便秘と肩こりの関係

その肩こりは便秘が原因かもしれない!?

その肩こり便秘が原因かもしれない!?【便秘と肩こりの関係】

 

 

 

肩こりと便秘は特に女性に発症しやすい病気なのですが、
このふたつは実は関係性があることをご存知でしょうか?

 

 

実は便秘になってしまうとそれに伴い肩こりを引き起こしてしまうのです。

 

 

特に症状としては肩がこるのですが、ピリピリした感じがするのが特徴です。

 

 

また肩こりと合わせて、手のしびれ、耳鳴りがしますので
もし当てはまる場合にはほとんど便秘が原因であると言えます。

 

 

ここでは便秘と肩こりの関係性と両方を解消する方法についてお伝えします。

 

 

便秘と肩こりの関係性というのは?

 

 

肩こりの原因というのは、一般的にストレス、運動不足、冷え性などによって、
血流が悪化し、酸素が筋肉に行き届かないことがあります。

 

 

そして便秘を患ってしまうと、便がお腹の中で腐敗し始めて
インドールやスカトールなどの有害なガスが発生します。

 

 

すると血中にその有害なガスが取り込まれて全身に巡るため、
老廃物や乳酸が溜まりやすくなり肩こりを引き起こしてしまうのです。

 

 

また便秘によってお腹が圧迫されるので、血行不良にもなるため
そもそも供給される血液量が少なくなることも原因になります。

 

 

同じようなメカニズムで腹痛や腰痛を引き起こしてしまう場合もあります。

 

 

このように便秘によって肩こりが生じてしまいます。
基本的に便が溜まりだして3日すると肩こりが起き始めます。

 

 

便秘はあらゆる病気を引き起こしてしまうので、早急に解消することをお勧めします。

 

 

便秘と肩こりの両方に悩まされている場合

 

 

もし現在便秘と肩こりの両方に悩んでいる方は、
便秘を解消しない限り、ずっと肩こりに悩まされてしまいます。

 

 

ですので便秘を優先的に解消する必要があるかと思われます。

 

 

肩こりを引き起こしている場合、便が直腸にある程度溜まっている
直腸性便秘だと推測できますので、まずは直腸の便を出していく必要があります。

 

 

①便秘薬

 

 

直腸に便が溜まっている場合には、食べ物や飲み物などで
即効で解消することはなかなか難しいです。

 

 

やはり便秘薬に頼るのが有効な手だとされます。
直腸性便秘に効果的な酸化マグネシウム系の3aマグネシアが挙げられます。

 

 

製薬会社:フジックス

 

値段:360錠4000円

 

副作用:下痢、軟便

 

用法容量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

 

酸化マグネシウムは溜まった便に水分を含ませて、
便を柔らかくすることで便を排出していきます。

 

 

服用から2日以内には解消されていきますが、
癖になることはないので安心してください。

 

 

まずは便秘薬で一度便を出し切るのが大切なので試してみましょう。

 

 

②運動

 

 

また有酸素運動を行うことで血流が促進されますし、
腸の運動を活発にさせることができますので効果的です。

 

 

おすすめは外に出て、ウォーキングすることです。

 

 

 

1日30分歩くだけでも腹筋が鍛えられますし、自律神経が
整って全身の血流が良くなるので肩こりにも効きます。

 

 

また余裕がある場合には入浴後に腹筋運動も行っていきましょう。

 

 

ということで肩こりと便秘に悩まされている方は
この2つを重点的に試してほしいです。

 

 

あとは水分は1日1.5リットルを最低でも摂取していきましょう。

 

 

もしそれでも便秘が解消されない場合には、直腸便秘を
放っておくと危険なので、病院に相談するようにしてください。

 

 

以上、肩こりと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ