腸を活発にする方法

腸をすぐに活発にする方法!【飲み物、食べ物、体操】

腸をすぐに活発にする方法!【飲み物、飲み物、体操】

 

 

腸が停滞していると、溜まった便を排出することができない状態が続いてしまいます。特に腸が停滞して起こる便秘を弛緩性便秘と言います。

 

 

溜まった便は腐敗していき、悪玉菌も発生することで腸内環境が悪化してしまい、便自体も固くなるので早めに解消する必要があります。

 

 

ここでは腸を自力で活発にする方法についていくつかご紹介したいと思います。

 

 

腸を活発にする方法まとめ

 

 

自分で行えて安全に腸を活発にする方法としては大きく分けて3つあります。

 

 

①腸を活発にする飲み物

 

 

まず手軽に腸を活発にすることができるのは飲み物が挙げられます。特に腸壁を刺激する作用のあるカフェインが配合されたものが効果的です。

 

 

おすすめとしてはココアが良いですね。より腸を活発にしたいのであればブラックコーヒーを飲むようにしましょう。※コーヒーの方がカフェインの配合量が多いとされます。

 

 

特に朝起きてすぐにコップ1杯飲むことによって、腸がびっくりして活発になりやすくなります。早いと5分後には腸が活発になり便意が起きていきます。

 

 

また自然な腸の運動を回復させるためには朝決まった時間に起き続けることも大切です。即効性はありませんが根本的な便秘解消になります。

 

 

②腸を活発にする食べ物

 

 

そして腸を活発にする食べ物としては水溶性食物繊維を含んだ食べ物が良いとされます。

 

 

水溶性食物繊維は腸に運ばれると大きく膨れ上がります。すると大腸の腸壁を刺激することで腸が活発になります。また水溶性食物繊維は膨れ上がることで、腸内の汚れカスや腸壁に付着した宿便もからめとることができます。

 

 

特に水溶性食物繊維を配合した食べ物としては納豆、果物、わかめ、寒天、海苔などが挙げられます。これらを積極的に食べていくようにしましょう。

 

 

またテレビでは蒟蒻畑が腸を活発にするのに効果的と紹介されました。

 

 

 

蒟蒻畑にはグルコナンマンという特殊な水溶性食物繊維を配合しており、腸内で大きく膨らみやすい特性を持っているため最適なのです。

 

 

コンビニ売られているチューブタイプの蒟蒻畑を1日1パック食べていきましょう。早いと4~6時間後、通常であれば24~48時間以内に腸が活発にすることができます。

 

 

③腸を活発にする体操

 

 

そして腸を活発にする体操は2つほどあります。まず1つ目はうつ伏せゴロゴロ体操です。

 

 

世界一受けたい授業でも取り上げられ、すぐに腸を活発にすることができるとされます。

 

 

①うつ伏せゴロゴロ体操で腸を活発にする場合には朝起きた時かお風呂に入った後にすると効果的とされます。

 

 

お風呂上がりですとお腹が温まっている状態の方が、腸も活発になりやすいです。

 

 

②そして体操の前にはコップ1杯の水を飲むようにします。コーヒーやココアだとなお良いですね。

 

 

③うつ伏せゴロゴロ運動を行う場合はまず布団の上でうつ伏せになりましょう。手と足ははまっすぐに伸ばします。

 

 

④そしてうつ伏せの状態で左右にゴロゴロとします。およそ左に1回転半、そして右に1回転半ほどでしながら左右に回転するようにしましょう。

 

 

⑤1分ゴロゴロ体操を行い、1分うつ伏せのまま休憩します。これを5セット行って、合計で10分です。時間があれば1日何度でも行っていきましょう。

 

以上のようにゴロゴロ体操は行っていきます。早ければ体操を行っている最中に腸が活発になり、便意が促されていきます。

 

 

そして2つ目は腰回し体操です。やり方は以下の通りです。

 

 

①肩幅に立って、腰を大きく回していきましょう。

 

 

②左回りに50回、右回りに50回、回していきます。早ければ早いほど、蠕動運動を促すことができます。

 

 

③時間があれば好きな時に何度も行っていきましょう。

 

以上が腰回し体操です。こちらも早ければ最初に行う間に腸が活発になっていきます。

 

 

うつ伏せゴロゴロ体操と違い、布団がなくとも簡単でどこでも行えるのでおすすめです。

 

 

腸を活発にする最終手段

 

 

もし1~3までの腸を活発にする方法を1週間試してみても腸が活発にならなければ最終手段をとりましょう。それは下剤を服用することです。

 

 

やはり下剤はどうしても出ないときに服用して、一旦排便するのが望ましいです。ただし間隔をあけずに何度も服用するのは控えましょう。

 

 

特に市販の中でもすぐに腸を活発にすることができる下剤としてはやはりコーラックが挙げられます。

 

 

会社:ゼリア新薬工業株式会社

 

成分:ビサコジル

 

効果:便秘には服用から30~2時間

 

値段:350錠入2500円

 

副作用:腹痛 吐き気

 

コーラックのビサコジルは大腸の腸壁を直接刺激して活発にすることができます。服用から30分~2時間ほどで腸が活発になり便意が感じられます。

 

 

どうしても出ないときには下剤を服用するようにしましょう。ほとんどの方が3日以内には排便が可能となっています。

 

 

またコーラックを3日試しても出ないときには便秘外来や胃腸科などの病院を受診するようにしましょう。放っておくと直腸内に便が溜まって排便できない直腸性便秘を引き起こしてしまいます。

 

 

ということで腸を活発にする方法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ