便秘と水

便秘に効く正しい水の飲み方!

便秘に効く正しい水の飲み方!

 

 

便秘解消には水分補給は欠かせないものです。

 

 

特に水分不足になると腸の自然な運動が鈍る弛緩性便秘や便が固くなって直腸に溜まる直腸性便秘を引き起こします。特に便が固い人や便がコロコロしている方は確実に水分不足を起こしているのでしっかりと水分補給をする必要があります。

 

 

そのため便秘にはまずは水分を補給することが大切とされます。水分不足が便秘の場合には正しく水分を摂取することで2~4日で便秘を解消できるとされます。

 

 

ここではテレビでも紹介された便秘解消に何倍も効果を引き出す水の飲み方や水分補給の方法を紹介します。

 

 

便秘の水の飲み方について

 

 

水分補給により便がやわらかくなるので、便秘解消にはとても重要です。水分の摂り方には5つのポイントがありますので確認してみてください。

 

 

①1日にどれくらいの水の量を飲めばいいの?

 

 

まず一つ目ですが水分の摂取量についてです。

 

 

水の量は少なすぎても効果が薄いですし、逆に多すぎると下痢になるので注意が必要です。

 

 

では1日にどれくらいの水分を摂取するのが適切かというと1日に1.5リットルから2リットルがベストとされます。※3リットルは

 

 

1日に1.5リットルから2リットルというのは正直多いなと感じた方が多いと思いますが、これは食べ物や味噌汁なども含んだ量とされます。

 

 

実際に飲み物として水分を摂取する場合の量は1リットルほどとされます。

 

 

 

②こまめな水分補給が大事!

 

 

1日に1.5から2リットルの水分を補給することがベストですが一度にこの量の水分を飲んではいけません!

 

 

一度に大量の水分を摂取すると下痢などを引き起こすので、水やジュースを飲んだりする際は、時間をあけて小まめに水分補給をすることが大事です。

 

 

③朝起きて1コップ杯の水が超効く!

 

 

3つ目のポイントですが、ここが一番重要です。
便秘の人が水分を摂取する場合には起きてコップ1杯の水分を摂取してほしいのです。

 

 

やり方についてですが

 

 

①便秘の方は朝起きて5分以内にコップ一杯の水飲むようにしてみてください。

 

 

※朝というのは腸が活発に働いているので、水を飲むことでさらに活発になりますし
寝ている間に硬くなった便をやわらかする働きがあるからです。

 

 

②できれば冷たい水で飲む方が刺激が増して、便秘解消に効果があります。

 

 

③そして飲むときは一気に水を飲みます。これがかなり効きます。

 

 

朝しっかりと水分を摂取しているのに効果がない方はちびちび飲んではいないでしょうか?これからは一気に飲むようにしてみてください。

 

 

朝起きてこの手順は必ず押さえるようにしましょう!

 

 

④冷たい水を飲むよりも温かい水で飲む

 

 

そして便秘を解消の目的で水分を摂取するのであれば冷たい水よりも温かい水で飲む方が良いとされます。温かい状態で飲むとメリットが2つあります。

 

 

1つ目は温かい状態で飲むことによって腸内の固くなった便をほぐすことができます。特に腸壁にこびりついた宿便も取り除くことができます。

 

 

2つ目は温かい水を飲むことで内臓も温めることができます。寒いと体が動かなくなるように大腸や小腸が冷えていると排便運動が低下してしまいます。

 

また大腸や小腸だけでなく内臓の温度が1度上がることによって免役力は約30%向上して、そして基礎代謝も約10~12%上がるため、新陳代謝や老廃物の排出機能も向上させることができます。

 

 

ですので特に寒い日は余裕があれば温かい状態で水分補給をしましょう。また便秘には50度の温度で水を飲むのが一番効果的とされます。

 

 

500wの電子レンジで1分半ほどで温めること50度の温度になるので飲んでみてください。

 

 

⑤水分摂取で一番のおすすめの飲み物は

 

 

水がそんなに多く飲めないという方は、ジュースや牛乳でも結構です。
しかし最も便秘解消目的で水分を補給するとするならばココアが挙げられます。

 

 

 

 

ココアはマジで便秘に効きます。なぜ便秘に効くのかということですが理由は2つあります。

 

 

まずココアにはリグニンという整腸作用のある成分を含んでいます。このリグニンは腸内の善玉菌を増やす働きがあり腸内環境を整えます。

 

 

さらに微量のカフェインを含んでいることから腸の動きを活発にして、便を押し出すぜんどう運動を促して便秘に即効で効いていきます。※コーヒーはカフェインが強すぎますし、タンニンという腸内環境や胃を荒らしてしまう成分が含まれるためおすすめできません。

 

 

ただ糖分やカロリーが高いので1日にコップ2杯までにしましょう。

 

 

できれば朝起きて5分以内に飲むのをココアにすることをおすすめします。その他の水分補給は水道水でもジュースでも皆さんの好きな飲み物を飲んで問題ありません。

 

 

以上、水分摂取をする上では以上の5つを守って行うようにしていきましょう。最低でも1週間しっかりと行うことで便秘への変化が感じられます。

 

 

水分を補給することはとても簡単にできることで、且つ便秘解消に非常に効果的ですので、毎日欠かすことなく行ってください。

 

 

ということで便秘に効く正しい水の飲み方でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ