左脇腹と便秘

便秘と右脇腹の痛みの関係と軽減法!

便秘と右脇腹の痛みの関係と軽減法!

 

 

便秘を慢性的に患っていることで起こる症状に右脇腹の痛みがあります。※右脇腹よりも、左脇腹の方が痛くなることの方が多いです。

 

 

ただし便秘によるものではなく他の病気による可能性もあるので注意が必要です。ここでは便秘によって右わき腹の痛みが生じるのか、そしてその痛みの軽減法についてお伝えしたいと思います。

 

 

便秘で右わき腹に痛みが生じる原因

 

 

便秘によって右脇腹の痛みが発生するのはガスの圧迫が原因とされます。

 

 

便秘によるガスはおよそ腸内に溜まった便が3日以上経過することで腐敗しはじめ、悪臭のガスが生まれるようになります。このガスをインドールやスカトールと呼びます。

 

 

そのガスはどんどん充満していくことで最初はお腹を圧迫しはしめ、まず腹痛を起こし、そして徐々に直腸から大腸へそして小腸までもガスが浸透し、右脇腹を痛ませてしまうのです。

 

 

 

 

ガスが溜まりやすいとされるのはS状結腸、下行結腸、横行結腸、盲腸とされます。これらはちょうど大腸の曲がり角になっており、ガスが溜まりやすいので注意してください。特にS状結腸はガスだけでなく便も溜まりやすくなる箇所で右脇腹よりも最初に左下腹部が痛み出すことが多いのはこのためです。

 

 

便秘以外で右脇腹が痛い原因

 

 

右脇腹の痛みはほとんどの場合はガスによる圧迫なのですが、稀に他の原因もあり得ます。

 

 

まず内臓疾患の可能性があるとされます。これは慢性盲腸などの大腸や小腸が絡んでしまって右脇腹の痛みが発生している場合があり、病院に診てもらう必要があります。また最悪の場合、肝臓がんによって右脇腹が痛んでいることも可能性としてあります。

 

 

基本的にこれらの疾患によって右脇腹が痛む場合には立っていられないほど痛むので只事ではないと分かるでしょう。また便秘によるガスで右脇腹が痛んでいるのかどうか確認したい場合には右脇腹を触ってしこりのようなものや、でっぱりがないか調べてみてください。もし、しこりのようなものがあればそれは病気の危険性があるので病院に行き診察を受けるようにしてください。

 

 

ただ便秘気味の方で右脇腹が痛いのであればほぼ腐敗ガスによる物だと考えられます。

 

 

ガス抜きで便秘による右脇腹の痛みを解消

 

 

ガスはおならによって排出させることが重要なのですが、便秘ですとなかなかガスも抜きづらいとされますので、便秘を解消しつつガスも抜くことが重要でしょう。

 

 

便秘になった人で右脇腹が痛くなった場合はガス抜きをする必要があります。
では具体的な方法を紹介したいと思います。

 

 

ガス抜きマッサージ

 

 

右脇腹や左脇腹が痛む場合には、ガスをマッサージで排出させることが一番の解決策でしょう。特に『のの字マッサージ』という方法を応用した方法を紹介します。

 

 

画像で注目してほしいのですが、右脇腹が痛む場合には上行結腸という場所にガスが溜まっていることが原因とされますので、ここから横行結腸までガスを運ぶ必要があります。

 

①方法は簡単で、まず横になってください、そして上行結腸のところをまず軽くさすります。

 

 

②30秒ほどさすりますと、ガスが分解されるので、今度はゆっくりと
右脇腹からおなかを通り、左脇腹の、腸でいうと横行結腸まで送り届けましょう。

 

 

③そして今度は直腸へと送る必要があるため、左脇腹からおへその下に送り届けるようにさすってあげましょう。腸は時計回りのような構造をしているので、同様に時計回りにマッサージしてあげましょう。

 

 

④一連の流れはこんな感じでして、だいたい3セットほど行ってみるようにしてください。

 

 

⑤これを1日2回(合計6セット)、朝起きた時やお風呂に入っているなど、おならをしてもいい時などにマッサージを行うようにしてください。

 

 

以上が便秘による右脇腹の痛みを軽減するマッサージで即効性がありおすすめです。また右脇腹ではなくて、左脇腹が痛む方は、最初に左脇腹を30秒ほどさすってから同じように直腸へと流してあげました。

 

 

おならを我慢することは、どんどんガスが溜まるので余計に脇腹を痛めてしまうので、できれば我慢しないようにしてください。

 

 

食べ物で便秘も右脇腹の痛みも解消

 

 

右脇腹の痛みはガスを発生させている、便が根本的な原因でもあるためやはり便秘を解消しなくてはいけませんね。そこでおすすめなのがガス抜きもできて便秘にも効果がある食べ物としてはさつまいも、かぼちゃ、じゃがいもです!

 

 

イモ類は食物繊維を多量に含まれていて、さらにヤラピンという成分を含んでおり、これは便を柔らかくする成分とされます。ですのでイモ類は便秘に対して非常に効果的です。

 

 

またイモ類は消化吸収率が遅いため、腸に運ばれると一生懸命消化しようと腸のぜんぞう運動(腸が肛門まで送る動き)が活発になります。そのため、便秘によって上行結腸や横行結腸に溜まっていたガスがしっかりと送られガスを抜くことができて、右脇腹の痛みも解消してくれる効果があります。

 

 

もしイモ類はたべるならば、1日1個で構いませんので好きな時に食べてみることをおすすめします。マッサージと合わせて食べることで、すぐに右脇腹の痛みが軽減できるかもしれません!

 

 

ガスピタン

 

それでも右脇腹が痛む場合には泡消剤と整腸剤を兼ね備えたガスピタンがおすすめです。

 

 

製薬会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン、ビフィズス菌

 

値段:18錠入りが1050円

 

用法用量:1日3回(1回1錠)食前や食間に服用する

 

 

ガスピタンはジメチルポリシロキサンが腸内のガス溜まりを解消して、消失させることができます。またビフィズス菌も配合しているため腸内環境を整えることができて、便秘も解消することができます。

 

 

3日間服用することで腸内ガスをほぼ消すことができますので是非試してみてください。ガスピタンでも効果がなかったり、便秘を解消しても右脇腹が傷む場合には胃腸科を受診するようにしましょう。

 

 

ということで便秘と右脇腹の痛みの関係と軽減法でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ