病院で便秘を治療、解消

こんな便秘はすぐ病院へ!便秘でも病院で治療、解消するケース!

こんな便秘はすぐ病院へ!便秘でも病院で治療、解消するケース!

 

たかが便秘だからといって病院に行かないのは危険です。便秘を放っておくと
最悪大腸がんになる恐れもあります。

 

ここでは病院に行くべき便秘の症状を紹介しますので、
もし自分の便秘が当てはまればすぐに病院に行ってください。

 

 

慢性的な便秘でも病院に行くべき症状

 

 

・血便が出ている(便が黒い、便が赤黒い)

 

・便に粘膜がついている

 

・とても細長い便秘が出る

 

 

以上のような特徴が慢性便秘に見られたら病院に行ってください。
医師にどのような便が出たのかもしっかりと報告しましょう。

 

 

慢性便秘の場合は便秘が当たり前になっていて病気が
進行しているのに気づかない場合があります。
慢性便秘は大腸がんなどの病気にもなるので決して油断しないでください。

 

 

病院が行くべき便秘の症状(新生児の場合)

 

 

新生児の場合には先天性巨大結腸症の注意が必要です。

 

 

先天性巨大結腸症とは生まれるつきに腸の一部の神経に異常がみられる症状です。
腸の運動がうまく働かずに、腸内に大量の便が溜まってしまう病気なのです。

 

 

新生児が初めて便を出す時に排便がうまく行われないと
先天性巨大結腸症の可能性があります。

 

 

また乳児期ならばミルクを吐く、頑固な便秘が続く、お腹が膨らむと言った
症状が見られた場合には病院に行きましょう。

 

 

新生児の場合には体が未発達のですので少しでも異変を感じたら
すぐに病院に行きましょう。

 

 

絞扼(こうやく)性イレウスにも気を付ましょう

 

 

絞扼(こうやく)性イレウスとは腸が外側からねじれてしまう病気です。
激痛が伴うこともあり最悪死亡してしまうケースもあります。

 

・嘔吐
・腹痛
・腹部膨張

 

等の症状が見られた便秘には絞扼(こうやく)性イレウスの可能性があります。
放っておくと極めて危険ですので、必ず病院に行きましょう。

 

 

 

 

 

たかが便秘だと甘く見てしまいがちですが、便秘は立派な病気であることを
忘れないようにしましょう。もし異変が感じられたらすぐにビ病院に行きましょう。

 

以上、こんな便秘はすぐ病院へ!便秘でも病院で治療、解消するケースでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ