飲み物で便秘解消

ココアで便秘を解消できる!ココアの効果と飲む際の注意点!

ココアの便秘への効果と飲み方について!

 

 

 

寒い日に飲むと体が温まるココアですが、実はこのココアが便秘解消にとても効果的だということをご存知でしょうか。

 

 

実は医学的にもココアの便秘解消の有効性は認められています。便秘で入院した際には朝食にココアが出されることが多いほどです。特に便秘薬が使えない方や妊娠中の便秘に対してココアは勧められています。

 

 

ここではココアが便秘解消に効果がある理由やココアで便秘を解消する場合の飲み方についてお伝えしたいと思います。

 

 

ココアの便秘への効果

 

 

①ココアのリグニン

 

 

ココアにはリグニンと呼ばれる栄養素を含んでいます。
このリグニンは腸内で善玉菌を増やす働きを持っています。

 

 

善玉菌は腸内環境を整える効果があり、直接便秘を解消してくれます。そのためリグニンは実質便秘解消に効果があるのです。

 

 

また善玉菌が増えることで酢酸と乳酸が作り出されます。するとこれらが大腸の腸壁を刺激することで自然な便意を促すことができます。

 

 

また、ココアのリグニンは便臭、腸内のガスの臭いを抑える働きもあります。

 

 

便秘の時に発生される悪臭のガスはインドール、スカトールという成分によるものなのですが、リグニンは吸収してメタン、二酸化炭素などの臭いのしないものに変えてくれる特性もあるのです。

 

 

これは山川病院での研究(2002年7月)により判明したことですが、
40人の患者さんにココアを1日2回飲ませてあげると、10日後に便臭が改善されたということです。

 

 

②水溶性食物繊維

 

 

意外なことかもしれませんがココアには豊富な食物繊維が含まれています。※ココアには100mlあたりに6gも水溶性食物繊維が含まれています。

 

 

1日に必要な食物繊維というのが17gとされており、日本人の1日平均摂取量が13.9gと不足しています。しかしココアを1杯飲むだけで水溶性食物繊維には不足分の食物繊維をカバーできてしまいます。これは本当にすごいことなんですね。

 

 

そして水溶性食物繊維は便を柔らかくして、さらに大きくさせる働きを持っています。便じたいも滑らかになるため腸管をスムーズに通り排便を促すことができてしまいます。

 

 

以上のようにココアを飲むことによって便秘を解消することができます。特に腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘、そして直腸内で便が固くなってしまった直腸性便秘に対して効いていきます。

 

 

ココアの効き目について

 

 

基本的にココアを飲んでからどれくらいで効くのかというと、

 

 

・便秘に対してですが飲んでから2時間ほどで善玉菌が増えだして、早いとその時点でポコポコと腸が鳴り出して、腸が動き出して便意を感じることができます。

 

 

・通常は3日間飲み続けることによって便意を感じられていきます。

 

 

・また便臭が改善するのはおよそ3~5日前後とされております。
これ以降は腸内環境が整って自然な腸の運動を取り戻すことができます。

 

 

便秘に効くココアの飲み方

 

 

便秘に使用するココア

 

 

ココアを飲んで便秘を解消したい場合にはスーパーで売られている粉末タイプのココアを選ぶようにしましょう。

 

 

また市販されているココア(特に缶)などはココア本来の苦味を消すために調味料やナッツがたくさん用いられています。こうしたナッツや糖類によりカロリーや脂質が非常に高い場合がありますので飲みすぎると血糖値が高くなったり、太ったりする原因になってしまいます。

 

 

ココアで便秘を解消する場合の飲む場合ですが

 

 

①1日にココアを飲む場合には1~2杯を目安にしましょう。※1杯200mlとしてココアは大さじ1杯です。

 

 

②ココアの効果を飲む場合にその効果を引き出すタイミングがあります。ココアを飲む時間帯としては、朝食前の空腹時と夕食後の満腹時がオススメです。

 

 

③朝食前の空腹時にココアを飲むことによって、腸を刺激するので排便を促す効果があるからです。

 

 

④それに対して夕食後の満腹時にココを飲むことで体脂肪を蓄積させにくくさせる効果があります。ですからココアを飲む場合にはできれば朝食前と夕食後に飲むようにしましょう。

 

 

⑤飲む場合には砂糖を加えずにできれば豆乳か牛乳と混ぜて飲むようにしましょう。

 

 

※豆乳と牛乳にはオリゴ糖が含まれていますので、ココア+豆乳でさらに便秘解消
を効果の期待が持てますので、できれば豆乳と一緒に飲んでみてください。

 

 

⑥また飲み物での便秘解消は温度が温かいほど効果が高いので冷たい状態より、温かくして飲むようにしましょう。

 

 

⑦また効果を検証するためには最低10日は様子を見て飲み続けるようにしましょう。
それでも効果がなければココアは控えるようにしましょう。

 

 

以上がココアでの便秘を解消するための飲み方です。

 

 

ココアはついつい飲みすぎてしまいがなのですが、高カロリーな飲み物ですのでくれぐれも飲みすぎには注意してくださいね。

 

 

もし現在便秘だという人はココアでおいしく楽しく便秘を解消してみてください。またビタミン、ミネラル、ポリフェノールとその他の栄養も満点で美肌効果もあるため女性にはおすすめです。

 

 

ということで、ココアの便秘解消の効果と飲み方でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ