ホットヨーグルトと便秘

ホットヨーグルトの便秘への効果と作り方について!

ホットヨーグルトの便秘への効果と食べ方について!

 

 

ヨーグルトは便秘に効果的な食べ物として知られていますが
実はヨーグルトよりも温めたホットヨーグルトの方が便秘に対して効果的だとされます。

 

 

さらにホットヨーグルトはダイエットにもつかえるとして現在人気が高まっています。
ここではホットヨーグルトの便秘への効果と作り方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ホットヨーグルトの便秘への効果

 

 

ホットヨーグルトが便秘に効果的なのは3つの理由があります。

 

 

①ビフィズス菌が活発に

 

 

一つ目はヨーグルトが本来持つビフィズス菌による
整腸効果によって便秘に対して効果を発揮してくれます。

 

 

ただビフィズス菌は胃酸にやられてしまったり、腸との
相性が合致しないとなかなか効果が得られないことも挙げられます。

 

 

しかし温めてホットヨーグルトにすることでビフィズス菌も
より活発に強力になるため整腸効果を上げることができるのです。

 

 

②腸を冷やすことがない

 

 

そしてヨーグルトよりもホットヨーグルトが効果的なのは
温めたことによって腸を冷やさないことが挙げられます。

 

 

冷たいヨーグルトをそのまま食べると腸が冷えてしまい、せっかく
整腸効果を促しても腸の運動を鈍くさせてしまい排便に至らない場合があるのです。

 

 

これは飲み物にも言えることですのでできれば、冷たい状態で
飲むよりも温かい状態で飲むようにしてください。

 

 

③カルシウムと乳酸菌の吸収率が上がる

 

 

そして一番ホットヨーグルトのメリットしてはヨーグルトに含まれる
カルシウムと乳酸菌の吸収率を高めることです。

 

 

乳酸菌が吸収されることは整腸効果にも役立ちますが、
カルシウムが効率的に吸収されることで脂肪の排出を促す作用が働きます。

 

 

これがホットヨーグルトがダイエットとして取り入れられるようになった理由で、
さらに脂肪が落ちることで新陳代謝も活性し、腸の動きも活発になるのです。

 

 

以上のようにヨーグルトを食べるのであれば圧倒的に
ホットヨーグルトの方が効果が上がるので、温めて食べることをおすすめします。

 

 

ホットヨーグルトの作り方

 

 

ホットヨーグルトをつくる場合には普通の市販のヨーグルトで構いません。
明治のブルガリアヨーグルトがいいでしょう。

 

 

 

 

作り方の手順としては

 

①ヨーグルトを100gほどカップに入れます。

 

②電子レンジで600wで1分ほど加熱します。

 

③温まったらスプーンでかき混ぜて、砂糖やはちみつをお好みで加えれば完成です。

 

 

ホットヨーグルトの作り方は以上のようにとても簡単です。

 

 

ホットヨーグルトの便秘解消の食べ方

 

 

ホットヨーグルトを便秘の解消目的に食べる場合には
夜寝る前に食べることで非常に高い効果が得られます。

 

 

ホットヨーグルトのカルシウムが睡眠中に体内の脂肪と結びついて脂肪を排出させることができるからです。この作用は睡眠中でないと起きないため寝る前に食べるのが効果的です。

 

 

というようにホットヨーグルトは最低1日1回就寝前に食べましょう。

 

 

普通に食べても効果は得られますが食前に食べると
胃酸がビフィズス菌を殺菌してしまうため食後に食べるのがいいです。

 

 

1週間食べ続けることで便秘にもダイエットにもはっきりと効いて
いきますので是非試してみてください。

 

 

以上ホットヨーグルトの便秘への効果と作り方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ