便秘と血便

便秘で血便も出る場合は!?原因と対策法!

便秘がつづけて血便も出る場合は!?原因と対策法!

 

 

便秘を患っている人で、便が出た際に血便である場合があります。

 

 

便秘の人が血便が出る場合には痔の場合と病気の危険な場合の2通りがあるとされます。

 

 

病気なのかどうかは血便の症状から判断することができますので、こちらでは見分け方や注意点についてお伝えします。

 

 

便秘による血便の症状

 

 

①痔の場合

 

 

便秘による血便のほとんどはが原因とされています。

 

 

特に便秘の方ほど、悪玉菌が繁殖して便そのものが黒く、固くなっているという特徴が挙げられます。

 

 

すると排便の際に肛門が切れてしまい、切れ痔を起こすことで便に血液が付着して、血便が出ることがあります。

 

 

また肛門の内部も切れる内痔も起こることもあり、かなりの出血量が出ます。

 

 

痔の場合の血便の症状としては

 

 

・鮮血が便に付着している

 

・排便をするときに痛みがある

 

・便が固くなっている

 

・便自体は黒い

 

・便がコロコロしている

 

 

ということで便自体が黒いわけではなくあくまで鮮血が付着していることが一番の見分け方となります。

 

 

通常、痔で血便が治っている場合には自然治癒されますのでそこまで心配はいらないとされています。

 

 

痔による血便の対策法について

 

 

便秘によって痔が起きて血便が出ている場合には直腸性便秘(便が固く直腸に溜まっている)の可能性があります。

 

 

便が固いままですと痔も完治しないので、対策する必要があります。特に対策法としては3つ挙げられます。

 

 

①水分補給

 

 

やはりまずは1日に1.5リットルほどの水分を補給することが挙げられます。便秘の方は特に朝起きてすぐにコップ1杯の水分を摂取しましょう。

 

 

特に飲み物ではココアを飲むことが非常に効果的です。

 

 

ココアには水溶性食物繊維が配合されているので、固い便が柔らかくなります。さらにリグニンが腸内環境を整えるため理想的な便が形成されます。

 

 

冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲むほうが効果的とされます。

 

 

②食事の注意点

 

 

血便で便秘が起きている場合には便を柔らかくすることができる水溶性食物繊維を積極的に摂取しましょう。

 

 

具体的におすすめな食べ物としては納豆やプルーンなどが挙げられます。

 

 

納豆には水溶性食物繊維を配合しており、さらに納豆菌も含まれます。そのため腸内環境を整えることができます。朝食に2日に1パック食べるのが良いとされます。

 

 

 

またプルーンには水分、マグネシウム、水溶性食物繊維がバランスよく含まれております。ヨーグルトに混ぜてもよいので1日50g食べるとかなり改善されます。

 

 

便が固い場合には以上のような食べ物を積極的に食べていきましょう。

 

 

逆にごぼうやニンジンなどの繊維の固い不溶性食物繊維を配合した食べ物はより便が固くなるので、適度に抑えるようにしましょう。

 

 

③便秘薬

 

 

痔で出血するとほどかたい場合には便秘薬を服用することが効果的とされます。

 

 

ただし血便が出ている場合にはコーラックなどの刺激による便秘薬は控えましょう。便が固いため、無理に出すと出血して血便が悪化する可能性があります。

 

 

血便で便秘の場合には腸内に水分を集めて便を柔らかくする酸化マグネシウム系の下剤がおすすめとされます。市販では特に3aマグネシウムがおすすめです。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

効果:服用から1~2日

 

値段:360錠4000円

 

副作用:上限を超えて服用すると下痢になることも

 

1日1回就寝前に3錠飲むようにしましょう。服用からおよそ8時間後には便意が起きて排便できたるとされます。

 

 

癖になることも副作用がおこることもほとんどないので妊婦さんも服用することができます。※病院の場合にはマグミットやマグラックスが処方されます。

 

 

もし痔によって出血して便秘を引き起こしている場合には以上の方法を試してみてください。便を柔らかくすることが大切です。

 

 

病気の可能性が血便

 

 

そして注意が必要なのは便秘だけでなく、何か他の病気によって血便が出ている場合です。

 

 

特に具体的な病気としては腸炎、大腸ポリープ、大腸がんなどが挙げられます。放っておくと悪化して死亡してしまうケースもあります。

 

 

そして症状が痔の場合と違うので注意深く観察するようにしましょう。

 

 

・鮮血はない

 

・便自体が赤黒い

 

・激しい腹痛がある

 

・下痢がある

 

・発熱がある

 

 

病気の場合には出血してから時間が経過しているので鮮血ではなく、血が酸化して黒くなります。

 

 

また便を形成する段階で血も一緒に混じり便が出来上がるので、便自体が赤黒くなりますので、観察してみてください。

 

 

病気による血便の対策法について

 

 

もし血便が出て、このような症状が起きている場合にはまずは胃腸科や便秘外来などの病院を受診しましょう。

 

 

病院では内視鏡で検査して、場合にはよっては手術や入院治療になることもあります。

 

 

手遅れになるといけませんので血便と便秘の症状を確認して早めに病院に相談するようにしてください。また便秘の痔による出血が長引いた場合にもできれば受診しましょう。

 

 

ということで便秘と血便についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ