便秘と右下腹部の痛み

右下腹部の痛みは便秘が原因!?解消を紹介!

便秘による右下腹部の痛みの理由と解消法!

 

 

便秘によって右下腹部に痛みが生じることがあります。大腸でいうところの盲腸にあたる部分です。※右下腹部痛はおよそ便が溜まりだしてから3日後に起きやすいとされます。

 

 

基本的には便秘による腹痛は右下腹部と左下腹部、脇腹の3か所に痛みが起きやすいとされます。そのまま放っておくと痛みは激しさを増すので早く対策すること求められます。

 

 

ここではなぜ便秘になると右下腹部が痛む原因と痛みを解消する方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

便秘によって右下腹部が痛む原因

 

 

右下のお腹の痛みを発生させている正体というのは腐敗ガスと消化物の詰まりによるものです。

 

 

①腐敗ガス

 

 

便が3日以上体内に滞在していると、便が腐敗していきインドールやスカトールと呼ばれる腐敗ガスを排出するようになってしまいます。

 

 

大便が溜まりやすいのはS状結腸と直腸という部分なのですが、そこからガスが発生することによって大腸全体がガスを充満してお腹が張ってしまいます。特に右下の盲腸が張ることで右下腹部痛が生じてしまいます。

 

 

また通常は右下腹部よりも左下腹部に便とガスが溜まりやすく、ほとんどは左下腹部の痛みの方が最初に発生しやすいです。

 

 

②消化物の詰まり

 

 

右下腹部の盲腸の部分ではまだ便は形成されていません。小腸から消化された、食べ物の残りカスがドロドロの状態で送り届けられる部分です。

 

 

しかしこの時によく噛まずに食べたり、肉類や固いものを食べていると消化が不十分で固形物が送られてしまいます。すると重力の影響もあって、その消化物が盲腸で詰まってしまうことが挙げられます。

 

 

すると右下腹部に痛みが生じますし、しっかりと便を形成することができずに便秘も引き起こしてしまいます。

 

 

以上の理由から便秘によって右下腹部に痛みが生じてしまうとされています。

 

 

病気の場合

 

 

右下腹部の痛みはほとんどが便秘によるものなのですが、稀に病気によって起きる場合があるので注意してください。病気の例としては盲腸、尿管結石、大腸がんなどがあります。

 

 

右下腹部の痛みは耐えられないほどの痛みであったり、しっかりと便が出ているのに痛みがあるなどは病気の可能性が高いです。この場合には早急に胃腸科や内科を受診するようにしましょう。

 

 

便秘による右下腹部の痛みのおすすめ解消法

 

 

右下腹部が痛みを解消する場合にはやはり溜まったガスを抜いてあげることが重要です。またガスを抜くことで大腸も連動して動き出すので便秘解消に効果的です。

 

 

ここでは特に効果的なマッサージ、ポーズ、整腸剤をお伝えしたいと思います。

 

 

①ガス抜きマッサージ

 

 

まず効果的とされるのがガス抜きマッサージです。

 

 

これは『のの字マッサージ』と呼ばれるもので外から刺激を与えることで
腸を活性化させ、腸内に溜まったガスや便を排出させるものです。

 

 

①方法ですが1日2回朝起きた時とお風呂上りに行っていきます。

 

 

②おへその上からのの字をかくようにグルグルとお腹を撫でます。
1回あたり3分ほど行うようにしてください。

 

 

③また右下腹部の腸をぐっと持ち上げるようにして重点的にマッサージしてあげると効果的です。

 

 

④効果は即効性があり、すぐにおならが出てきます。
またトイレで踏ん張るときもマッサージを行うと出やすくなります。

 

 

ガス抜きや腸を活発にさせることが可能なのでまずは試してみてください。

 

 

ガス抜きのポーズ

 

 

 

 

また腸内のガスを抜くガス抜きのポーズも右下腹部に溜まったガスを排出するのに効果的です。

 

 

①まずは仰向けで寝た状態になります。※こちらは好きな時に行って構いません。

 

 

②そして片足を抱え込みように持ちましょう。

 

 

③その状態を保ちながら、腹式呼吸を10回ほど行いましょう

 

 

④今度は反対の足を持ってもう一度行ってみてください!

 

 

⑤左右両方を1セットとして3セット行ってみてください。

 

 

おならも出やすくなり、さらに腸の運動も活発にさせることが
できるので、右下腹部の痛みと便秘の両方にも効果的ですのでおすすめです。

 

 

整腸薬によって解消

 

 

また便秘によってガス溜まりを引き起こしている場合に
効果的な整腸剤としてガスピタンaが挙げられます。

 

 

ガスピタンa

 

 

製薬会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン、乳酸菌

 

値段:18錠入りが1050円

 

用法用量:1回1錠を食前や食間に1日3回飲む

 

 

ガスピタンaは消泡剤によって腸内のガスを吸収させ、ガスたまりを解消させる効果があります。(おならも出ません)早いと1日で腸内のガスを完全に消失させることができます。

 

 

またガスピタンは乳酸菌も含まれているため腸内環境を改善させ、腐敗した便を解消しやすくさせる効果もあります。およそ3日~5日服用することで腸内環境は整っていきます。

 

 

そのため便秘と腹痛を同時に引き起こしてしまっている方には非常におすすめの整腸剤となっています。もしマッサージやガス抜きのポーズが効かなければ、整腸剤を試してみてください。副作用なども全くないので安心して服用できます。

 

 

右下腹部に痛みが生じる場合には以上の3つを試してみてください。またご飯を食べるときはしっかりと噛んで固形状の消化物を作らないようにしましょう。できればお肉も控えてください。

 

 

ということで便秘による右下腹部の痛みについてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ