便秘による口臭

便秘による口臭の対策法!

便秘による口臭の対策法!

 

 

便秘で口臭が悪化するというは聞いたことあるかもしれませんが、
残念ながら便秘によって口が臭くなるのは紛れもない事実です。

 

 

便臭と言って、その名の通り、口からうんこの臭いがすることです。

 

 

歯磨き粉をいくらしても、全く口臭がとれないという方は
便秘により腸に便が溜まっているかもしれないので注意です。

 

 

ここではなぜ便秘によって口臭が臭くなるのか?
そしておすすめの対策法を紹介したいと思います。

 

 

便秘によって口臭が臭くなる理由

 

 

便秘によって腸内に便が溜まってしまいます。すると腸内に悪玉菌が発生してしまいます。

 

 

この悪玉菌は摂取した炭水化物やタンパク質、脂質を
腐敗発酵させてしまい悪臭ガスを放ってしまうのです。

 

 

この腐敗されたガスはスカトールとインドールと呼ばれており
一定数は気化しておならとして外に排出されます。(ちなみにおならも臭いです)

 

 

しかし残りの腸内に溜まった悪臭ガスは腸壁から血液に吸収され
やがて肺にまで届き、最終的に悪臭ガスが口臭となって出ていきます。

 

 

また口と腸は1本道でつながっているため便が溜まっているだけで
腸管そして胃、食道を通じて腐敗ガスの匂いが香ってきます。

 

 

これが便秘によってもたらさせる口臭が臭くなる理由です。

 

 

また口臭だけにとどまらず、おならが臭くなることはもちろん
体臭まで臭くなるので気を付けてください。

 

 

便秘と口臭にダブルで効く方法

 

 

便秘が原因で口臭が臭くなってしまうことが分かったと思います。

 

 

肺から悪臭が出ているため、いくら歯磨きやら口臭予防のガムを噛んだところで
口臭は臭いまま
ですし、根本的な解決にはならないということです。

 

 

ではどうすれば便秘を解消させ、さらに口臭を防げるのか?
具体的な方法はというと

 

 

①白湯を飲むことが大事!

 

 

まず白湯を飲んでみましょう。
これが便秘にも口臭にも非常に効いていきます。

 

 

 

 

①朝起きてすぐにコップ1杯の50度のお湯(白湯)を飲むようにします。

 

②レンジで冷たい水をレンジで1分ほど温めると50度に近いお湯が作れます。

 

 

お湯は便秘にも聞きますし、腸内の悪臭ガスを溶かして
吸収してくれる働きがあるため、腸内の溜まったガスを取り除いてくれるのです。

 

 

さらに腸内にこびりついた宿便も取り除くことも可能になるため、
腸内環境を一旦リセットできるのです。

 

 

また高温度により口内の菌も殺菌することでできます。
簡単にできるので是非試してほしいです。

 

 

②大豆製品を摂取する

 

 

お湯で腸内を清潔にしたら今度は、腸内の善玉菌を増やしていきましょう。
大豆製品には大豆ペプチドを含み、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす働きがあります。

 

 

・納豆

 

・豆乳

 

・豆腐

 

 

 

 

この中のどれでもいいので1日100gを食べていきましょう。
これらを積極的に食べることで、便秘も口臭にも効いてくれます。

 

 

便秘が解消されないと、腸から臭いが香ってくるため、
いくら歯を磨こうとも意味がありません。

 

 

まずは便秘と腸内環境を整えることを意識しましょう。
以上便秘と口臭についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ