しぶり腹による便秘

しぶり腹による便秘!原因と解消するための薬とは!

しぶり腹による便秘!原因と解消するための薬とは!

 

 

しぶり腹というのは簡単に言うと、便意がたびたび起きるが、トイレで踏ん張ってみると全く出ないという症状のことです。

 

 

その他の具体的な症状としては便意のたびに腹痛になったり、何日も便が出ずに便秘になりますし、出たとしてもほんの少しで残便感があります。

 

 

しぶり腹になると自力での解消はなかなか難しく厄介です。しぶり腹は病気の可能性もあるので注意しなければいけません。

 

 

ここではしぶり腹が起こる原因とそれに伴う便秘の解消法についてお伝えします。

 

 

①しぶり腹が起きる原因について

 

 

しぶり腹というのは大きく分けて3つ原因として考えられます。

 

 

①腸内環境の乱れ

 

 

しぶり腹というのはいわば、腸の不調によるものと言えます。大脳が便意の信号を発しているが、肝心の腸が便を運びきれないため、便が出ないのです。

 

 

これは消化不良であったり腸内環境の乱れによって小腸、大腸がうまく働かないことが原因と挙げられます。特にしぶり腹は下痢の後になりやすく、それは下痢と一緒に腸内細菌も排出されてしまうからです。

 

 

 

ですので、ヨーグルトや整腸剤などで乳酸菌を摂取して、腸内の善玉菌を増やして、腸の運動を取り戻す必要があると言えます。

 

 

②食物繊維の不足

 

 

また便が小さいとしぶり腹になりやすくなります。腸が一生懸命に便を運ぼうと思っても、便が小さいと直腸へ運ばれません。

 

 

便が小さいのは食物繊維の不足が原因とされます。特に便を大きくさせるのには水溶性食物繊維が必要とされます。

 

 

食べ物ではこんにゃく、果物、ゼリーなどをしっかりと食べるようにしましょう。また軟便気味の人は便を固くする不溶性食物繊維が重要です。

 

 

不溶性食物繊維はゴボウやさつまいも、キャベツなど繊維の固いものを食べるようにしましょう。

 

 

③腸の炎症や病気によるもの

 

 

そして最後にはしぶり腹は腸の炎症によって起こる可能性もあります。特に消化不良や刺激物を食べて腸に炎症が起こるとしぶり腹になる可能性があります。

 

 

またしぶり腹が起きている病気として挙げられるものは潰瘍性大腸炎、大腸がん、クーロン病などです。

 

 

辛い物を食べたことによる腸の炎症はお腹に優しい食べ物を食べれば1~2週間で改善されますが、大腸がんやクーロン病は病院で治療する必要があります。

 

 

もし便意があるのに何日も便が出なかったり、腹痛が起きる方はすぐに内科や胃腸科などで診てもらうようにしましょう。

 

 

以上がしぶり腹が生じてしまう原因とされます。女性だけでなく便秘と下痢を繰り返しやすい男性もしぶり腹になりやすいので注意してください。

 

 

しぶり腹の便秘を解消するために

 

 

ここでは病気や腸の炎症以外によって起きるしぶり腹の便秘を解消する方法についてお伝えします。

 

 

しぶり腹による便秘に効く薬について

 

 

基本的にしぶり腹そのものを治す薬というのはありません。病院でもしぶり腹だから処方される薬というものはありません。

 

 

あらゆることが原因として考えられるため、原因となっているものに合わせて薬を飲む必要があります。

 

 

まず食物繊維が不足している場合には新ウィズワンが効果的と言えます。

 

 

会社:大正製薬

 

成分:プランタゴオバタとセンノシド

 

効果:便秘には服用から6時間ほどで便意が生じる

 

値段:48日分で2480円

 

副作用:軽い腹痛 軽い下痢

 

用法用量:1日1回食後に1包、飲み物と一緒に服用する

 

 

新ウィズワンには水溶性食物繊維のプランタゴオバタが配合され、便を大きくすることができます。

 

 

また生薬のセンノシドが腸を活性化させて、自然に近い便意を生じて排便をサポートします。早ければ服用から6時間後には便意が生じて排便することができます。

 

 

食物繊維の不足によって起こるしぶり腹には最適と言えます。もし服用後に排便することができれば、新ウィズワンの服用は一旦控えて様子を見ましょう。

 

 

ただ1週間新ウィズワンを服用しても効果がなければ病院に行くようにしましょう。

 

 

また腸内環境の悪化には整腸剤のビオフェルミンを摂取するようにしましょう

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

用法用量:1日3回(1回3錠)毎回の食後に服用する

 

ビオフェルミンには3つの乳酸菌が配合されており、これらが大腸内で善玉菌のエサになることで整腸作用を促します。3日間ビオフェルミンを服用することで、腸内環境が改善されていきます。

 

 

腸内環境の乱れかもしれない場合には1週間は服用していきましょう。それでも効果がなければ病院に行くようにしてください。

 

 

以上のように薬を服用しながら、後は消化に良い食事をとり、適度に運動もするようにしていきましょう。

 

 

また注意点としてトイレで踏ん張っても出ない場合には、トイレから出ましょう。※目安は3分。踏ん張ったところで出ないですし、立ちくらみなどの原因になってしまいます。

 

 

通常の便秘よりも解消するのは難しいとされますが、しっかりと実践していきましょう。

 

 

というとこでしぶり腹による便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ