にがりと便秘

にがりの便秘解消の効果と飲み方について!

【実は危険!?】にがりは便秘解消に効果があるって本当!?

 

にがりダイエットとして最近はにがり水として市販されているにがりですが、にがりが便秘解消にも効果があるのは本当なのでしょうか?

 

 

実はにがりは便秘に効きますが、飲み方を間違えると危険です。

 

 

ここではにがりが便秘解消効果がある理由と飲み方について紹介したいと思います。

 

 

にがりが便秘解消に効果のある理由

 

 

にがりは豆腐の凝固剤として知られていますが、にがりが便秘に効果があるのは塩化マグネシウムという成分が入っているからなんですね。

 

 

塩化マグネシウムが摂取されると腸内で塩分濃度を下げようとして水分が取り込まれるため便がやわらかくなります。また便が腸管を通ることで大腸が自然に刺激されて便秘が解消されていきます。

 

 

特に腸管に水分が浸透することによって、腸管にこびりついた宿便を落とすこともできるとされます。

 

 

以上のようににがりは便秘に対して効果があるとされています。特に直腸内に固まった便が溜まる直腸性便秘に対して効果的となります。

 

 

逆に便秘と下痢を繰り返してしまう痙攣性便秘には逆効果になる場合があります。

 

 

またにがりに含まれる塩化マグネシウムと類似した塩化マグネシウムは下剤などにも使用されています。病院で処方される便秘薬にはマグミット錠が挙げられ、市販で処方される便秘薬にはスイマグエースがあげられます。

 

 

・マグラックス

 

 

製薬会社:健栄製薬株式会社

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:1錠あたり5.6円

 

用法用量:食前か食後に1日3回1回あたり1錠服用

 

 

酸化マグネシウムは塩化マグネシウムの一種で腸内に水分を集めて柔らかくすることで便秘を解消します。

 

 

特に安全性が高く妊婦さんの便秘にもよく処方されます。そのため妊婦さんでもにがりで便秘を解消することができます。

 

 

 

会社:三保製薬研究所

 

成分:水酸化マグネシウム

 

値段:360ml980円

 

用法用量:1日1回就寝前にキャップ1~2杯を飲み物に混ぜて服用

 

スイマグエースはそのままにがりが配合されている便秘薬です。液体タイプなのですが、そのまま服用するとにがりの味がします。

 

 

マグネシウム系の便秘薬の中で最も水分を集めることができる便秘薬で、効能の欄に『宿便』と唯一明記されています。

 

 

このようににがりに含まれるマグネシウムを使った下剤もあるほどなので便秘には非常に効果が持てることが分かります。

 

 

しかしこのにがりを摂取する際に気をつけなくてはならないことがあります。

 

 

にがりを摂取する際の注意点

 

 

①塩分濃度の上昇

 

 

にがりは先ほども述べたように塩化マグネシウムが腸内で働いて便秘を解消します。

 

 

しかし塩分を多く含んでいるため、腎臓疾患や心臓疾患がある人、高血圧の方にはお勧めできません。にがりを飲むことによって塩分濃度を上げてしまうのです。

 

 

ですからにがりを多く摂りすぎることによって下痢の原因になってしまいます。さらに内臓への負担も増すので、上記の疾患につながる可能性もあります。

 

 

②下痢と腹痛が起こる作用

 

 

にがりに含まれる塩化マグネシウムは下剤にも含まれるため、摂りすぎは要注意です。

 

 

過剰に摂取してしまうと軟便、腹痛、下痢を引き起こしてしまいます。

 

 

③根本的な解消にはならない

 

 

また腸内環境を整えるためではなく、排便を促す効果なのでにがりを飲むときは溜まった便をとりあえず出したい時にしてください。

 

 

にがりを飲み続けることで腸の自然な運動を鈍くさせてしまう副作用があるので、長期的に便秘を解消することはできません。

 

 

にがりで便秘を解消する方法

 

 

ではにがりを飲むことで便秘を解消するための方法についてお伝えします。

 

 

①便秘解消に使用するにがりはスーパーで300円ほどで市販されているもので構いません。

 

※無印のにがりなどがとても人気でおすすめです。

 

 

②服用する場合には1日1回就寝前に飲むようにしていきます。

 

 

③1回にスポイトで5滴程度のにがりをコップ1杯の水にまぜて飲んでいきます。味が苦い場合には味の濃い飲み物などに混ぜるようにしましょう。※また調味料として使うようにしても構いません。

 

 

④また効果を早く感じたいために大量に入れる方がおられるのですが最大でも1日に15滴を超えないようにしてください。

 

 

※にがりの塩化成分が水分を集めすぎて下痢を引き起こす可能性があります。

 

 

⑤効果としては1~2日で、早い人です8~10時間で便意を感じるかもしれません。便秘が解消されたらにがりの服用を控えましょう。

 

 

⑥しかし長期的ににがりを飲むと自然な腸の運動を阻害するので、2週間使用しても効果がない場合には飲むのを控えてください。

 

 

これがにがりで便秘を解消するための飲み方です。副作用もあるのでしっかりと守るようにしましょう。

 

 

根本的な便秘を解消であれば、やはり乳酸菌やオリゴ糖などで腸内環境を整えることですから、にがりはどうしてもの時に飲むようにしてください。

 

 

ただし下剤にも含まれる成分ですので、他の飲み物や食べ物よりも圧倒的に効果的とされます。

 

 

ということでにがりの便秘解消の効果と飲み方でした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ