病院で入院!便秘を治療、解消方法

【便秘で入院!?】病院に入院すると便秘をどう治療するの?

【便秘で入院!?】病院に入院すると便秘をどう治療するのか解説!



たかが便秘と、そのまま放っておいてしまうと入院することもあり得ます。


最悪は大腸がんを患ってしまうこともありますので、そのような場合には当然病院で入院しなければなりません。


ここでは便秘によって入院する便秘のケースと便秘によって入院した場合の治療法についてお伝えしたいと思います。


便秘によって入院するケース



特に入院する便秘のケースとしては大きく分けて3つあるとされます。


①2週間便秘であること


2週間以上も便が出ていない場合に病院を
受診するとほとんどが入院するケースとなります。


安全のためにできるだけ1週間以内には病院を訪れるようにしましょう。
※症状によっては日数関係なく入院することになるので早めに病院に行くのに限ります。


②激痛がある場合


これは便秘の症状が悪化してしまい、
腸管にガスが充満してしまい腹痛が起こることがあります。


そしてされに症状が悪化すると便が腸管を塞いでしまい
腸閉塞(イレウス)というものを引き起こしてしまいます。


腸閉塞になった瞬間、お腹や下っ腹に激痛が起こり、
歩行も困難なほどになり、そのまま救急車で運ばれて入院することになります。


また腸が何かの衝撃によってねじれてしまうことで激痛が起こり入院することもあります。


③下剤依存症


下剤を大量に服用すると、下剤なしでは
排便できないという「下剤依存症」になっていしまいます。


こういった下剤依存症を患うと、下剤に頼らない自然な排便を促すための
リハビリが必要ですから病院で入院することもあります。


特に多いのが女性によるダイエット目的による下剤の使用で
自然な排便が困難になってしまうというケースです。



ダイエット目的に下剤を服用している場合には精神的な疾患もあることが多く
メンタル面でのリハビリも必要ですから入院しながらカウンセリングも受けていく形になります。


以上の3つが入院する便秘のケースとなります。


入院による便秘の治療法について



便秘で入院する場合には、便秘の治療法としては
心身ともに健康体にしていく治療方針のもと治療は行われます。


食事療法


まず基本的に便秘の方向けの食事療法が行われ、
食物繊維やビタミンなどのバランスの良い食事をとります。


そして整腸剤を服用して腸内環境を整えていきます。
入院治療に用いられる整腸剤というのがラックビー微粒Nです。


会社:興和製薬

価格:1gあたり6.2円

成分:ビフィズス菌

服用法;1日3回、食前か食後に服用していきます。

市販はされておらず、ビオフェルミンよりも強力とされています。
しかし副作用は起こらないので安心してください。


②カウンセリング


特に摂食障害を引き起こしている人の場合は
心理療法を用いた治療法で心のケアをしていきます。


摂食障害は精神を安定させなくてはならないため、
もともとの便秘を治すのはその後となります。


③手術治療


腸のねじれやイレウスなどの場合には便秘はやはり手術で直接便を取り除いたりします。


基本的に緊急治療になりますので、入院しているころは手術は終わっています。
また固い便が肛門付近に塞がっているならば浣腸や特殊な『へら』で滴便していきます。


入院治療は上記の3つ以外には特に特別な治療はしません。
バランスのよい食事をとり、運動など専門医のアドバイスを受けながら解消していきます。


なんだか長期的な入院になりそうですが、入院は非常に短期間ですので心配はいりません。
便秘は食生活や生活習慣を見直すだけで劇的に改善されるのです。


入院日数はおよそ1週間ほどになることがほとんどです。


便秘での入院は早くに病院に行くことで避けることができますので、
できるだけ早めに受診するようにしましょう。


以上、便秘による入院治療についてでした!

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ