豆乳で便秘を解消!

豆乳は便秘解消に効果的!正しい飲み方!

豆乳は便秘解消に効果的!正しい飲み方!

 

 

便秘に効く飲み物としては牛乳が挙げられますが、豆乳も便秘解消の効果が極めて高いのです。特に生理前の便秘や妊婦さんの便秘に一番効果を発揮します。

 

 

ここではなぜ豆乳が便秘に対して効果的なのか紹介したいと思います。

 

 

豆乳が便秘に効果

 

 

豆乳が便秘に効果的な理由としては大きく分けて4つあるとされています。

 

 

①食物繊維

 

 

豆乳の原料は大豆ですから食物繊維が豊富に含まれています。
およそ100mlの豆乳に0.2g含まれているとされます。

 

 

これは食物繊維が豊富とされるゴボウよりも2倍の食物繊維が含まれているので、非常に多く含まれていると言えますね。

 

 

また豆乳に含まれている食物繊維は水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は便を柔らかくしたり滑らかにする働きを持っております。

 

 

②大豆イソフラボン

 

 

豆乳は大豆イソフラボンを100mlで41mg含まれています。納豆1パックが35mgなので、豆乳を1本飲んだ方が大豆イソフラボンを摂取することができます。

 

 

そして大豆イソフラボンは女性の便秘解消に効果的です。

 

 

生理前や妊婦さんは黄体ホルモンが多く分泌されています。この黄体ホルモンは子宮の収縮を抑えるために分泌されるのですが実はそれと一緒に腸の運動も抑えてしまうのです。

 

 

そのため生理前や妊婦さんは便秘になってしまいやすいとされています。ですが大豆イソフラボンを摂取することで、卵胞ホルモンを分泌することができて、黄体ホルモンとバランスがとれ、腸の運動も活発になります。

 

 

その他にも大豆イソフラボンは肌荒れ、生理前の症状、妊娠中の症状も改善することができるため女性にはおすすめとされます。

 

 

③マグネシウム

 

 

豆乳に含まれるマグネシウムは100mlで25mgも含まれています。1日に必要なマグネシウムは300mlですので、約10分の1を補うことができます。

 

 

このマグネシウムは大腸内の水分を集める役割があり、便をやわらかくしてくれます。特に病院で処方されるマグミット錠や市販の便秘薬3aマグネシアにもこのマグネシウムが使われています。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

用法用量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

 

④ラフィノース

 

 

そして豆乳にはラフィノースと大豆オリゴ糖という天然オリゴ糖が2つ含まれています。

 

 

これらのオリゴ糖は大腸まで運ばれることで善玉菌のエサとなって、善玉菌を増やす働きを持っています。これにより腸内環境を整えることができます。オリゴ糖は乳酸菌のように胃酸の影響を受けることもないので注目が集まっています。

 

 

また善玉菌が増えると同時に大腸内で酢酸と乳酸が発生します。これらが大腸の腸壁を刺激して便意も引き起こしていきます。

 

 

以上のように豆乳は様々な便秘に効く栄養を配合しているため便秘に効いていきます。

 

 

豆乳の効き目

 

 

豆乳を飲むことでどれくらいで便秘に効くのかというと

 

 

およそ7時間後にオリゴ糖が大腸に運ばれ善玉菌が増えます。そしてそのタイミングで酢酸と乳酸の働きによって腸の運動が動きだして排便できることがあります。

 

 

また3日間飲み続けると腸内環境が整い、食物繊維とマグネシウムの働きによって自然な排便が促されます。

 

 

ただし1週間飲み続けても効果がない場合には豆乳での便秘解消は諦めましょう。ただし最短で7時間で便秘に効いていくため、即効性も期待できます。

 

 

豆乳での便秘解消の方法

 

 

使用する豆乳

 

 

豆乳には大きく分けて3種類あるとされています。

 

 

・成分無調整豆乳

 

・調整豆乳

 

・豆乳飲料

 

 

便秘にもっとも効果があるとされているのは成分無調整豆乳です。成分無調整は豆乳と水しか使われておらず、無駄な添加物は使用されていないため、効果が高いとされます。

 

 

しかし豆乳の独特の香りと味がするため苦手な人はスーパーで売られている調整豆乳で構いません。

 

 

 

 

もしくは成分無調整豆乳にココア粉末を混ぜるのもよいでしょう。※ココアも食物繊維やリグニンという整腸作用を含んでるためおすすめです。ただし豆乳飲料は砂糖が使われてたり、添加物も多いためあまりおすすめできません。

 

 

豆乳の飲み方

 

 

豆乳で便秘を解消するための飲み方ですが

 

 

①そして1日最低でも200mlを目安に飲むようにしましょう。
200mlを摂取することで大豆イソフラボンの摂取量を超えることができます。

 

 

②飲むタイミングとしては朝起きてすぐが一番良いです。朝に腸が最も活動する時期であり、豆乳を飲むことで直腸を動かし、排便作用を高めることができます。

 

 

③便秘を解消できても飲み続けても構いません。しかし1週間何も効果が感じられない場合には豆乳での解消は中断しましょう。

 

以上が豆乳での便秘解消の飲み方です。

 

 

豆乳は便秘解消だけでなく肌荒れや女性の悩みも解決してくれる飲み物ですので、特に女性におすすめですので是非試してみてください。豆乳の臭いや味が苦手な人もいるかと思いますが効果が感じられるのは無調整豆乳にチャレンジしてみてほしいです。

 

 

ということで豆乳の便秘解消の効果と飲み方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ