便秘によるめまいの対策法!

便秘によるめまいの対策法について!

便秘によるめまいの対策法について!

 

 

便秘を起こしやすい人はそれに伴ってめまいや貧血といった症状をわずらいやすくなります。

 

 

便秘とめまいのセットは特に生理前の女性の場合によく見られるので気を付けてください。

 

 

ここでは便秘によってめまいが起きる原因とめまいと便秘の解消法についてお伝えします。

 

 

便秘がめまいが両方起きる理由について

 

 

①便秘による腐敗ガス

 

 

まず便秘が続くことによって、腸内の便が腐敗することによって腐敗ガスが発生してしまいます。

 

 

この腐敗ガスが充満することで腹痛やおなかの張りを引き起こしますのですが、この腐敗ガスは血中にも溶け込みます。

 

 

すると血流を通してこの腐敗ガスが脳に送られることによって、体調不良やめまいなどが起きてしまいます。

 

 

また便秘によって血行不良を引き起こして脳へ血液を送られなくなることも原因とされます。

 

 

②水分不足

 

 

また便秘とめまいが両方に起きる原因というのは水分が不足しているということも挙げられます。

 

 

水分が足りないと便が固くなってしまうし、体内の血液量も低下してしまいます。すると脳への血液量が低下することで立ちくらみやめまいの症状が起きてしまいます。

 

 

そのため日ごろから水分補給は欠かさないようにしましょう。

 

 

③鉄分の不足

 

 

また鉄分が不足していると便秘もめまいも両方起きるとされます。

 

 

鉄分はヘモグロビンを生成する役割があり、不足すると血液の欠乏症が起きて貧血やめまいを起こします。貧血になることによって血行不良になり老廃物の排出機能も低下します。

 

 

それに伴って腸の自然な運動も鈍くなり便秘を引き起こしてしまいます。鉄分不足の場合にはめまいが先に症状として現れます。

 

 

以上が原因となって便秘とめまいが両方起きてしまいます。特に生理前はホルモンバランスが乱れがちで、両方を同時に発生してしまいます。

 

 

ただし便秘を解消されることでめまいも改善されていくので、早めに解消することが望まれます。

 

 

めまいと便秘に効く解消法

 

 

めまいと便秘に効く解消法は大きく分けて3つあるとされています。

 

 

①鉄分を摂取

 

 

まためまいが起きているということは貧血気味の傾向があり、鉄分が不足している可能性があります。

 

 

では鉄分の錠剤を補えばいいのか?というとそうではありません!

 

 

鉄分の錠剤は副作用で便秘を誘発する可能性があるのでおすすめできません。

 

 

ですから錠剤ではなく、食べ物で便秘とめまいを克服していきましょう。両方に効果的な食べ物としてはレバーやホウレンソウです。

 

 

 

 

特にほうれん草は食物繊維も含まれているので、おすすめの食べ物と言えますね。

 

 

ほうれん草100gを食べることで1日の3分の1の鉄分を補うことが可能です。

 

 

②水分摂取

 

 

便秘とめまいには水分摂取が効果的です。特に朝起きてすぐに1杯の飲み物を飲むと脳に血液を送ることができますし腸の運動を活発にさせられるので、排便作用を促すことができます。

 

 

また鉄分も補給できる飲み物などを積極的に飲むことをおすすめします。

 

 

 

 

コンビニやスーパーでは『1日分の鉄分飲むヨーグルト』があるのでめまいと便秘に悩まされる方は1日1本飲んでみてください。

 

 

1日の水分補給量は1.5リットル~2リットルを摂取しましょう。できれば血行の流れが良くなる麦茶などを積極的に飲むようにしましょう。

 

 

③ガスを吸収する整腸剤を服用

 

 

長期的に便秘に悩まされていて、めまいもする方は腸内でガスが溜まってしまっている可能性があります。

 

 

その場合にはガスを吸収して、腸内環境を整えることができる整腸剤を服用することをおすすめします。特に市販ではガスピタンがおすすめとされます。

 

ガスピタンa

 

 

製薬会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン、ビフィズス菌

 

値段:18錠入りが1050円

 

用法用量:1回1錠を食前や食間に1日3回飲む

 

消泡剤のジメチルポリシロキサンが腸内のガスを吸収してそのまま消すことができます。また3つの乳酸菌も配合されているので便秘に対して効いていきます。

 

 

もしめまいと便秘が併発している場合にはガスピタンを服用してみるとかなり楽になると思います。

 

 

便秘とめまいが起きている場合には以上の方法を試すようにしてみてください。ただし1週間継続てしても症状が良くならない場合には便秘外来か胃腸科を受診するようにしましょう。

 

 

排便中のめまいに気を付ける

 

 

最後に注意点なのですが、めまいは基本的に立っているときに頭に血がいかなくなり、起きてしまうのですが便秘の方の場合には実はトイレでめまいが起きてしまいます!

 

 

便秘によってうんちが固く、中々出てこないといきんでしまいます。このいきみによって、血圧が上昇してしまいめまいの原因になってしまいます。

 

 

最悪の場合には脳卒中になってしまう場合があるのでトイレ中は座っていても気を付けてください。

 

 

ということで便秘中のめまいはトイレにきをつけて、水分や鉄分を含む食べ物をしっかり食べましょう!

 

 

ず~っと立っていることでもめまいは起きるので辛くなったら横になってください。

 

 

ということで便秘によるめまいの対策法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ