便意を催す方法

【即効で効く】便意を催す方法について!

【即効で効く】便意を催す方法について!

 

腸の運動が鈍くなっていると、日常生活の中では便意を催すことが少なくなっていきます。

 

 

そのため腸に刺激を与えたりして、便意を催していくようにしなければいけません。便意を催すことで、それがきっかけで自然な排便運動も取り戻すことができるようになるでしょう。

 

 

ここでは自分でもできる便意を催す方法についてお伝えします。

 

 

即効で効く!便意を催す方法

 

 

①便意を催す体操

 

 

まず試してほしいのが便意を催すうつ伏せゴロゴロ体操です。これは世界一受けたい授業でも取り上げられた便意を催す方法です。

 

 

この放送直後には、SNSや掲示板などでうつ伏せ体操を行うことで『10分後に本当に便意がきた!』という報告が数多く上がったほどです。

 

 

①うつ伏せごろごろでの便秘を解消にチャレンジするときは朝起きた時かお風呂に入った後にすると効果的とされます。

 

 

お風呂上がりですとお腹が温まっている状態の方が、中にある便も動きやすくなります。

 

 

②そして行う前にはコップ1杯の水を飲むようにします。

 

 

③うつ伏せゴロゴロ運動を行う場合はまず布団の上でうつ伏せになりましょう。手と足ははピントまっすぐに伸ばすようにしましょう。

 

 

④うつ伏せの状態で左右にゴロゴロとします。およそ左に1回転半、そして右に1回転半ほどでしながら左右に回転するようにしましょう。

 

 

⑤1分ゴロゴロ行って、1分うつ伏せのまま休憩します。これを5セット行って、合計で10分です。

 

以上がうつ伏せゴロゴロ体操となります。これを毎日2回行うだけですので非常に簡単です。

 

 

簡単で安全に行えるので、まずはこのうつ伏せゴロゴロ体操を実践していくようにしましょう。

 

 

②便意を催すのの字マッサージ

 

 

お腹をマッサージすることによって、それに連動して腸が活発になり便意を催していきます。

 

①マッサージを行うタイミングは朝起きてすぐか、お風呂上りに行うことで腸が動きやすくなります。※トイレで踏ん張るときもマッサージすることが効果的です。

 

 

②手をひらいて、自分からみておへその右上からゆっくりとのの字をかくようにしてお腹をさすってマッサージします。ぐっと押し込んで少し痛いくらいがちょうどよいです。

 

 

③時計回りに2~3分、そして反時計周りにも2~3分ほどマッサージをしていきましょう。

 

 

④体をリラックスさせながら行うことがポイントです。1日1回試してみてください。

 

マッサージは非常に有効な便意を催す方法ですので、ぜひ試してみください。

 

 

③便意を催す飲み物

 

 

また便意を催すのには飲み物も非常に効果的です。特におすすめの飲み物としてはココアが挙げられます。

 

 

ココアには微量のカフェインが配合されており、これが腸を刺激して活発にさせることができます。※コーヒーではカフェインの配合量が多いため、あまりおすすめできません。

 

 

またリグニンと呼ばれる整腸作用のある成分も含まれており、腸内環境を整えることもできます。飲み始めてから2時間以内には便意を促すことができます。

 

 

ココアを飲む場合には特に朝起きてすぐに1杯飲むようにすることで便意を催すことができるので試してみてください。

 

 

④便意を催すことができる食べ物

 

 

便意を催すことができる食べ物としてはなんといっても水溶性食物繊維が挙げられます。

 

 

水溶性食物繊維を食べることで腸内で膨れ上がる性質があります。すると腸壁を刺激することによって便意を催すことができるのです。

 

 

特に水溶性食物繊維を配合した食べ物としてはところてん、こんにゃく、わかめ、果物類などが挙げられます。

 

 

また特に効果的な食べ物としては蒟蒻畑が挙げられます。これはテレビでも取り上げられました。

 

 

1日1個食べるだけでも4~6時間後に便意を催すことができるとされます。

 

便意を催した場合には

 

 

もし以上の方法を試してみて便意を催すことができた場合には、すぐにトイレに急ぎましょう。

 

 

便意があるのに我慢してしまうと、直腸に便が溜まってしまい便秘が悪化しますし自然な便意を起こらなくなっていきます。

 

 

そして排便されやすい姿勢をとって、しっかりと便を出していきましょう。特に排便しやすい姿勢というのは以下の方法です。

 

 

①トイレで踏ん張るときは上体をできるだけ前に倒して前傾姿勢になりましょう。

 

②そして片肘を太ももにつけるようにします。

 

③さらにかかとを浮かすようにします。

 

便意を催すしたときはこの体勢で出すようにしましょう。

 

 

それでも便意が催されない場合には

 

 

もし以上の方法を試しても便意を催すことができない場合には、便秘薬を服用することをおすすめします。

 

 

特に便意を催すのに効果的な市販の便秘薬はコーラックが挙げられます。

 

 

会社:大正製薬

 

成分:ビサコジル

 

値段:350錠入2500円

 

用法用量:1日1回就寝前に水と一緒に服用

 

コーラックを服用することでビサコジルが溶け出して腸壁を刺激することによって、便意を催すことができます。※およそ服用から30分後には便意が促されていきます。

 

 

排便することができたら、腸内環境を整え、生活習慣を改善することによって自然な便意を取り戻すことができるでしょう。

 

 

もしそれでも便意を催すことができないのであれば、かなり重要な便秘なので、便秘外来や胃腸科を受診するようにしましょう。

 

 

ということで便意を催す方法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ