便秘と頭痛の関係性と解消法

【便秘と頭痛は関係あり!?】便秘が引き起こす頭痛の解消法!

【便秘と頭痛は関係あり!?】便秘が引き起こす頭痛の解消法!

 

 

頭痛と便秘はほとんど関係がないように思えるでしょうが、実は便秘と頭痛は大きな関係性があります。

 

 

便秘によって頭痛が引き起こされてしまいます。

 

 

特に女性の頭痛は便秘が原因である割合が約5割と非常にデータがあり、便秘を解消することによって頭痛も治ることが多々あります。

 

 

ここでは便秘がなぜ頭痛と関係するのか?そのメカニズムと便秘と頭痛両方に効く飲み物や食べ物など解消法についてお伝えします。

 

 

便秘でなぜ頭痛が起きるのか?

 

 

便秘になってしまうと腸内に便が溜まった状態になります。

 

 

するとこの便がしだいに腐敗していきやがて、スカトールとインドールと呼ばれる悪質なガスを発生します。※およそ3日間便が溜まると発生し出します。

 

 

このガスが発生すると腸壁から血液へと吸収されて、血液中に毒素が溜まります。そして血液を伝わって、体中に毒素が駆け巡り、筋肉や臓器の動きが低下することで血流が悪くなってしまいます。

 

 

すると頭に送られる血液量が減って、送られてくる血液の質も低いため、筋肉が収縮してしまい頭痛が引き起こされるのです。

 

 

便秘になってからおよそ3~5日後ほど頭痛も襲ってくるケースが多いです。頭痛だけでなくめまい、立ちくらみ腰痛や肩こりなども女性の場合には便秘がほとんどの原因とされています。

 

 

以上のように便秘によって頭痛が引き起こされてしまいます。単純に便秘によって血行不良になることでも頭痛になります。

 

 

ですのでこれを解決する場合には諸悪の原因である便秘を解消することがまず第一とされます。

 

 

便秘と頭痛の両方に効く解消法

 

 

便秘を解消するのにも時間がかかるため頭痛を和らげながら便秘も解消するのが効果的とされます。

 

 

両方に効く解消法を3つほど紹介しますので試してみてください。

 

 

①便秘と頭痛に効く食べ物

 

 

便秘と頭痛に効く食べ物としてはマグネシウムを多く含んだ食べ物がおすすめとなります。

 

 

マグネシウムは血管の収縮を抑えてくれ、さらに腸内に水分を集める働きがあり、便秘と頭痛両方に効いていきます。

 

 

具体的には納豆やニンジンが挙げられます。

 

 

納豆はマグネシウムが豊富で、水溶性食物繊維も含んでおります。また納豆菌が腸内の腐敗した便やガスを分解してくれるためかなりおすすめです。

 

 

人参はマグネシウムが豊富に含まれ、さらに不溶性食物繊維も含んでいます。不溶性食物繊維は便を固く、大きく形成する働きを持っており、便秘解消には効果的とされます。

 

 

また頭痛を悪化させる食べ物としては脂っこいもの、チョコレートなどの甘いもの、糖質を多く含んだものなどが代表的ですので極力食べないようにしましょう。

 

 

②便秘と頭痛に効く飲み物

 

 

便秘解消や頭痛を和らげるのに効果があるのはカフェインです。

 

 

カフェインには毛細血管を拡張させる働きを持っており、頭痛を和らげてくれます。またカフェインは大腸の腸壁を刺激することによって、便を押し出すぜんどう運動を促す働きも持っています。

 

 

しかしコーヒーなどはカフェインの配合量が多く、大腸を刺激しすぎてしまい、下痢や腸の自然な運動を奪ってしまいます。ですので適度にカフェインが含まれたものが良いです。

 

 

飲み物の中では便秘の原因にならず、頭痛にも効いてくれる飲み物としてはココアがおすすめとされます。

 

 

ココアは100mlでも10mgほどのカフェインが含まれており、少量ですが頭痛を和らげるには十分な量とされます。

 

 

またリグニンと呼ばれる成分が腸内の善玉菌を増やす働きがありますので腸内環境が整い便秘を解消するのに効果的です。

 

 

便秘と頭痛が起きている時に飲んではいけない飲み物としてアルコール類が挙げられます。アルコールは血管を収縮させる働きがあるため頭痛を悪化させるので控えるようにしてください。

 

 

③腐敗ガスを吸収する整腸剤

 

 

また慢性的な便秘と頭痛が起きているのは腐敗ガスによる可能性が高いです。そこで腐敗ガスを吸収することができる整腸剤を服用するようにしましょう。

 

 

市販の整腸剤ではガスピタンが効果的とされます。

 

 

製薬会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン、ビフィズス菌

 

値段:18錠入りが1050円

 

用法用量:1回1錠を食前や食間に1日3回飲む

 

ジメチルポリシロキサンは消泡剤としての効果があり、腸内に溜まったガスを吸収してそのまま消失させます。※おならも出ません。

 

 

ガスが吸収されて、脳へ送られることもなくなり頭痛が軽減されます。また乳酸菌も配合されており整腸作用によって便秘解消の効果も得られるのおすすめです。

 

 

頭痛薬と下剤の服用はできるだけ控える

 

 

頭痛薬や下剤を服用するのはできるだけ避けましょう。

 

 

頭痛薬を服用することで副作用によって腸の運動を鈍くさせてしまう働きがあるとされています。さらに下剤を服用すると、筋肉を無理に動かして血管の収縮をさせてしまい頭痛を悪化させてしまいます。

 

 

便秘に効いても頭痛を悪化させ、頭痛に効いても便秘を悪化させるという悪循環ですので、できるだけ刺激性の下剤には頼らないようにしましょう。

 

 

以上の解消法を1週間ほど継続してみると効果が実感できることがほとんどです。

 

 

頭痛がひどい場合にはお風呂に入るようにしましょう。お風呂で体があたたまると血流がよくなり頭痛が和らぎます。また血の巡りが良くなるので便秘にも効果的です。

 

 

ということで便秘と頭痛の関係と解消法でした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ