに沸騰してから弱火で10分間熱し続けます。

 

 

③10分経過したら完成で、飲めるほどの温度になるまで待ちましょう。

 

以上が本格的な白湯の作り方となるため時間に余裕があればこちらの方法を試してみてください。

 

 

①電子レンジの場合には耐熱ようのコップに水を入れます。

 

 

②そして500wの電子レンジで1分半ほど加熱していきます。

 

 

③加熱して飲めるほどになれば完成です。

 

時間がないかたはこちらの電子レンジでの方法を試してください。ただし効果はやかんで沸騰させる方が高いとされます。

 

 

温度

 

 

まず白湯の温度ですが、正式には50度となります。50度に設定して水を出すのもいいですが、水道水を沸騰させてから、飲めるまで冷まして飲むのがいいでしょう。

 

 

飲める熱さがだいたい50度となりますので、温度を細かく計らなくても大丈夫です。またお茶やココアなどを飲むときも50度ほどに温めた方が便秘解消には効果的となります。

 

 

実際の飲み方の手順

 

 

白湯で便秘を解消するために飲む場合にはいくつか注意点があります。

 

 

①基本的に朝起きてすぐ1杯飲む

 

 

水と同じで白湯も便秘解消のためには朝起きてすぐに飲みます。目覚めの一杯ともいいますが、朝起きてすぐ飲むのには2つの理由があります。

 

 

1つ目の理由というのは、腸というのは朝が最も活発に活動しますその朝に水、白湯を1杯飲むことによって、より活動的にさせる働きがあり排便を促してくれる可能性がぐんと上がります。

 

 

そしてもう一つの理由というのは、これは冷え性対策での理由です。腸は活発に動いている朝ですが、体温は35度~36.0度ともっとも低い時です。冷え性に悩んでいる方は布団から出れない経験をしたことがあるはずです。

 

 

そこで頑張って起きだして1杯の白湯を飲みましょう。すると体の内側から熱を感じられるため、体温をぐっと上がり、冷え性対策にもなります。

 

 

②1日800ml飲むようにする

 

 

そして便秘解消の目的で飲む場合には1日800ml飲むのが良いとされます。朝起きて200ml、各食事に400mlほど、そして就寝前に200mlというのが理想とされます。

 

ただし飲み過ぎると栄養素まで流してしまう可能性があるので800mlよりも飲むのは控えましょう。

 

 

③1週間は継続的に飲む

 

 

白湯での便秘解消は1週間は継続するようにしましょう。

 

 

下剤のような即効性はないので、効果がないからといってすぐに飲むのをやめないでください。

 

 

ということで便秘を解消する場合には、冷たい水だけでなくできるだけ白湯で飲むようにしてください!!

 

 

ココアも非常に便秘に効果的ですが、ココアも温かい状態で飲むことをおすすめします。
ということで白湯の便秘解消の効果と飲み方についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ