オリゴ糖と便秘

オリゴ糖のおかげの便秘への効果と飲み方について!

オリゴ糖のおかげの便秘への効果と飲み方について!

 

 

オリゴ糖のおかげは塩水港精糖株式会社が製造しているオリゴ糖で
特定保健用食品に指定され、厚生労働省からも認可されています。

 

 

市販で売られているオリゴ糖の中でも最もメジャーなオリゴ糖と言えます。

 

 

 

 

見た目ははちみつと似て無色透明で、味はガムシロップとほとんど同じです。
甘さは砂糖の80%と明記されていますが、そのまま食べるとかなり甘いです。

 

 

そんなオリゴ糖のおかげですが、腸内環境を整えて便秘にも非常に効果があります。

 

 

ここではオリゴ糖のおかげの便秘への効果と副作用
そして使い方についてお伝えします。

 

 

オリゴ糖のおかげの便秘への効果

 

 

オリゴ糖のおかげは乳果オリゴ糖と呼ばれるオリゴ糖が30%含まれます。
この乳果オリゴ糖が特定保健用食品に認定されています。

 

 

この乳果オリゴ糖は腸内に運ばれるとビフィズス菌のエサになり、
ビフィズス菌を増やすことによって腸内環境を整える効果があります。

 

 

また通常の『オリゴツ糖のおかげ』よりも『オリゴ糖のおかげダブルサポート』の方が
乳果オリゴ糖が40%含まれ、さらにカルシウムが含まれます。

 

 

カルシウム

 

 

骨盤や背骨がゆがむと腸を圧迫する原因になるため
便秘を引き起こしてしまいやすくなります。

 

 

しかしカルシウムを摂取することによって、骨粗しょう症を防ぎ
骨の密度を高めることによって骨盤や背骨の歪みを抑える働きがあります。

 

 

そのためカルシウムを摂取することで便秘を予防することができます。
またカルシウムはオリゴ糖を守る働きもあるためしっかりと腸まで届きます。

 

 

相乗効果により便秘により期待できるので、できるだけ
オリゴ糖のおかげダブルサポートの方を食べるようにしましょう。

 

 

以上の2つの働きによってオリゴ糖のおかげは便秘に対して効いていきます。

 

 

効き目の時間について

 

 

オリゴ糖のおかげには便を押し出すぜんぞう運動を促す
効果はないため、即効性は期待できません。

 

 

乳果オリゴ糖が効いてきて腸内環境が整うのは2~3日かかります。
便がしっかりと形成され腸の運動も戻るのを加味すると4日ほどで排便に至ります。

 

 

その後は下剤と違い、自然な腸の動きによりしっかりと
便が出て便秘を根本的に解消することができます。

 

 

オリゴ糖のおかげの副作用について

 

 

オリゴ糖のおかげの副作用はほとんどありません。

 

 

ただ摂りすぎによりカロリーオーバーになる可能性があります。

 

 

オリゴ糖のおかげ:100gあたり230kcal

 

上白糖:100gあたり387kcal

 

 

となっておりますので、普通の砂糖のおよそ5分の3となり、
甘さ控え目だともしても結構なカロリーとなります。

 

 

ですのでオリゴ糖のおかげは食べ過ぎず、しっかりと用量を守って食べましょう。

 

 

オリゴ糖のおかげの便秘への摂り方

 

 

オリゴ糖のおかげを便秘を解消するためには

 

 

①1日あたりティースプーン2~3杯(8~12g)を目安に食べていきます。
1歳未満の場合には2分の1杯~1杯程度

 

 

②食べるときはそのままでも構いませんし、飲み物やパンにつけて食べても構いません。

 

 

③最低でも1週間は摂取するようにしてください。

 

 

以上がオリゴ糖のおかげの便秘の摂り方についてです。

 

 

市販のオリゴ糖の代表ですが、非常に効果が高くなっています。
子供や赤ちゃんの便秘にも用いることができます。

 

 

ただ値段の関係もあってかオリゴ糖の中では純度が30%と低いです。
もしより効果を求めるならビートオリゴ糖を使った純度99%のオリゴ糖を使用しましょう。

 

 

ということでオリゴ糖のおかげの便秘への効果と飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ