どくだみ茶と便秘

どくだみ茶の便秘への効果と副作用、飲み方について!

どくだみ茶の便秘への効果と副作用、飲み方について!

 

 

どくだみ茶は十薬と呼ばれるほど薬草として効果的でデットックス作用があることからダイエットや健康のために飲まれています。

 

 

そしてどくだみ茶は便秘に対しても効果的とされます。ただし飲み方には注意しないと下痢などを引き起こします。

 

 

ここではどくだみ茶の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

どくだみ茶の便秘への効果

 

 

どくだみ茶が便秘に効果的なのは大きく分けて3つあります。

 

 

①マグネシウム

 

 

まずどくだみ茶には豊富なマグネシウムが含まれます。このマグネシウムは便秘を解消する効果が高いです。

 

 

マグネシウムは腸内に水分を集める作用が働き、便を柔らかくして、腸管に水分が満ちることで滑りやすくなることで便秘を解消します。

 

 

また3aマグネシアなどもこれと同じ働きをして便秘を解消することができる下剤です。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

用法用量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

②カリウム

 

 

カリウムは神経細胞を刺激する働きがあるため、便を排出するぜんどう運動を活発にして排便作用を促します。

 

 

③イソクエルシトリン

 

 

そしてどくだみ茶にはイソクエルシトリンという特殊な成分が含まれています。このイソクエルシトリンという成分はデットクス効果が得られます。

 

 

イソクエルシトリンを摂取することで、血管の悪玉コレステロールや活性酸素を除去する作用があり、血液をサラサラにすることができます。

 

 

これによって体内の老廃物を排出する機能も向上して、腸の運動も活発になることによって便秘に効いていきます。

 

 

以上のようにどくだみ茶は便秘に効果的とされる理由です。

 

 

どくだみ茶の便秘の効き目

 

 

どくだみ茶は便秘に対してどれくらいで効くのかというとおよそ2~3日ほどで効いていきます。

 

 

またマグネシウムの吸収率が良い方は飲んでから24時間以内に効いてくるとされています。

 

 

どくだみ茶の副作用について

 

 

どくだみ茶を飲むと稀にですが副作用が起こることがあります。特に飲みすぎると下痢になる場合があります。

 

 

下痢になって便が出ると一緒に乳酸菌も排出されて腸内環境が乱れてしまうので注意しましょう。

 

 

どくだみ茶を飲む場合には適切な量を守って飲むようにしましょう。またカフェインなどは含まないので妊婦さんでも安心して飲めます。

 

 

どくだみ茶で便秘を解消するための飲み方

 

 

どくだみ茶で便秘を解消する場合の飲み方についてですがペットボトルタイプのどくだみ茶でも構いません。

 

 

①どくだみ茶は1日1杯~2杯(200ml~400ml)飲むようにします。

 

 

②一番おすすめは朝起きて5分以内に1杯飲むことです。これにより腸の運動をより活発にすることができます。

 

 

③最低でも1週間は継続するようにしてください。それでも出ない場合には使用を控えましょう。

 

以上がどくだみ茶の便秘への飲み方です。便秘が解消された後も飲み続けることができます。

 

 

どくだみ茶は便秘以外にも、冷え性、むくみ、高血圧予防、ダイエット効果など様々な効果があるので試してみる価値は大いにあります。

 

 

ということでどくだみ茶と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ