落下腸

落下腸の原因は何!?即効で改善するマッサージ法も!

落下腸の原因は何!?即効で改善するマッサージ法も!

 

 

落下腸というのは大腸の横行結腸という部分(左わき腹から右わき腹をつなぐ腸)が大きく下に垂れ下がった状態のことを指します。

 

 

腸が長いとされる日本人は特に落下腸になりやすいとされています。落下腸になるとたるんだ腸の部分で便が停滞してしまい、便秘になりやすくなるとされます。

 

 

特に食べ物や飲み物、運動もしっかりと対策しているのに便秘になっている方は落下腸の可能性があるので注意してください。

 

 

ここでは落下腸の原因と改善するマッサージやその他の改善する方法についてお伝えします。

 

 

落下腸が起きる原因について

 

 

落下腸が起こる原因としては大きく分けて3つあるとされています。

 

 

①姿勢が悪い

 

 

落下腸が起きてしまう一番の原因としては姿勢が悪いことが挙げられます。

 

 

特に猫背などの前傾姿勢でいると、大腸などの臓器に負担がかかります。すると特に横行結腸に上から力が加えられてしまい落下腸を起こしてしまいます。

 

 

猫背の方は普段から背筋を伸ばすることを意識するようにしましょう。

 

 

②運動不足

 

 

実は腸というのは普段の生活で徐々に正常な位置からずれていってしまいます。特に寝っ転がったりすると腸がずれていきます。

 

 

しかし運動をすることによって、腸が刺激されて徐々に正常な位置へと戻っていきます。もし運動不足になると腸がずれたままになり、それが蓄積されると便秘が起こってしまいます。

 

 

落下腸を改善する運動として最適なのはウォーキングが挙げられます。

 

 

1日30分以上のウォーキングをすることによって、腸のずれが解消して落下腸が改善されていきます。ウォーキングは買い物などで歩いている時間もカウントして構いません。

 

 

ウォーキングは自律神経も整い、腸の運動も活発になるため便秘解消にも効果的な運動と言えます。

 

 

③遺伝や性別によるもの

 

 

また落下腸は腸が長い人ほど起こりやすいとされます。腸の長さというのは遺伝によって決まる部分があるので、子供の時から落下腸になりやすくなります。

 

 

そして男性よりも女性ほど落下腸になりやすいです。というもの女性は骨盤が広いためスペースが空いており、大腸が空いているスペースに下がりやすく、落下腸になりやすいです。

 

 

女性が便秘になりやすいのも、生理以外にはこの骨盤が広いというのが原因として挙げられます。

 

 

以上のように落下腸の原因として挙げられます。

 

 

落下腸のチェック方法

 

 

また自分が落下腸を引き起こしているかどうかをチェックする方法としては以下が挙げられます。

 

 

①お腹の下っ腹が出ている

 

落下腸になると腸が下にだらんとなるので、痩せていてもお腹がぽっこりと出ているのが分かります。

 

 

②便秘と下痢を繰り返しやすい

 

また冷たいものや刺激物を食べたりした後に下痢を起こしやすくなりますね。

 

 

③腹痛が起こっている

 

落下腸によって便やガスが溜まってしまうと軽い腹痛が起こってしまいます。落下腸が起こり続けると腹痛は悪化してしまいます。

 

 

④子供の時から便秘気味

 

落下腸は遺伝によって起こるため、腸が長い人ほど子供の時から便秘になりやすくなります。

 

 

⑤慢性的な便秘を抱えている人

 

落下腸が改善されないと、食べ物や飲み物を努力しても根本的な解消にはつながりません。

 

 

以上が落下腸の症状とされます。2つでも当てはまっている場合には落下腸の可能性が高いです。

 

 

落下腸を放っておいてしまうと便秘がどんどん悪化して、最悪の場合には腸閉塞を引き起こしてしまいます。

 

 

腸閉塞は突然起こり、お腹に激痛が走り、食べ物も嘔吐してしまいます。すぐに救急車を呼んで手術に取り掛かる必要があります。

 

 

そのため落下腸の疑いがある場合には、すぐに改善する必要がありますので対策していきましょう。

 

 

落下腸を改善する方法

 

 

落下腸を改善する方法としてマッサージと体操の2つを紹介したいと思います。

 

 

落下腸を改善するマッサージ

 

 

まず落下腸を即効で改善することができるとしてテレビで紹介されたマッサージをお伝えします。

 

 

マッサージ方法は非常に簡単です。手順としては

 

 

①まず仰向けで寝るようにします。

 

 

②そして下腹部の部分を両手の指先で押し込み、そこからゆっくりおへその上まで持ち上げるようになぞります。

 

 

③回数としては1回あたり50回ほど行っていきます。

 

 

④腸が動きやすいとされる起床後すぐと、入浴後の2回行うようにしていきましょう。ただし食後すぐにマッサージを行うのは控えましょう。

 

以上が落下腸を改善するマッサージのやり方となっています。基本的に毎日行うことで1週間以内にはほとんどの方が落下腸が改善されるとされます。

 

 

落下腸を改善する体操

 

 

落下腸を改善する体操としては非常にシンプルです。それが逆立ちです。

 

 

 

落下腸を改善する逆立ちのやり方は

 

 

①まず壁に向かって逆立ちをしていきます。

 

②そして逆立ちの状態を30秒ほどキープします。30秒が厳しいのであれば、できる時間の範囲で構いません。

 

③基本的に1日1回行うようにしていきます。ただし食後には行わないようにしましょう。

 

以上が逆立ちのやり方です。逆立ちも即効性があり、また便意も生じることが期待できるのでおすすめです。

 

 

もし落下腸かもしれない方は以上のマッサージと体操を行っていきましょう。併せてウォーキングを行うとよいでしょう。

 

 

それでも便秘がつづいて、落下腸が改善されていない場合には便秘外来を受診しましょう。便秘外来ではレントゲンを撮影して、専門的にマッサージを行ってくれます。

 

 

ということで落下腸の原因や即効で改善するマッサージ方法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ