ふんづまり

ふんづまりの原因と解消法について!

ふんづまりの原因と解消法について!

 

 

ふんづまりは直腸まで便はきて、便意があるのですが便が固く、さらに出口の肛門よりも大きいため踏ん張っても出ないという症状です。※『糞詰まり(くそづまり)』とも言います。

 

 

便秘がちな人ほど起きやすいですが、毎日排便できている方もある日突然ふんづまりが生じる可能性があります。

 

 

またふんづまりは便秘の一種なのですが、解消はかなり難しいとされます。ここではふんづまりの原因と解消したいと思います。

 

 

なぜふんづまりが生じてしまう

 

 

ふんづまりが生じてしまうのは大きく分けて3つ原因があります。

 

 

①水分の低下

 

 

ふんづまりの一番の原因はやはり水分が足りないということが挙げられます。※便の水分は70~80%が適切とされますが、60%になると便が固くなってしまいます。

 

 

特に水分は1日1.5~2リットルは飲むようにしましょう。特に冷たい飲み物よりも温かい飲み物を方がふんづまりが柔らかくなりやすいです。

 

 

②不溶性食物繊維

 

 

そしてふんづまりの原因には食べ物も関係していて、特に不溶性食物繊維などの摂りすぎが挙げられます。

 

 

不溶性食物繊維はゴボウやキャベツなどに含まれる栄養素です。野菜は便秘に効くのですが、繊維が固いものは便が固い場合には逆に控えたほうが良いでしょう。

 

 

また食べる時によく噛まないと未消化になり、便を形成する際に固くなってしまいます。食べ物を食べる際にはよく噛んで食べるようにしてください。

 

 

③腸内環境の悪化

 

 

腸内細菌の善玉菌は便を柔らかくする働きがありますが、悪玉菌が繁殖すると便が固くなりふんづまりを生じてしまいます。

 

 

便秘気味な人ほど悪玉菌が繁殖しているので、ふんづまりになりやすいとされます。

 

 

以上のようにふんづまりが生じてしまいます。その他にも便意を我慢すると直腸に便が溜まりくそづまりが生じやすくなります。

 

 

普段、便秘にならない方でも肛門より大きな固い便ができることで突然便秘になるので注意してください。

 

 

ふんづまりの解消法

 

 

まずふんづまりが起きている場合には、無理に踏ん張って出そうとしないでください。どんなにいきんでも、まず出ません。

 

 

無理にいきむことによって、めまいを起こしたり中には脳卒中によって死亡したケースもあります。

 

 

トイレでは1分踏ん張ってみても効果がない場合には使用は控えましょう。ここでは自分でできるふんづまりの解消法を3つほどお伝えします。

 

 

①食事による解消

 

 

原因の項目でも述べたようにも水分は1日1.5~2リットルは飲むようにしましょう。

 

 

特にココアは腸内環境を整えてくれるリグニンという成分も含まれているため、ふんづまり、他便秘に効果的です。飲む際には温かくして飲むようにしていきましょう。

 

 

そして不溶性食物繊維は控え、納豆、わかめなどの水溶性食物繊維を多く摂取するようにしましょう。

 

 

 

 

特に納豆には納豆菌などの乳酸菌も含まれるため、悪玉菌を減らし、反対に善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる作用もあります。

 

 

食べる際にはしっかりとよく噛んで食べるようにしてください。ただし食事では直接的な解消にはあまり効果がないのですが、悪化を防ぐために行っていきましょう。

 

 

②ふんづまりを手でほぐす

 

 

ふんづまりは直腸に大きな塊を作っていると言えます。そこで手で直腸にあたる下腹部の部分をもむようにほぐします。

 

 

すると腸内の便のほんの一部ですがポロッと塊から落ちていきます。すると塊が小さくなりふんづまりが解消されます。またマッサージによって腸も刺激されて便意を感じるようになります。

 

 

※ちなみに管理人がふんづまりになった場合にはこちらの方法でほぼ解消できます。お風呂などで手でぐりぐりと下腹部を押し込んでます。

 

 

③便秘薬

 

 

ふんづまりが生じている場合にはコーラックなどの刺激性便秘薬は服用しないようにしてください。ふんづまりの場合には便意を生じさせても排便することはできません。

 

 

ふんづまりが起きている場合には便の塊を水分によって柔らかくさせることが重要とされます。特に酸化マグネシウムを配合した便秘薬が挙げられます。

 

 

病院を受診した場合にはマグミットやマグラックスが処方されますが、市販では3aマグネシアが該当します。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

効果:服用から8~12時間

 

副作用:軟便、下痢

 

 

3aマグネシアを服用すると酸化マグネシウムが浸透圧に作用して、腸内の便が柔らかくなり、排便されていきます。癖になることもなく妊婦さんのふんづまりにも効きます。

 

 

1日1回(1回3~6錠)就寝前に飲んでいきます。服用からおよそ8時間後には排便できる期待が持てます。

 

 

ふんづまりが生じた場合には以上の方法を試してみるようにしましょう。また踏ん張るときに便を出しやすい体勢としては以下の体勢をとってみてください。

 

 

①トイレで踏ん張るときは上体をできるだけ前に倒して前傾姿勢になりましょう。。

 

②そして片肘を太ももにつけるようにします。

 

③さらにかかとを浮かすようにします。

 

 

これである程度固くて大きい便も排出させやすくすることができます。

 

 

わざと下痢にするのは?

 

 

またふんづまりを解消させるために下痢にさせるのが良いのではないか?と疑問にもたれ方がいらっしゃいますが、実は正しいと言えます。

 

 

3aマグネシアも1日6錠までですが、それより1錠多く服用することで下痢や軟便にさせるのも効果的です。また水も飲みすぎるくらいがちょうどよいとされます。

 

 

ただし下痢で出すよりも軟便がベストとされます。※下痢で出すと腸内細菌も一緒に排出されるデメリットがあります。

 

 

しかしふんづまりを出すために下痢にするというのは解消法の1つと言えます。

 

 

何をしてもダメな場合には

 

 

しかしふんづまりというのは上記の方法をしっかりと行っても出ない場合があります。それほど便秘の中でも厄介と言えます。

 

 

もしふんづまりが解消されない場合には便秘外来や胃腸科を受診しましょう。病院では肛門から特殊なヘラを用いて直接かきだしていきます。

 

 

病院に行くのはちょっとためらってしまいますが、ふんづまりが長引いてしまうと腸が塞がってしまうイレウスという症状も起きてしまいます。

 

 

そうなると大腸を切開して、そこから便を取り除く手術を行っていきます。自分では解消できそうになければ早めに病院に相談するようにしましょう。

 

 

ということでふんづまりの原因と解消法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ