便秘に伴う発熱について

【特に幼児は危険!】便秘に伴う発熱と解消法を紹介!

【特に幼児は危険!】便秘に伴う発熱と解消法を紹介!

 

 

便秘と発熱がともに起こるといことは珍しいことではありません。特に幼児に多い症状とされますが大人にも起こりえます。

 

 

便秘や発熱だけでなく、他にも何か疾患を引き起こしている可能性もあるので注意しなければいけません。

 

 

ここでは便秘と発熱が起こる原因とどのように改善していけばよいのかお伝えしたいと思います。

 

 

発熱と便秘が起こる原因

 

 

便秘を伴う発熱の原因としては大きく分けて4つあるとされています。

 

 

①脱水症状

 

 

発熱が便秘を引き起こしてしまうパターンが一般的に一番多いとされます。

 

 

発熱によよって汗がいつもの2倍は出ますので腸内の水分も汗として排出されてしまいます。すると脱水症状が起きて便が固くなってしまい便秘を引き起こしてしまいます。

 

 

また発熱によって食欲が落ちてしまい、体も動かせなくなくなってしまいます。すると腸の運動が鈍くなってしまい熱が引いた後でも便秘が続きやすくなります。

 

 

特に直腸内で便が固まってしまう直腸性便秘を引き起こしてしまいやすいので、発熱によって汗をかいている場合にはしっかりと水分を補給する必要があります。

 

 

②解熱剤や風邪薬の副作用

 

 

また発熱や風邪の症状を抑えるために薬を服用することがありますが、これらの副作用によって便秘を引き起こすことがあります。

 

 

特に風邪薬や解熱剤は総合感冒薬とされており、あらゆる発熱や風邪、咳、鼻水などあらゆる症状を抑える働きを持っています。しかしそれゆえ胃腸の器官も抑えてしまうことがあり、これにより腸の運動を停滞させてしまいます。

 

 

病院で処方されるカロナールという解熱剤や市販の風邪薬でもパブロン・ルル・コルゲンコーワなども副作用に腸の運動を鈍くさせてしまいます。

 

 

このようにもし発熱で薬を服用している場合には副作用として便秘を生じてしまいます。

 

 

③便秘による免疫力の低下

 

 

そして最後は便秘によって発熱を引き起こしているパターンです。特に悪玉菌が繁殖して腸内環境が悪化していることがあります。

 

 

腸は免疫力や細菌からの抵抗力を持っているため、腸内環境が悪化してしまうとそれらが極端に落ちてしまいます。すると風邪菌に感染して発熱が発生し、もちらん便秘も生じてしまいます。

 

 

特に赤ちゃんや幼児は免疫力が低下するとすぐに発熱を起こすので注意してあげなければいけません。

 

 

④胃腸の病気によるもの

 

 

そして4つめが胃腸の病気によって便秘と発熱を引き起こしている場合です。大人が圧倒的に多く子供はほとんど心配いらないとされます。

 

 

具体的な病名としては腸炎や潰瘍性大腸炎のようなものが挙げられます。。

 

 

・腸炎というのは発熱した場合には38度ほどになり、便秘とともに下腹部に痛みが生じてしまいます。

 

 

・潰瘍性大腸炎の場合には大腸の粘膜が炎症を起こすことで生じて便秘と発熱に襲われる病気です。

 

 

発熱とともにかなり激しい腹痛が生じます。もし腹痛などがなければ胃腸の病気の可能性は低いとされます。ただし何か違和感を感じた場合にはすぐに胃腸科を受診しましょう。

 

 

ということで便秘と発熱が生じた場合には以上の4つが原因として考えられます。

 

 

便秘と発熱の解消法

 

 

①水分摂取

 

 

便秘と発熱を引き起こしている場合には水分摂取が最も大切となります。ただし発熱の際の水分摂取にはいくつか注意点があり、正しい水分補給をご紹介します。

 

 

①飲み物は常温の水かミネラルウォーターにします。

 

 

②お茶やジュースというのは栄養が分解されてから水分が吸収されるためおすすめできません。

 

 

③そして1度にたくさん飲むのではなく、コップ1杯の水を小まめに飲むことが大切です。

 

 

④最低でも1日1.5リットル、できれば2リットルを摂取するようにしてください。

 

 

とりあえず便秘と発熱を引き起こしているのであれば、水分だけはしっかりと摂取しましょう。
熱が下がり始めたら汗もひきますので、便秘も解消されていきます。

 

 

②食事

 

 

便秘と発熱を引き起こしているときは、いつも通り食事をとれているのであればそのままにしましょう。しかし食欲不振であればとにかく何か口に入れることが大切です。

 

 

胃腸科の先生曰く、バナナ、ヨーグルトなどは子供食べやすく、腸内環境も整うため非常におすすめとされます。

 

 

 

 

その他にはうどんやそばなど食べやすく消化に良いものを食べていきましょう。※食物繊維は大量に摂取する必要があるため食欲がない子供には厳しいためおすすめできません。

 

 

何もたべていないと体力が低下しますし、腸の動きも鈍くなるのでしっかりと食べていきましょう。

 

 

③腸内環境を整える

 

 

さらに発熱により免疫力が低下していると、腸内環境も悪化しているため、これを正常にする必要があります。大人の場合には整腸剤を摂取するのが効果的で、とりあえずビオフェルミンを服用することをおすすめします。

 

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり9錠飲む

 

 

3日間服用するだけで腸内環境は整っていきますので、発熱の時以外にも服用してみてください。

 

 

整腸剤を使用できない幼児や赤ちゃんの場合にはオリゴ糖を食べさせてあげるようにしましょう。

 

 

 

 

オリゴ糖ならばお水に5g混ぜて飲むだけで、善玉菌を増やすことが可能となります。
もちろん副作用もありませんし、子供の腸内環境をやさしく整えてくれます。

 

 

現在はスーパーでも売られていますので、飲み物やヨーグルトに入れて食べさせてあげてください。オリゴ糖を与えながら、ゆっくり安静にすれば早くて2,3日で便が出るようになるでしょう。腸内環境を整えて、便秘による毒素を排出することができれば、熱も下がりやすくなります。

 

 

ということで便秘と発熱の対策法についてでした

 

 

子供で熱が生じたらすぐに小児科に連れていきましょう。また大人の場合には微熱であればそこまで心配いりませんが、高熱や激しい腹痛がある場合には内科を受診するようにしましょう。

 

 

ということで発熱を伴う便秘の原因と解消法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ