飲むヨーグルトの便秘への効果!

飲むヨーグルトの便秘への効果と飲み方!おすすめは!?

飲むヨーグルトの便秘への効果とは!

 

 

ヨーグルトにはビフィズス菌が含まれているため整腸効果としては非常に高い効果をもたらしてくれる食品です。

 

 

そして実はヨーグルトよりも飲むヨーグルトの方が便秘に対しても効果が高いということが成分上明らかになっています。

 

 

ここでは飲むヨーグルトの便秘への効果と飲み方についてお伝えします。また便秘に効く市販の飲むヨーグルトのおすすめランキングも紹介したいと思います。

 

 

飲むヨーグルトの便秘への効果

 

 

ヨーグルトと飲むヨーグルトの中に含まれるビフィズス菌自体は同じです。その会社(例えば明治)のビフィズス菌の種類は飲むヨーグルトもヨーグルトも同じものが配合されています。

 

 

例えば明治のLG21乳酸菌は大腸内に運ばれることによって善玉菌のエサとなるため腸内環境を整えて、バナナのように柔らかい理想的な便を形成します。

 

 

また善玉菌が増えると酢酸と乳酸が発生して、腸を刺激するようになり自然な排便を促すことができます。※ヨーグルトや乳酸菌飲料を飲むことでお腹がポコポコするのもこの酢酸と乳酸によるものです。

 

 

基本的にヨーグルトも飲むヨーグルトも以上のように便秘を解消してくれます。ではなぜ飲むヨーグルトの方が便秘への効果が高いのでしょうか。

 

 

なぜなのかというと飲むヨーグルトにはプロバイオティクスやビタミンC、ミネラルなど様々な栄養素がプラスされています。(その分値段も高いです)

 

 

①プロバイオティクス

 

 

プロバイオティクスというのは善玉菌そのものをさしており、腸内に悪玉菌と一緒に生息しており、腸内環境を整える役割があります。

 

 

ヨーグルトのビフィズス菌は善玉菌のエサになり、善玉菌を増やしますが、プロバイオティクスは腸に届くとそのまま善玉菌として活動するのです。

 

 

そのためプロバイオティクスを含んだ飲むヨーグルトの方が少なくとも整腸作用の効果は高いと言えます。

 

 

ミネラル・ビタミンC

 

 

その他ミネラルは腸内の水分を集める働きを持っており腸内の便を柔らかくする働きを持っています。

 

 

またビタミンCは免疫力を高めることで老廃物の排出を促すことで、自然な腸の運動を引き起こすことができます。

 

 

以上のように普通のヨーグルトと比べ、プロバイオティクス、ミネラル、ビタミンが含まれることで飲むヨーグルトの方が高い効果が期待できます。また飲み物ですので、移動時にも飲むことができるのもおすすめです。

 

 

飲むヨーグルトの便秘への効き目

 

 

飲むヨーグルトを飲み始めて便秘にどれくらいで効くのかということについてですが、

 

 

・善玉菌が増えて、乳酸と酢酸による刺激作用で早いと4時間ほどで便秘を解消することができます。

 

 

・また腸内環境が完全に整うのはおよそ3~4日ほどとされます。それ以降は理想的な便が作られ、自然な排便作用が促されていくとされます。

 

 

ただしヨーグルトや飲むヨーグルトは乳酸菌が体に合わないと全く効果がないため要注意です。1週間チャレンジしても効果がなければ効き目はないとされます。

 

 

便秘解消の飲むヨーグルトの飲み方

 

 

おすすめ飲むヨーグルト

 

 

便秘解消に飲むヨーグルトを使用する場合には市販されている飲むヨーグルトで構いません。特におすすめの飲むヨーグルトを3つ紹介します。(効果重視)

 

 

3位 ビビダス飲むヨーグルト

 

 

会社:森永

 

乳酸菌:ビフィズス菌BB536

 

値段:210円(750ml)

 

 

あまりスーパーでは見かけませんがビフィズス菌BB536が腸内環境を整えます。デキストリンという食物繊維が配合されています。

 

2位 ブルガリア飲むヨーグルト

 

 

会社:明治

 

乳酸菌:LB81

 

値段:230円(900ml)

 

コストパフォーマンスが良く、さらにLB21は明治が昔からの乳酸菌を改良して作られたもので効果は高いです。

 

1位 LG21飲むヨーグルト

 

 

会社:明治

 

乳酸菌:LG21

 

値段:115円(112ml)

 

LG21は希少な乳酸菌で極めて高い整腸作用があります。多くの方が便秘解消に成功しましたが値段が高いとされます。

 

 

おすすめランキングでしたが、腸に合うか合わないかが大事なので、とりあえず順番に試すようにしましょう。ちなみに一番おいしいのはブルガリア飲むヨーグルトとされます。

 

 

飲み方

 

 

便秘を解消するために飲むヨーグルトの飲み方としては

 

 

①いつ飲むのが良いのかというと1日2回朝食後と就寝前に1杯(100ml)ずつ飲んでいきます。

 

 

②朝食後に飲むことによって目覚めの1杯として腸の運動を活発にさせることができます。

 

 

③そして就寝前位に飲むことで乳酸菌とカルシウムの吸収率を激増できます。

 

 

睡眠中にカルシウムと乳酸菌は活発になり、カルシウムは体の脂肪を排出させることができ、乳酸菌は腸に吸収され善玉菌を増やします。

 

 

④そして飲むヨーグルトを飲み始めたら1週間は継続して飲み続けて、効果がなければ他の飲むヨーグルトに替えましょう。

 

 

※乳酸菌には種類があり、その人に合ったものでなければほとんど効果がないとされるので色々なものを試す必要があります。

 

 

以上が飲むヨーグルトの便秘解消への飲み方です。普段の飲み物として飲む場合にはなるべく食後に飲む方が胃酸の影響を受けないので効果的です。

 

 

腸が正常に機能することで便秘の解消だけでなく免疫力をアップすることもできるので、風邪をひきにくくなったり胃痛の粘膜を強化するなど健康にもよい効果をもたらします。

 

 

ですので普段から飲むヨーグルトをメインに飲むことは非常におすすめですので是非試してみてください。
ということで飲むヨーグルトの便秘への効果と飲み方でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ