菊芋と便秘

菊芋の便秘への効果と食べ方について!

菊芋の便秘への効果と食べ方について!

 

 

菊芋はヨーロッパやアメリカでは普段よく食べられていますが、日本ではあまりなじみがない食べ物と言えますね。

 

 

しかしこの菊芋は非常に健康に効果的で、最近ではテレビなどのメディアでも菊芋が糖尿病に効くと取り上げられており、菊芋を扱った健康食品が多数発売されていますね。

 

 

菊芋はそのまま食べると果物の梨を若干固くしたような感じで、味はほのかに甘く、ミネラルが含まれるため土の風味がしますね。

 

 

そしてこの菊芋は便秘に対しても効果があるとされます。特に女性の便秘解消には非常におすすめです。

 

 

ここでは菊芋の便秘への効果と食べ方についてお伝えしたいと思います。

 

 

菊芋の便秘への効果

 

 

菊芋が便秘に対して効果的とされる理由は大きく分けて2つあるとされます。

 

 

①イヌリン

 

 

菊芋にはイヌリンという水溶性食物繊維の一種が多く含まれています。水溶性食物繊維に対して不溶性食物繊維があります。

 

・不溶性食物繊維はごぼうやにんじんなどの繊維が固いのが特徴的で、便を固く大きく形成する効果があります。

 

 

・水溶性食物繊維はこんにゃくや納豆のようにネバネバと弾力性があり、便を柔らかく、つるんと滑りやすくする効果があります。

 

菊芋を食べて、イヌリンが腸に送られことで、腸内で水分を吸収して大きく膨らみ性質があります。すると大腸の腸壁にこびりついた宿便と呼ばれる便を落とすことができるようになります。

 

 

そしてイヌリンによって大きな便が作られることによって、腸壁が刺激されて便を押し出すぜんどう運動が活発になり、便意が生じていきます。

 

 

このように菊芋のイヌリンによって便秘に対して効いていきます。およそ24~72時間後に便意が生じていきます。

 

 

・糖尿病やダイエット効果も

 

 

またこのイヌリンは体内のブドウ糖やコレステロールを吸収して便として排出する効果があります。

 

 

これにより血糖値を下げて、糖尿病に対しても効果があると言えるわけです。ダイエット効果もあると言えますね。

 

 

ちなみにこのイヌリンは菊芋だけでなく、ゴボウにも多く配合されていますので、ゴボウを食べても同様の効果が得られます。

 

 

②ビタミン群

 

 

そして菊芋にはビタミンBやビタミンCも多く含まれています。このビタミン群は大腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす働きを持っています。

 

 

善玉菌が増えることによって腸内環境が整い、柔らかい理想的な便が形成され、便秘を解消することができます。

 

 

またビタミンCやビタミンBを摂取することで、肌の新陳代謝を活性化させることができるため肌荒れに対しても効きます。

 

 

以上のように菊芋は便秘に対して効果があるとされます。特に食物繊維が不足している方や腸の運動が鈍くなった弛緩性便秘に対しては効果的と言えます。

 

 

菊芋の便秘の食べ方について

 

 

基本的に菊芋は生のまま食べていくことが一番便秘には良いとされます。熱を加えることによって、水溶性食物繊維であるイヌリンは壊れてしまうからです。

 

 

皮向いて、しっかりと洗って、薄切りにしてそのままサラダなどに加えて食べるようにします。

 

 

ただし生のまま食べるのが苦手なら焼き芋のようにふかして食べても大丈夫です。ただし菊芋をふかすとすごくふにゅふにゃになって柔らかくなります。

 

 

食べる量について

 

 

食物繊維は1日日本人男性で19g、日本人女性で17g必要とされます。そしておよそ1日5gが不足しているとされます。

 

 

菊芋の場合には1日50g食べることによって、そのため不足している食物繊維は補うことができますので、50g食べるようにしてください。

 

 

ただしイヌリンは多量に摂取してしまうと軟便や下痢を起こす可能性がありますので。50gを大きく超えて食べないように気を付けてください。

 

 

また菊芋を食べるについてタイミングはいつでも構いません。

 

 

菊芋のサプリメントを摂取するのもOK

 

 

またそのまま菊芋を食べるのは難しいという方の場合には菊芋用のサプリメントを摂取するのも効果的です。

 

 

 

 

便秘解消用の菊芋のサプリには金の菊芋が挙げられます。1日3回食事の30分前に2粒ずつ飲むようにするだけです。

 

 

菊芋での便秘解消は最低でも1週間は続けるようにしましょう。また糖尿病やダイエットであれば3週間継続して摂取するのが望ましいとされます。それでも効果がなければ菊芋での解消は諦めるようにしましょう。

 

 

菊芋は便秘だけでなく、ダイエットや糖尿病に対しても効果的なのでおすすめとされます。

 

 

ということで菊芋の便秘への効果と食べ方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ