ピルクルと便秘

ピルクルの便秘への効果と飲み方について!

ピルクルの便秘への効果と飲み方について!

 

 

ピルクルは「ピルグリム・ファーザーズ・クルー」という船の名前の略称とされた使用した乳酸菌飲料なのです。

 

 

日清ヨークという会社から製造されていて500ml入りのピルクルがメジャーですね。値段は500ml入りで130円ほどで購入できてヤクルトよりも甘い感じですが、とてもおいしいです。

 

 

そしてこのピルクルを飲むことによって便秘に対して効果的に作用し、twitterでは一時期盛り上がったほどです。

 

 

しかしピルクルを飲むときには注意点があります。ここではピルクルの便秘への効果と飲み方についてお伝えします。

 

 

ピルクルの便秘への効果

 

 

ピルクルが便秘に対して効果的とされるのが大きく分けて2つあるとされます。

 

 

①カゼイ菌

 

 

ピルクルには特定保健機能食品のカゼイ菌 (NY1301株)という乳酸菌が含まれるからです。※ピルクル65mlあたり、150億個以上含まれております。

 

 

そしてこのピルクルのカゼイ菌は他の乳酸菌は胃酸や胆汁によって死滅してしまうのですが、耐性が強く死滅することはありません。

 

 

カゼイ菌が生きたまま腸内に運ばれることによってそのまま善玉菌として働いてくれることで整腸効果が促されます。腸内環境が整うと便をバナナのような大きく柔らかくすることができるので排便しやすくなります。

 

 

またピルクルのカゼイ菌が善玉菌として働く際には乳酸と酢酸という物質が分泌されます。これらが分泌されると腸壁を刺激して大腸の便を押し出すぜんどう運動を促します。

 

 

整腸効果を促すと、同時に排便作用を促すこともできるわけですね。※ピルクルやヤクルトなどの乳酸菌飲料を飲むとお腹がポコポコと鳴るのもこの乳酸と酢酸によるものです。

 

 

②ナトリウム

 

 

またピルクルにはナトリウムも豊富に含まれています。腸内に水分を集めることで便に柔らかくして、さらに腸管も滑りやすくさせる効果もあります。

 

 

以上のようにピルクルを飲むことによって便秘に対して効果的に作用します。特に腸の動きが鈍くなっている弛緩性便秘や直腸内で便が固くなっている直腸性便秘に効きます。

 

 

ピルクルの効き目について

 

 

ピルクルを飲んでどれくらいで便秘に対して効いてくるのかというと

 

 

・早い場合にはピルクルを飲んでカゼイ菌による乳酸と酢酸が4時間後には発生して大腸を刺激することで排便できます。

 

 

・また腸内環境が整うのはおよそ3日後とされます。それ以降は理想的な便を作り出すことができます。

 

 

以上のように、ピルクルで便秘に効いていきます。

 

 

ピルクルでの便秘解消のほとんどの方が3日以内には解消することができます。ただ1週間飲み続けても解消できなければ効果は期待できないとされます。

 

 

ピルクルによって便秘を解消する場合

 

 

ピルクルで便秘を解消する場合には飲み方には少し注意してほしいので、確認しましょう。

 

 

ピルクルの量

 

 

ピルクルはワンパック500mlリットルですが便秘を解消するために、全部飲む必要はありません。

 

 

というよりも飲んではいけません。一日にピルクルを飲む量としては65mlが最適とされています。

 

 

これは公式が発表している正式な量ですので必ず1日65mlを守って飲むようにしてください。65mlとかなり少ないのですが、これはピルクルは非常にカロリーが高いからです。

 

 

ピルクル500mlのカロリーは338kcalとなっており、およそハンバーガー1個分のカロリーに相当します。

 

 

そのため500ml飲むとカロリーや糖質が非常に高いため、糖尿病の恐れがあるのです。

 

 

ですからピルクルは毎日65mlずつ飲むようにして最低でも3日間は飲み続けるようにしてみてください。

 

 

飲み方

 

 

①1日65mlのピルクルを飲むのですが、飲むタイミングとしては食後にしましょう。食前に飲むと胃酸の影響を受けて、カゼイ菌が死滅して効果が落ちてしまうからです。

 

 

②特に朝の食後に飲むことによって、腸も活発に動きだします。またピルクルの糖によって脳が活性化されるので頭が働きます。

 

 

③そして最低1週間は試してみるようにしましょう。

 

 

④またピルクルだけに頼らず食事もしっかりとり、運動も行うようにしましょう。

 

 

ピルクルで便秘を解消する場合には以上のように飲んでいきます。

 

 

ピルクルとヤクルトはどっちがいい?

 

 

 

 

ピルクルとヤクルトどちらが便秘に効くのかという疑問を多くの方がもたれるようです。※もともとピルクルは「ヤクルトをたくさん飲みたい!」という声に応えたものなのです。

 

 

ピルクルはカゼイ菌ですが、ヤクルトはシロタ菌の乳酸菌です。正直どちらが便秘に効果的なのかは分かりません。

 

 

なぜなら人の腸によってどの乳酸菌が合うかはそれぞれだからです。ピルクルのカゼイ菌の方が効果がある人もいればヤクルトのシロタ菌の方が効果がある人もいるのです。

 

 

ですからまずは両方を1週間ずつ試してみるのがよいのではないかと思います。どちらもコンビニやスーパーで手軽な値段で購入可能ですので是非試してみる価値はありますね。

 

 

ということでピルクルと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ