便秘と風邪

風邪を引くと便秘になってしまう!?原因と解消法!

風邪を引くと便秘になってしまう!?原因と解消法!

 

 

 

風邪を引くと、症状の一種として便秘になってしまいます。特に風邪が治った後も便が固くなるという直腸性便秘になりやすい特徴があります。

 

 

ここでは風邪が便秘を引き起こす原因と効果的な解決法をお伝えします。

 

 

風邪で便秘になる理由

 

 

風邪が便秘をもたらしてしまうのは大きく3つの理由があるとされます。

 

 

①脱水症状

 

 

一つ目の理由が風邪により腸の水分が奪われるからです。

 

 

風邪を引くことで発汗作用によって汗が大量に出て、さらにウィルスを排出するために鼻水が出ます。

 

 

すると腸内の水分が減ってしまい、場合によって脱水症状を引き起こします。腸内の水分が減ると便が固くなってしまい、便秘になってしまうのです。

 

 

また風邪で下痢になる場合がありますが、下痢として排便されると一緒に大腸内の善玉菌も排出されてしまいます。

 

 

②自律神経の乱れ

 

 

風邪の症状には自律神経を乱れさせてしまう作用があります。

 

 

関節痛や寒気なども自律神経が乱れることによるもので、さらに腸の運動を不安定にさせてしまう働きもあるのです。

 

 

そのため便をうまく押し出すことができずに便秘につながります。

 

 

また風邪にかかるということは体が冷えている証拠であるため、腸の動きも冷えにより便秘がさらに悪化してしまいます。

 

 

③風邪薬の副作用

 

 

そして風邪を治すために薬を飲む場合にはその風邪薬が副作用として便秘を引き起こしてしまうのです。

 

 

風邪薬は抗ヒスタミンという成分が含まれており、熱や風邪、鼻水、咳を全体的に抑える働きがあります。

 

 

しかし抗ヒスタミン剤はこれらの症状だけでなく、腸の動きも抑えてしまうので、便秘を引き起こしてしまいます。

 

 

風邪薬で薬局などで市販されているパブロン・ルル・コルゲンコーワなどは抗ヒスタミン剤が含まれているので、どうしても風邪薬を服用すると便秘になりやすくなってしまいます。

 

 

病院で処方される風邪薬も抗生物質を配合しているため、便秘には逆効果となります。

 

 

抗生物質を服用すると副作用として善玉菌を減らしてしまいます。善玉菌が減ると腸内環境が乱れ、便がしっかりと形成できなくなり便秘になっています。

 

 

特に風邪によく処方されるカロナールなどは腸内環境を乱してしまいます。

 

 

風邪による便秘の解消するには

 

 

大事なことは便秘よりも先に風邪を治すことに専念することです。そのため風邪を治しつつ便秘にも効果がある方法が一番効果的でしょう。

 

 

①水分摂取

 

 

まず風邪によって大量の水分が失われるので、水分を補給するのが必ず行わなければいけないことです。

 

 

水分補給する際には

 

 

・1.5リットル~2リットル摂取するにする

 

・冷たい水ではなく、なるべく温かい状態で飲む

 

 

この2点を意識して行うようにしてください。

 

 

そしておすすめの飲み物はココアです。

 

 

 

 

ココアであれば、風邪の状態でも温かくして飲みやすいです。またリグニンという食物繊維が腸内でポコポコと働き風邪によって停滞した腸の運動を活発にさせる効果があるとされます。

 

 

また善玉菌も含まれているため、腸内環境を整える働きがあります。1日1杯朝起きたときに飲むようにします。

 

 

そしてそれ以外はできれば冷たい水よりも温かいお茶などで水分補給を行うようにしましょう。

 

 

②食べ物

 

 

また風邪と便秘両方に効く食べ物としてはみかんが挙げられます。

 

 

 

 

みかんには含まれるビタミン類は風邪の原因であるウィルスの免疫力を高める働きを持っています。

 

 

また水溶性食物繊維を持っているので便秘にも効いていきます。さらに水分摂取にもなりますし食欲不振な風邪でも食べることができるためおすすめです。

 

 

1日に2個食べるだけでも相当違うので、是非食べるようにしてください。また風邪の間は食欲がないでしょうが、少しでもいいので何か口に入れると胃が動き出して、それに連動して腸の運動が促されます。

 

 

③整腸剤

 

 

風邪になると下痢や風邪薬の副作用によって腸内細菌が減ってしまいます。特に病院では風邪薬と一緒に整腸剤(ラックビーなど)が処方されます。

 

 

そのため風邪や風邪が治った後も整腸剤を服用しましょう。特に市販の整腸剤では新ビオフェルミンS錠が効果が高いです。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

 

服用から4時間後には善玉菌が増え始め、3日後には腸内環境が整っていきます。新ビオフェルミンS錠は風邪が治ってからも継続的に飲み続けるようにしましょう。

 

 

その他

 

 

そしてあとは、睡眠をしっかりととるようにして風邪を治すのに専念するようにしてください。

 

 

睡眠をとることで自律神経が安定するので、腸の運動も安定し便秘を解消するのにつながります。1日7時間以上は睡眠時間をとるようにしてください。

 

 

そして風邪が治れば、便秘も解消する可能性が高くなるのでまずは風邪を治してしまうようにしましょう。また便秘になりたくないから風邪薬を飲まないというのはやめましょう!

 

 

ということで風邪と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ