手術による便秘のケース

手術する便秘のケースと手術法!

手術する便秘のケースと手術法!

 

基本的に便秘というのは生活習慣の改善で
解消されることがほとんどです。

 

 

それは病院による入院治療でも、ほとんど
食事療法と運動、そして下剤依存症ならばカウンセリング

 

 

という感じで手術は行われないのです。

 

 

しかし病気が原因による便秘の場合には
お腹を切って、手術をして治療することになります。

 

 

手術が必要な便秘とは

 

 

手術が必要な便秘というのは腸閉塞(イレウス)という病気です。

 

 

腸閉塞は腸管が塞がってしまうことで
腸内に便が詰まってしまうことなんです。

 

 

そのため手術によってお腹を切って、ポリープなどを
摘出するという処置が行われます。

 

 

そのほかにも

 

・腸が絡まってしまっている場合

 

・生まれつき腸が長いことが原因で便秘になる時も手術します。

 

 

このような病気の原因で便秘によって、手術することになりますね。

 

 

ですがほとんどの場合の生活習慣の改善などの
家庭療法と同じですので、手術することは珍しいと言えます。

 

 

早期発見が重要

 

 

手術を受ける場合の便秘はやはり早期発見が重要です。
ですから普段の便秘の症状を確認しておく必要があります。

 

 

病気かもしれない便秘

 

 

・便が赤黒い

 

・ありえないほど激痛

 

・生活習慣を改善しても治らない

 

 

このような症状は手術が必要な便秘なので気を付けましょう。

 

 

便秘は立派な病気ですので、何かおかしいなと思ったら
すぐに病院に行って、診察するようにしてください。

 

 

以上、手術する便秘のケースでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ