うんこが固い

うんこが固い!?その原因とうんこを柔らかくする方法!

うんこが固い!?その原因とうんこを柔らかくする方法!

 

 

うんこが固いと便意があっても排便することができないという直腸性便秘を引き起こしてしまいます。

 

 

ここではうんこが固い原因とうんこを柔らかくする方法についてでした

 

 

うんこが固い原因

 

 

うんこが固くなる原因というのは大きく分けて3つあるとされます。

 

 

①水分の不足によるもの

 

 

うんこが一番の原因とされるのは水分不足です。特に1日1.5~2リットルの水分が必要とされます。

 

 

1日1リットルしか摂取しない日が続いてしまうと、うんこが固くなってしまいます。夏場などの便秘は水分低下が原因なので注意してください。

 

 

②腸内環境の悪化によるもの

 

 

そしてうんこが固いのは腸内環境が悪化していることも挙げられます。特に悪玉菌が多くなると、悪玉菌はうんこを臭く、固くしてしまいます。

 

 

またうんこが直腸で溜まってしまい、便秘がつづいてしまうと、さらに悪玉菌が繁殖してしまうので注意してください。

 

 

③水溶性食物繊維の不足

 

 

うんこを構成する際には水分が6割、食べ物が3割、腸内細菌が1割という構成になっています。そして食べ物が固いものばかりで構成されていると、水分が足りていてもうんこが固くなります。

 

 

特に食べ物の中で水溶性食物繊維がうんこの固さに大きく関係します。水溶性食物繊維はうんこを滑かに、柔らかくする働きも持っています。

 

 

以上がうんこが固くなる原因となっています。早く柔らかくしないと踏ん張っても出ない直腸性便秘になってしまいますし、またうんこが固いと踏ん張るときに肛門を傷つけて、内痔などを起こす危険性もあります。

 

 

固いうんこを柔らかくする方法について

 

 

うんこを柔らかくする方法として、自分でできて効果的な方法としては4つ挙げられます。

 

 

①飲み物

 

 

水分が足りていない場合には飲み物を積極的に飲んでいくようにします。摂取量は1日1.5リットル、できれば2リットル摂取しましょう。

 

 

そしてうんこが固い時におすすめの飲み物としてはココアが挙げられます。

 

 

 

 

ココアにはリグニンとマグネシウムが配合されています。マグネシムは腸内に水分を吸収してうんこを柔らかくしていきます。

 

 

またリグニンは珍しい成分であり、腸内環境を整える働きを持っています。善玉菌を増やすことによって、うんこも柔らかくすることができます。

 

 

普段の飲み物に加えて、1日2杯ココアを飲むようにしていきましょう。そしてココアを飲むときは冷たい状態よりも温かい状態で飲む方がうんこが柔らかくなりやすなります。

 

 

②水溶性食物繊維

 

 

そしてうんこを柔らかくするためには水溶性食物繊維を摂取することが重要とされます。水溶性食物繊維はこんにゃく、海苔、わかめ、納豆、果物など柔らかい食べ物に配合されています。

 

 

またテレビでうんこを柔らかくするには蒟蒻畑が効果的だと明言されています。

 

 

 

蒟蒻畑だけでも1日1個食べるだけで、水溶性食物繊維はしっかりと摂取できます。

 

 

反対にうんこを固くする、不溶性食物繊維はできるだけ控えるようにしましょう。不溶性食物繊維はゴボウ、ニンジンなど繊維が固い食べ物が挙げられます。

 

 

③腸内環境を整えて柔らかくする

 

 

腸内環境を整えるために、ヨーグルトなどが挙げられますが、できれば整腸剤の方が確実です。※ヨーグルトは乳酸菌が合うか合わないか個人差があり、また即効性に欠けます。

 

 

市販の整腸剤であれば、王道の新ビオフェルミンS錠がやはりおすすめでしょう。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

服用する場合には1日1回就寝前に3錠服用するようにしていきましょう。3つの乳酸菌が善玉菌を増やすことによって、腸内環境が整えられ3日後には柔らかくなっていきます。

 

 

便秘が解消されたり、適度な固さになっても新ビオフェルミンS錠を服用することをおすすめします。ほとんどの方が飲み物、食べ物、整腸剤による対策法で便秘が解消されるでしょう。

 

 

便秘薬を使う場合には酸化マグネシウム

 

 

もし上記の飲み物や食べ物、整腸剤でも効果がなければ、便秘薬を服用していきましょう。※排便できていても便秘の予防のために服用することをおすすめします。

 

 

特に酸化マグネシウム系の便秘薬がおすすめです。酸化マグネシウムは刺激性はなく、腸内の水分を柔らかくすることで便秘を解消します。

 

 

市販の酸化マグネシウムでは3aマグネシアが定番です。※ちなみに便秘外来や胃腸科ではマグミットやマグラックスなどが処方されます。

 

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

効果:服用から8~12時間

 

副作用:軟便、下痢

 

 

3aマグネシアは1日1回就寝前に3~6錠服用していきます。およそ8時間後に柔らかくなり、排便に成功できるでしょう。

 

 

ただし1週間服用しても効果がない場合には、服用は控えるようにしましょう。その場合には病院で診てもらうようにしましょう。

 

 

ということでうんこが固い原因と柔らかくする方法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ