便秘による嘔吐

便秘による嘔吐!原因と改善法は!?

便秘による嘔吐!原因と改善法は!?

 

 

便秘気味で、しかも嘔吐がある場合にはそれは便秘の症状が進んでいる証拠です。目安としては1週間便秘が続くと起こりうる症状とされます。

 

 

便秘が3日間続くと胃もたれや吐き気が起きて、次第に症状が悪化して嘔吐してしまいます。

 

 

ここでは便秘が悪化すると、嘔吐という症状が引き起こるのか?そして嘔吐の改善方法を紹介します。

 

 

便秘で嘔吐が発生する原因

 

 

便秘によって嘔吐になる原因というのは

 

 

①新陳代謝が滞り、消化不良に陥っている。

 

②便が詰まっていることで食べ物が逆流する

 

 

以上のふたつが主に原因として考えられますね。

 

 

②新陳代謝が滞りによるもの

 

 

便秘が3日以上続くことによって悪玉菌が腸内の溜まった便を腐敗させてしまいます。するとインドールやスカトールと呼ばれる腐敗ガスが腸内に発生してしまいます。

 

 

このガスは人体には有害で、血液に溶け込み全身にいきわたり、機能を低下させてしまいます。すると肩こり、腰痛、腹痛、頭痛などの症状を引き起こし、さらに吐き気を引き起こしてしまいます。

 

 

そして吐き気が悪化すると嘔吐も発生させてしまうこともあります。症状が進むと腐敗ガスがどんどん分泌されて体調不良は悪化しつづけます。

 

 

①便が詰まって逆流してしまう

 

 

便秘になると、当然腸内に便が溜まってしまいます。しかし食べ物は継続的に体内に取り入れられるので、どんどん体内に蓄積されてしまいます。

 

 

すると逆流性食道炎という症状を患い、食べた食べ物が、腸に送られず逆流することで、嘔吐してしまうのです。

 

 

これにより便秘が進むことで、嘔吐が発生してしまいます。逆流性食道炎はおよそ1週間以上便が出ていないと起きるので要注意です。

 

 

以上のように便秘によって嘔吐が引き起こされてしまいます。かなり便秘の症状が進行していると言えますので早く解消することが求められます。

 

 

便秘による嘔吐を改善する方法

 

 

便秘による嘔吐の改善方法について4つほどお伝えします。即効性が高いものから紹介したいと思います。

 

 

①胃腸薬

 

 

まずは嘔吐を和らげるために胃腸薬を飲むようにしましょう。便秘薬としても兼ねる場合には太田胃散がおすすめとされます。

 

 

 

会社:株式会社太田胃散

 

値段:48包約1200円

 

成分:ケイヒなど

 

服用法:1日3回(1回1包)食後に服用する。

 

 

太田胃散に含まれる生薬は胃の運動を調整して、腸の運動を活発にさせることで嘔吐と便秘の両方に効くためまずは試してみてください。

 

 

②整腸剤

 

 

さらに嘔吐と便秘によって腸内環境が乱れてしまっている場合があるので整腸剤を飲むことによって腸内の善玉菌を増やして整えていきましょう。

 

 

整腸剤のおすすめとしてはガスピタンが挙げられます。

 

 

製薬会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン、ビフィズス菌

 

値段:18錠入りが1050円

 

用法用量:1回1錠を食前や食間に1日3回飲む

 

ガスピタンの有効成分であるジメチルポリシロキサン(消泡剤)が腸内のガスを吸収します。おならを出やすくするのではなく、ガス自体を腸内で減らしてしまうのです。服用からおよそ24時間以内にはガスが消失され、吐き気や嘔吐を抑制することができます。

 

 

ヨーグルト味で非常に飲みやすく、また乳酸菌も含まれているため整腸作用によって便秘解消にも効果があるとされています。

 

 

嘔吐と便秘に効く食べ物

 

 

さらに嘔吐と便秘の両方に効く食べ物を食べるようにしましょう。おすすめの食べ物はしょうがです。

 

 

 

 

しょうがは嘔吐、吐き気を抑える酵素が含まれております。さらに腸を活発にさせるため、便秘に効果的です。

 

 

1日5g食べるだけでも効果があるので食べるようにしてみてください。

 

 

またクエン酸を含んだ食べ物は吐き気を抑える働きがあるため同様におすすめです。特にりんご、梅干しなどが挙げられるので、こちらも吐き気がある時に一口二口食べるようにしてみてください。

 

 

また胃腸に負担をかける食べ物は決して食べないようにしてください。油っこいもの、辛いものなど刺激物は控えましょう。

 

 

できるだけ消化に良いうどんなどの炭水化物、その他には、バナナ、豆腐などもおすすめとされます。

 

 

嘔吐と便秘に効く飲み物

 

 

何も食べれない場合には飲み物を飲んでいくようにしましょう。特に嘔吐時に効果的で且つ便秘に効くのはホットミルクです。

 

 

 

牛乳には胃の粘膜を守る働きがあるため、嘔吐や吐き気を緩和します。

 

 

また牛乳には善玉菌のエサとなる乳酸菌も含まれるので腸内環境を整える効果が得られるので便秘に効きます。

 

 

冷たい状態ですと胃に負担がかかるので、レンジで温めてから飲みましょう。

 

 

またホットミルクと同様にココアも胃の粘膜を守る働きがあり、さらに自律神経が調整されるので嘔吐を抑制させることができます。

 

 

 

さらにココアにはリグニンと呼ばれる整腸作用のある成分も含まれているので、腸内環境を整えることができます。

 

 

ココアとホットミルク、どちらか好きな方、1日1~2杯飲むようにしてください。また朝起きてすぐに飲むことによって腸の運動を活発にさせることができます。

 

 

もし牛乳やココアでお腹を下しやすい人は牛乳は控え、白湯を飲むようにようしてください。

 

 

ただし炭酸飲料は胃腸に負担をかけるので飲んではダメです。その他、甘い飲み物やお酒なども控えるようにしてください。

 

 

基本的に上記の方法を1週間も実践すれば嘔吐もなくなり、便秘も解消されていきます。

 

 

便秘によって嘔吐が起きている場合には便秘もかなり重症ですので上記の方法を試しても解消されない場合には病院に行きましょう。

 

 

ということで便秘による嘔吐についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ