キヌアと便秘

キヌアの便秘への効果と食べ方について!

キヌアの便秘への効果と食べ方について!

 

キヌアは南米アンデスが原産とされる穀物で、テレビでもダイエットや美容効果があると日本でも流行りはじめていますね。

 

 

味は白米のように甘みがあり、ただ若干ですが青臭さがあります。そしてこのキヌアは便秘に対しても効果があるとされます。

 

 

ここではキヌアの便秘への効果と副作用、食べ方についてお伝えします。

 

 

キヌアの便秘への効果

 

 

キヌアが便秘に対して効果的とされるのは大きく分けて3つあるとされます。

 

 

①食物繊維

 

 

キヌアには白米のおよそ8倍の食物繊維が配合されています。食物繊維には水溶性と不溶性の2つがありますが、キヌアにはどちらも配合されています。

 

・水溶性食物繊維はわかめや寒天などに含まれており、腸内で水分を吸収することで膨らむことで、腸を刺激します。また便自体も柔らかく形成できるため、排便しやすくなります。

 

 

・不溶性食物繊維はゴボウなどに含まれて、固い繊維であり、便をしっかりと大きく固くする性質があります。

 

便秘を解消する上ではどちらもバランスよく摂取する必要がありますが、キヌアを食べることで可能となります。

 

 

②パントテン酸

 

 

パントテン酸はビタミン5のことで、パントテン酸を摂取することによって、新陳代謝を活発にすることでアトピーやニキビに効くとされます。

 

 

またこのパントテン酸は腸内で善玉菌のエサとなることで、善玉菌を増やして腸内環境を整えることができます。整腸作用によって便が柔らかくなり排便しやすくなります。

 

 

③植物性ホルモン

 

 

キヌアには植物性ホルモンが含まれており、この植物性ホルモンは大豆イソフラボンと同じように体内でエストロゲン(女性ホルモン)として働きをします。

 

 

すると黄体ホルモンとのホルモンバランスが整い、生理前や妊娠初期などに起こる肌荒れや頭痛を改善することができます。

 

 

この黄体ホルモンは腸の運動を鈍くする働きも持っているため、キヌアを食べることで生理による便秘も解消することができます。

 

 

③その他の効果

 

 

その他にもキヌアにはタンパク質や脂肪燃焼を促すナイアシンも含まれるので、ダイエット効果もあります。

 

 

またナイアシンは老廃物を促す働きも持っているため、腸の自然な運動を活性化させることができます。

 

 

以上のようにキヌアを食べることによって、様々な作用によって便秘を解消することができます。特に腸の運動が鈍くなっている弛緩性便秘、直腸に便が溜まっている直腸性便秘に対して効きます。

 

 

キヌアはどれくらいで便秘に効くのか!?

 

 

キヌアを食べることによってどれくらいで便秘に効くのかというと

 

・食物繊維によって食べてから24~72時間後には便意が生じるとされます。

 

・パントテン酸によって腸内環境はおよそ3日間でほとんど改善されていきます。

 

・ホルモンバランスが整うのは最低でも1週間は食べ続ける必要があります。

 

・また肌荒れに対しては2週間、ダイエットには4週間は効果が出るまでかかるとされます。

 

以上のようにキヌアは便秘に対して効果があるとされます。下剤のように即効性はありませんが根本的に解消することができます。

 

 

キヌアで便秘を解消するための食べ方について

 

 

キヌアの食べる量について

 

 

キヌアで便秘を解消するための食べ方についてですが、基本1日200g好きな時に食べるようにします。

 

 

1日に必要な食物繊維は男性19g以上、女性17g以上とされています。そして日本人は1日あたり5gの食物繊維が不足しているとされます。

 

 

ですがキヌアを200g食べればしっかりと足りない分の食物繊維を補えます。

 

 

注意してほしいのがキヌアは栄養価が高い反面、200gを超えて食べることは最初は控えるようにしましょう。食べ過ぎてしまうと下痢や軽い腹痛などの症状が起きてしまいます。

 

 

キヌアの食べ方について

 

 

そしてキヌアはお米を炊くのと同じように食べるようにしていきます。ですので、お米を炊くときに200gはキヌアに替えて炊いて食べることが良いと思います。

 

 

便秘解消のためにキヌアを食べる場合には1週間は食べましょう。ダイエットであれば1か月は最低でも食べるようにしましょう。

 

 

キヌアは便秘だけでなく、ダイエットや美肌効果があるので、ぜひ食べてみてください。ネット通販では1kgあたり1000~2000円ほどで売られています。

 

 

ということでキヌアの便秘への効果と食べ方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ