便秘で苦しい

便秘で苦しいときに効く対処法!

便秘で苦しいときに効く対処法!

 

 

便秘で腸内に便が溜まると、便から腐敗ガス(スカトール)が放出され、お腹が張ってしまったり吐き気がするなど苦しい症状に襲われてしまいます。

 

 

かなり重症な便秘ですと腸が膨れ上がり、少し動いただけでもキリキチ、したり本当に腸がミチミチと嫌な音を立てるのがわかります。

 

 

そしてトイレで踏ん張ってもお腹が痛く、全然便が出ないか、出たとしてもコロコロした小さな便だけ、という方も多いのではないでしょうか?

 

 

ここでは便秘で苦しいときに効果的な対策法についてお伝えしたいと思います。

 

 

便秘で苦しいときの対処法について

 

 

あまりおすすめできない方法

 

 

苦しい便秘を解消しようとオールブランや野菜など食物繊維を食べてしまうのですが、これは逆効果になるので注意です!

 

 

便秘で苦しい場合は症状が深刻になっている段階で、腸内の便は黒くとても固くなってしまっています。

 

 

そこに食物繊維を食べても、食べたものはしっかりと便を形成しますが腸内の便が柔らかくなるわけではなく、むしろより固くなってしまいます。

 

 

むやみにごぼうやキャベツ、シリアル食品を食べるのは控えるようにしましょう。

 

 

①便秘の苦しい症状を和らげる飲み物

 

 

便秘で苦しいのは腸内の便もそうなのですが、一番はガスが原因です。そのためガスを吸収させることである程度吐き気や腹痛、お腹の張りは緩和されます。

 

 

そしておすすめの飲み物がココアが挙げられます。

 

 

ココアに含まれるリグニンという成分があるのですが、このリグニンはガスを吸収する効果を持っています。

 

 

さらにこのリグニンは大腸内で善玉菌のエサにもなるため腸内環境を整えることもできます。

 

 

それだけではありません。ココア1杯あたりに15mgのカフェインを含まれているため、腸の運動を活発にさせ、排便作用を促進します。※またこのカフェイン15mgは副作用を引き起こさない絶妙な量なのです。逆にコーヒーはカフェインの配合量が多すぎとされます。

 

 

ということでココアは本当に効果的なので絶対に飲むことをおすすめします。

 

 

ココアは温めて飲む方が腸内の便秘も溶けやすく、飲むとお腹がポコポコとなって、おならも便も出るでしょう。おすすめは朝起きてすぐに1杯暖かいココアを飲むことです。

 

 

朝起きてすぐに飲むことで腸を活発にさせることができます。さらに暖かい状態で飲むと温和作用で腸がリラックスした状態になります。

 

 

便秘で苦しい方はまずはココアを飲むようにしてみてください。リラックス効果もあるのでおすすめです。またココアは1日1~2杯飲みますがそれ以外にも水やお茶で1.5リットルほどで水分補給するのを忘れないでください。

 

 

②便秘薬で解消

 

 

そして便秘で苦しい状態というのは症状がかなり深刻ですので、便秘薬に頼ることもひとつの手です。

 

 

しかし便が固まっている時にコーラックなどの刺激系の下剤を服用すると激痛に襲われますし、便がやはり固くて出づらいです。

 

 

この場合にはガスを吸収し、整腸効果を促すガスピタンか腸内の便を水分によって柔らかくするマグネシウム系の下剤がおすすめです。

 

 

・ガスピタン

 

 

会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン(消泡剤)、乳酸菌、消化酵素

 

値段:18錠1080円

 

用法用量:1日3回(1回あたり1錠)を食前に飲みます。

 

 

ガスピタンに含まれるジメチルポリシロキサン(泡消剤)がおならを出やすくなるのではなく、ガスをそのまま消していきます。

 

 

乳酸菌はフェカリス菌、アシドフィルス菌、ビフィズス菌と3つも配合されており整腸薬としても非常に優秀でビオフェルミンと大差ない効果が期待できます。

 

 

整腸作用だけでなく泡消剤としての効果もある唯一の市販薬なので非常におすすめです。便秘にガスによって、苦しい場合には是非試してみてください。

 

 

3aマグネシア

 

製薬会社:フジックス

 

有効成分:酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

用法用量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

便秘が続いて下腹部が張っていたり、痛みがある場合には硬い便が詰まっているといえます。この状態から飲み物や食べ物などで柔らかくすることは難しいとされます。

 

 

そこで浸透性下剤で便を柔らかくすることが効果的です。特にこの3aマグネシアに含まれる酸化マグネシウムは腸内に水分をあつめる働きがあり、固まった便を柔らかくする働きを持っているのです。

 

 

副作用も下痢や軟便になるくらいですし、妊婦さんでも安心して飲めます。

 

 

服用から8~10時間ほどで便が柔らかくなり便意が促されるので、便だけをとりあえず出したい人はガスピタンではなく3aマグネシアを飲むことをおすすめします。※併用することができるので、余裕がある方は併用していきましょう。

 

 

ということで便秘で苦しい場合には是非これらを試してください。これらを実践しても解消されない場合にはすぐに胃腸科か内科を受診するようにしてください。

 

 

苦しいだけでもかなり症状が重いので気をつけましょう。ということで便秘で苦しいときに効く対処法でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ