便秘とげっぷ

便秘によってげっぷが出る原因と対策法について!

便秘によってげっぷが出る原因と対策法について!

 

 

 

便秘の症状のひとつにげっぷが出やすくなることがあります。特に腸の運動が鈍くなる弛緩性便秘に起こりやすいです。

 

 

特に便秘によって起こるげっぷの場合には便臭がするため、注意しなければいけません。

 

 

ここでは便秘によってげっぷが出やすくなる原因と便秘とげっぷを解消する具体的な対策法をお伝えしたいと思います。

 

 

便秘によるげっぷの原因

 

 

便秘によってげっぷが出やすくなるのは大きく分けて3つの原因が挙げられるとされます。

 

 

①胃腸の運動が鈍くなる

 

 

女性の場合に多い便秘の種類が弛緩性便秘とされます。これは生理不順や腸内環境の乱れで腸が動かなくなることで起こる便秘です。

 

 

そして腸が鈍くなることによって、それに連動して胃も鈍くなる傾向にあるため、食べ物が胃の中に残留しやすくなります。

 

 

すると食べ物の消化中に消化ガスというもの胃から食道に流れて、げっぷがでやすくなってしまいます。特に炭水化物は消化ガスが発生しやすいです。

 

 

②自律神経の乱れによる胃酸過多

 

 

そしてもうひとつが自律神経が乱れている可能性があります。自律神経は胃酸の分泌と腸の運動をつかさどっています。

 

 

ストレスなどによって、自律神経が乱れると、胃酸が過度に分泌され、胃酸過多によりげっぷがたくさん出ます。

 

 

また腸の運動も低下する為、便秘の症状も起きてしまいます。特に便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘(男性に多い)を引き起こしてしまいます。

 

 

げっぷだけでなく、胸焼け、胃痛なども起きている場合には胃酸過多になっている可能性が高いので注意です。

 

 

③腸内環境の悪化

 

 

腸内環境が悪化して悪玉菌が繁殖していると便が腐敗していきインドールやスカトールというガスが放出されるようになります。※便が3日出ないと排出されます。

 

 

このガスはおならや腹痛を引き起こすのですが、ガスがさらに充満すると吐き気と共に、げっぷが出てしまいます。※げっぷも便臭がするとされます。

 

 

以上のように便秘によってげっぷが出やすくなってしまいます。

 

 

げっぷが出ているのはまだ初期症状と言えるのですが腹痛や吐き気で、かなり苦しい方の場合には自分でなんとかしようとせずにすぐに病院に行きましょう。

 

 

便秘でげっぷが出る場合の対策法

 

 

便秘によってげっぷが出る場合の対策法としておすすめの方法を2つお伝えします。

 

 

①ウォーキング

 

 

便秘とげっぷに悩まれている場合にはウォーキングがおすすめとされます。

 

 

 

 

ウォーキングをすることでストレスが解消され、自律神経を整えることができます。さらに腹筋を刺激し、弛緩性便秘を解消する効果もあります

 

 

便秘の人は1日6000歩(4.2キロ)のウォーキングを毎日行っていくようにしましょう。またウォーキング中の呼吸によってガスが排出されています。

 

 

②ココアを飲む

 

 

 

 

ココアにはリグニンと呼ばれる成分を含んでおり、これが腸内で善玉菌を増やす働きがあります。

 

 

さらにココアには水溶性食物繊維が含まれていて腸内のガスを吸収して消失させる作用も持っている優れた飲み物です。

 

 

朝起きてすぐに1杯、夜寝る前に1杯飲むことによって便秘と腸内のガス、そしてげっぷに効いていきます。

 

 

その他、水溶性食物繊維を含んだこんにゃくやわかめ、納豆も体内のガスを吸収してくれるためげっぷに対して効いていきます。

 

 

③整腸剤

 

 

腸内環境を整えることができて、便秘を根本的に解消するのがやはり一番効果的でげっぷやそのほかの合併症を解決できます。

 

 

まずは一般的な整腸剤であるビオフェルミンがおすすめです。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり9錠飲む

 

 

3日間も飲み続けることで腸内環境は劇的に変わっていきますし、副作用もありません。日常的に服用することもできるため、予防として飲んでもいいです。

 

 

またお腹の張りやげっぷが出ている方は腸内で腐敗ガスが溜まっているので、そのガスを取り除くことが求められます。

 

 

ガスを取り除くことができる整腸剤としてはガスピタンが挙げられます。

 

 

製薬会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン、ビフィズス菌

 

値段:18錠入りが1050円

 

用法用量:1回1錠を食前や食間に1日3回飲む

 

有効成分のジメチルポリシロキサン(消泡剤)が腸内のガスを吸収します。おならを出やすくするのではなく、ガス自体を腸内で減らしてしまうのです。服用からおよそ24時間以内にはガスが消失されげっぷが出なくなるほど効き目は早いです。

 

 

ヨーグルト味で非常に飲みやすく、またビフィズス菌も含まれているため整腸作用によって便秘解消にも効果があるとされています。

 

 

ということで以上の3つを試していただければ根本的に便秘を解消することができますし、げっぷも早く止めることができます。

 

 

またげっぷしたくなった時は我慢せずに出すようにしましょう。溜め込むと胃の中で溜まり吐き気に悪化してしまいます。

 

 

ということで便秘とげっぷについてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ