牛乳を飲んで便秘解消

【牛乳が便秘の特効薬!?】朝に一杯の牛乳で便秘解消!

【牛乳が便秘の特効薬!?】朝に一杯の牛乳で便秘解消!

 

 

牛乳を飲むことでお腹がゆるくなってトイレに行きたくなることはありませんか?
実は牛乳を飲むと排便作用が働くからなのです。そのため牛乳は便秘に対して効果的だと言えます。

 

 

特に慢性的な便秘を解消することもできますが、下痢になることもあるので飲み方には少し注意点があります。

 

 

ここでは牛乳が便秘解消に効果がある理由やおすすめの飲み方を紹介したいと思います。

 

 

牛乳が便秘解消に効果がある理由

 

 

牛乳が便秘に効果的なのは大きく分け2つあるとされています。

 

 

①オリゴ糖と乳糖

 

 

牛乳をには整腸作用のあるオリゴ糖や乳糖が豊富に含まれています。このオリゴ糖や乳糖が摂取されると大腸内で善玉菌のエサとなります。すると大腸内の善玉菌を増やすことにつながり腸内環境を整えていきます。

 

 

善玉菌を便の形成の際に、便を柔らかくしっかりとした便を作り出す効果があるとされています。またオリゴ糖と乳糖は母乳にもオリゴ糖と乳糖が含まれているため赤ちゃんの整腸効果を促していきます。

 

 

また善玉菌が増える過程で、乳酸や酢酸が増える働きが促されていきます。そしてこの乳酸と酢酸は大腸を刺激する働きを促していきます。牛乳を飲むとお腹がポコポコとしますが、それはこ乳酸と酢酸が発生しているからなんですね。

 

 

牛乳を飲むことで大腸を刺激する働きを促して、便を押し出すという『ぜんぞう運動』が活発になり排便が促進されるというわけです。牛乳を飲むことでトイレに行きたくなるのはこのような理由があるからなんですね。

 

 

オリゴ糖は乳酸菌と違って胃酸によって死滅することはないので、乳酸菌に代わって病院でも勧められています。

 

 

②マグネシウム

 

 

牛乳には200mlあたりに25mgのマグネシウムが配合されています。マグネシウムはマグミットや3aマグネシアなどの便秘薬などにも配合されています。

 

 

マグネシウムが大腸に運ばれることによって大腸内に水分を集める働きをします。そのため固くなってしまった便を柔らかくすることで排便しやすくすることができます。

 

 

ただし飲みすぎると水分をたくさん集めて軟便や下痢を引き起こしてしまいます。牛乳を飲むと下痢になるのはこのマグネシウムによるものなのです。

 

 

以上のように牛乳を飲むと、便秘に対して高い効果が得られます。特に腸内環境が乱れている方、そして直腸内に便が溜まっている直腸性便秘にはよく効きます。

 

 

牛乳の便秘への効き目

 

 

牛乳を飲むことによってどれくらいで便秘に効くのかというと

 

 

・善玉菌は牛乳を飲んでから2時間後には増えていきます。そのため早いと2時間後には酢酸と乳酸が大腸を刺激して便意を感じることができます。

 

 

・また腸内環境が整うのは最低でも3日間はかかります。

 

 

・マグネシウムによって便意が起きるのは飲んでから8~12時間後とされます。

 

 

マグネシウムとオリゴ糖による効き目の時間差があります。そのため両方効けば複数回排便が促されていきます。

 

 

 

牛乳での便秘解消の注意

 

 

乳糖不耐症

 

 

便秘解消に効果があるとしても牛乳を少し飲んだだけで下痢になる方は牛乳を便秘解消目的で飲むことはお勧めしません。下痢になってしまうというのは「乳糖不耐症」といって、乳糖を消化するための酵素が足りないためなのです。

 

 

下痢になって便が出たとしても便が下痢になって出てくると、実は腸内には便が溜まり、
さらに腸内細菌も一緒に排出されてしまうため、便秘の解消にはつながりません。

 

 

ですから下痢になってしまう方は無理に牛乳を飲まないようにしてください。

 

 

カルシウムの過剰摂取

 

 

またカルシウムを過剰摂取してしまうと高カルシウム血症という症状に陥り、皮膚のかゆみ、吐き気に襲われてしまいます。

 

 

1日の上限は2300mgですのでこれを越えないようにしてください。

 

 

牛乳は100mlに110mgのカルシウムが含まれているので、2リットル以上飲まなければ高カルシウム血症にはなりませんのでほとんど心配はいらないでしょう。

 

 

次は牛乳の便秘に効果的な飲み方を紹介します。
また乳糖不耐症の方でも下痢になりにくい牛乳の飲み方を紹介します。

 

 

便秘を解消する牛乳の飲み方!

 

 

牛乳で便秘を解消する場合の飲み方についてですが

 

①1日2~3杯の牛乳を飲んでいきます。4杯以上飲むことによって、下痢とはいかないまでも軟便になる可能性があるので注意してください。

 

また1日のカルシウムは最低600mg必要とされるのですが、1日3杯(600ml)飲めば660mgのカルシウムが摂取できのでおすすめです。

 

 

②そして飲むタイミングですが起きたらすぐにコップ一杯の牛乳を飲むことです。朝は頭は働いていませんが、腸は最も働いており牛乳を飲むことで腸をさらに刺激する効果があるので、余計に腸を活発にさせます。

 

 

③便秘解消には最低でも1週間は飲み続けるようにしましょう。それでも効果がなければ控えるようにしましょう。

 

 

④もし牛乳でお腹を壊しやすい人は温かい牛乳を飲むことで下痢にならずに便秘解消として牛乳を活用できます。

 

 

以上が牛乳での便秘の解消方法です。朝起きて1杯(200ml)そして昼と夜にそれぞれ1杯ずつ飲んでカルシウムも補うようにするのがおすすめです。

 

 

また牛乳よりも便秘解消に効果があるのはココアが挙げられます。

 

 

 

ココアにはリグニンという善玉菌が含まれており、高い整腸効果が期待できるとされています。また水溶性食物繊維も配合している便を柔らかくすることができます。牛乳との相乗効果も期待できるため、ココアで飲む方が効果があるので、余裕がある方はココアを飲みましょう。

 

 

ということで牛乳の便秘への効果と飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ