便秘中の排便時の出血について

便秘で血が出るのはヤバい!?【便秘と出血】

便秘で血が出るのはヤバい!?【便秘と出血】

 

 

便秘中に排便したとき、出血してしまうことはありませんか?トイレペッパーにつしている場合や便に鮮血が付着している場合があります。

 

 

出血してしまい何か病気ではないかと不安になりますが排便後の出血するというのは珍しいことではないのです。

 

 

特に便秘中というのは便が固くなってるので出血することが多々あります。しかし腸の病気のサインであるかもしれないので安心はできません。

 

 

ここでは便秘によって出血してしまうのはなぜか?そして血の出方によって病気どうか見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

 

 

便秘の排便時に出血する原因

 

 

便秘中は排便するとよく出血することがありますがなぜなのでしょうか。

 

 

排便時に出血してしまうほとんどは肛門管の付近で起きています。すなわちなんです。

 

 

肛門管は便が漏れ出す役割しているのですが、肛門管の組織は非常に柔らく傷つきやすいのです。

 

 

特に便秘中はかたい便が出ますので、排便時に肛門管を裂けてしまい出血してしまうのです。排便時に出血してしまうのはこのような切れ痔が原因ということですね。

 

 

切れ痔による場合には

 

 

・トイレットペッパーに鮮血が付着している

 

・便にも鮮血が付着している場合もある

 

・トイレで踏ん張ると肛門が痛い

 

・便が細い、便がコロコロしている

 

 

というような症状が出る場合があります。

 

 

 

しかし便秘は大腸がんになる可能性もあり、排便時の出血が実は腸の病気のサインであることもあるので気を付けてください。

 

 

腸の病気の場合

 

 

排便時の出血のほとんどは痔によるものですが、腸の病気が原因ということもあります。

 

 

例えば良性腫瘍や直腸炎、結腸の炎症(遠位結腸炎)などの病気は便秘とともに排便時に出血をしてしまいます。

 

 

病気による出血というのは

 

 

・スムーズに排便できたのに出血している

 

・血がついているのではなく、便そのものが赤黒くなっている

 

 

もし出血が確認した場合にはすぐに病院に行き相談しましょう。

 

 

早期発見できれば治療可能のですので、便秘の方は特に普段の便の観察は怠らないようにしましょう。

 

 

便秘による出血を治すのには

 

 

出血した場合にはボラギノールなどの軟膏を塗るか、新エフレチン坐剤などの座薬によって治すようにしましょう。

 

 

そして便秘により便が固くなって出血している場合には便秘を解消しない限り、切れ痔を引き起こし続けてしまいます。

 

 

切れ痔が続くと肛門潰瘍(切れ痔が潰瘍化してしまう症状)や肛門狭窄(肛門が狭くなる症状)になってしまう場合があります。

 

 

そのため便をやわらかくして便秘を解消するようにしましょう。特に便を軟らかくする方法というのは3つ挙げられます。

 

 

①水分摂取

 

 

基本的に1日の水分摂取量というのは1.5リットルの水分摂取が望まれます。便が固い人はできれば水を1日2リットル摂取するようにしましょう。

 

 

そして朝起きてすぐにコップ1杯(200ml)の水を飲むことによって、腸が活発になりそのまま排便できる場合があります。

 

 

水分補給の際にはつめたい水で飲むよりも温めて飲む方が便も軟らかくなり、内臓の温度も上がるため便秘にjは効果的とされます。

 

 

②水溶性食物繊維を摂取する

 

 

そして便が固い場合には水溶性食物繊維をたくさん摂取するようにしましょう。

 

 

水溶性食物繊維は便を柔らかくして、便をつるんとさせることで腸管を滑りやすくすることができます。

 

 

水溶性食物繊維はわかめ、こんにゃく、納豆などのネバネバした食べ物に含まれます。1日に100gは食べるようにすると3日後には柔らかい便が出やすくなります。

 

 

逆にごぼうやキャベツなどに含まれるのは不溶性食物繊維で、便を固くするため便が固い人には逆効果となるため要注意です。

 

 

便を柔らかくする便秘薬

 

 

便が固い場合には便を柔らかくする酸化マグネシウムを配合した便秘薬を服用するようにしましょう。

 

 

酸化マグネシウムは腸内の浸透圧を変化させて、水分を集める働きがあります。特に市販の酸化マグネシウムでは3aマグネシアが挙げられます。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

効果:服用から8~12時間

 

副作用:軟便、下痢

 

 

服用からおよそ8時間後には排便が促されていき、便秘を解消してくれます。

 

 

また病院で処方される酸化マグネシウム系の便秘薬にはマグラックス、マグミットが挙げられます。

 

 

マグラックス

 

 

製薬会社:吉田製薬株式会社

 

有効成分:酸化マグネシウム

 

値段:1錠5,6円

 

服用法:1日2~4錠を数回に分けて飲む

 

マグミット

 

 

 

 

製薬会社:健栄製薬株式会社

 

有効成分:酸化マグネシウム

 

値段:1錠5,6円

 

服用法:1日3回食前か食後に服用する

 

 

マグネシウム系の代表的な便秘薬のふたつです。副作用もないので、服用するのも一つの手です。

 

 

便秘が解消されれば、出血も治まっていきます。これらの解消法を1週間以上試してみても効果がない場合には胃腸科や便秘外来を受診するようにしましょう。

 

 

ただ便が赤黒い場合には病気の危険性があるのでその場合には病院に行くようにしてください。

 

 

日ごろから便のチェックは欠かさないようにしましょう!ということで便秘における出血についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ