ビフィックス1000と便秘

ビフィックス1000の便秘への効果について!

ビフィックス1000の便秘への効果について!

 

 

ビフィックス1000はグリコが販売している乳酸菌飲料でドラッグストアやスーパーでも売られており、値段は1本120円ほどです。

 

 

ビフィックス1000の味はリンゴ風味でかなり酸味がありますが、すっきりとして飲みやすくなっていますね。※人によっては酸っぱいと感じる場合がありますが私は好きです。

 

 

そしてこのビフィックス1000は便秘に対しても効果があるとされます。ここではビフィックス1000の便秘への効果と副作用、飲み方についてお伝えします。

 

 

ビフィックス1000の便秘への効果について

 

 

ビフィックス1000にはビフィズス菌の一種であるBifix(ビフィックス)が配合されています。このビフィックスはグリコ独自のビフィズス菌となっています。

 

 

このビフィズス菌であるビフィックスを摂取することによって2つの作用が得られるとされます。

 

 

①整腸作用

 

 

このビフィックスを体に摂取すると大腸に運ばれるとそのまま善玉菌となります。腸内で善玉菌が増えると悪玉菌よりも優位になり腸内環境が改善されていきます。

 

 

すると善玉菌が腸内に溜まった便やこれから作られる便を柔らかく、黄色くすることができます。これによって溜まった便を排出することができます。

 

 

②腸の運動の活性化

 

 

ビフィックスが大腸に運ばれて善玉菌となる際に乳酸と酢酸を分泌させることができます。

 

 

この乳酸と酢酸が分泌されると大腸の腸壁と刺激していきます。ビフィックス1000を飲んだ後はお腹がポコポコとしますが、それは乳酸と酢酸が腸を刺激している証拠です。

 

 

下剤のように激しく腸を刺激するわけではないので、緩やかに腸を刺激して便を押し出す蠕動運動を促して、便秘を解消します。

 

 

以上のようにビフィックス1000は便秘に対して効果があるとされます。特に腸の動きが鈍くなっている弛緩性便秘と直腸に溜まった直腸性便秘を解消することができます。

 

 

ビフィックス1000の便秘への効き目

 

 

ビフィックス1000は便秘に対してどれくらいで効くのかというと

 

 

・飲んで2~3時間後には乳酸と酢酸が発生して、このタイミングで腸が活発になる場合があります。

 

・基本的に3日間飲み続ければ、腸内環境が整うとされます。

 

・ただし1週間飲み続けても効果がなければ便秘解消の期待はできないでしょう。

 

以上のようにビフィックス1000は便秘に対して効いていきます。ちなみにこのビフィックスはビフィックスヨーグルトにも配合されています。

 

 

配合量ではビフィックス1000の方が多いので便秘への効き目としてはビフィックス1000の方が高いと言えますね。もちろんビフィックスヨーグルトで便秘を解消しても良いです!

 

 

ただしビフィズス菌は腸に合う合わないがありますので、もしビフィックスが合わなければ便秘に対しては全く効かないと言えるでしょう。

 

 

ビフィックス1000は副作用について

 

 

ビフィックス1000には基本的にビフィズス菌しか含まれていないので、副作用が起こることはまずないでしょう。

 

 

ただし本当に稀ですが、服用後にお腹の張り、軽い腹痛、軟便、下痢などが起こりえます。また腸に合わないと皮膚のかゆみ、発疹なども生じる場合があります。

 

 

副作用の報告例はほとんどなく、ビフィックス1000は問題なく飲めるので安心してください。

 

 

ビフィックス1000の便秘への飲み方について

 

 

ビフィックス1000で便秘を解消する場合の飲み方についてですが、

 

 

①基本的にビフィックス1000は1日1本飲むようにしていきます。また1日3本までなら飲んでも大丈夫です。

 

 

②そして飲むタイミングなのですが、できれば食後に飲むようにしましょう。※食後に飲むと、胃酸の影響を受けないためビフィックスがしっかりと大腸に届いていきます。

 

 

③またビフィックス1000だけに頼らず、しっかりと3食食べて、運動していきましょう。

 

 

④1週間ビフィックス1000を飲んでいき、それでも何も効果がなければ便秘解消のために飲むのは控えましょう。

 

以上のようにビフィックス1000は便秘に対して効いていきます。便秘が解消された後もビフィックス1000を飲み続けて予防するのが良いでしょう。

 

 

ということでビフィックス1000にはオリジナルのビフィズス菌をが配合されているので試してみる価値はありますね!

 

 

普通のビフィズス菌を摂取するなら整腸剤

 

 

普通のビフィズス菌を摂取したい場合には市販の整腸剤であるビオフェルミンで十分とされます。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

ビオフェルミンであればビフィズス菌だけでなく、フェカリス菌、アシドフィルス菌も含まれているので様々な乳酸菌を得ることができます。

 

 

ビフィックス1000は独自のビフィズス菌を摂取できますが、特に普通のビフィズス菌でいいのでればビオフェルミンでも良いと思います。

 

 

ということでビフィックスの便秘への効果と副作用、飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ