便秘による腹痛の解消法

便秘による腹痛を即効で解消する!【知らないと怖い便秘による腹痛】

便秘による腹痛を即効で解消する!

 

 

便秘が原因で腹痛に悩まされることは決して珍しいことではありません。軽度の便秘でも腹痛は引き起こされます。特徴としてはお腹がボコボコと鳴り、腸がウネウネと動くのがわかります。また体を丸めると腹痛が和らぎ、体を反らすと腹痛が増すとされます。

 

 

便秘の症状が進行するほど腹痛も激しくなり、放っておくと耐えらないほどの腹痛に襲われるので、早いうちから対処するのにこしたことはありません。

 

 

ここでは便秘による腹痛の原因と解消法についてお伝えします。

 

 

便秘が腹痛を引き起こす原因

 

 

実は便秘による腹痛は2種類あるとされています。1つは腐敗ガスによる腹痛、2つめは腸が痙攣して起こる腹痛です。

 

 

腐敗ガスによる腹痛

 

 

便秘により腸内に便が溜まり、3日ほど経過すると便が腐敗していきます。するとその便からインドールとスカトールと呼ばれる腐敗ガスを分泌してしまいます。

 

 

腸内にこれらのガスが溜まってしまうと、腹部や臓器を圧迫してしまいます。これにより腹痛という症状となってあらわれるのです。冒頭でも述べたように体を反らすとガスによる圧迫が余計に強くなってしまいます。

 

 

腐敗ガスによる腹痛の特徴としては①腹部膨張感もあり、②常にお腹が痛く、③そして便意は起きないのがポイントです。便秘が続いてしまうほど腸内のガスも溜まるので腹痛はさらに痛くなってしまいます。

 

 

またガスは腸壁を通り抜けて血液に入り込み、全身に腐敗したガスが
いきわたることで肩こりや腰痛などの原因にもなっているので注意してください。

 

 

②腸が痙攣して起こる腹痛

 

 

下痢の時は激しく腸が動いて、痙攣している状態となります。
皆さんもご経験があるかと思いますが、激しい腹痛に襲われます。

 

 

そして便秘時でも、いきなり腸が痙攣することがあり激しい腹痛に襲われます。特に便が固くなって直腸に溜まるという直腸性便秘に起きやすい症状です。ただ便が固くなっているため、なかなか出ない場合が多いです。

 

 

便秘による腹痛は以上の2つによって起きるとされます。便意があって、腹痛がある場合には腸が痙攣していると言え、それ以外は腐敗ガスによるものであるとされます。

 

 

では次に便秘と腹痛の両方を解消する方法をお伝えします。

 

 

便秘による腹痛の解消法

 

 

基本的に腹痛を和らげながら、根本の原因である便秘を解消していくことが大切です。
特に効果的な方法を5つの方法をご紹介させて頂きます。

 

 

①ガス抜きマッサージ

 

 

便秘による腹痛の解消法はやはり腸内運動を活発にて便やガスを排出することです。特にマッサージの中でも効果があるのの字マッサージを試してみましょう。

 

 

 

 

①のの字マッサージはおへその中心からクルクルと腸の形にそってやさしく撫でるようにマッサージをします。

 

 

②タイミングとしては朝起きてすぐかお風呂上りに行いましょう。

 

 

③3~5分ほどくるくるしてみましょう。腸が痙攣している場合には、痙攣を抑えます。

 

 

④またトイレで踏ん張る場合にも『のの字のマッサージ』を行うと便意時の腹痛も抑えられ、排便もしやすくなります。

 

 

腹部が温まり腸が動き出すので、便秘にも腹痛にも効果があります。また寝ながら行うことでより、腹痛を和らげることが可能です。そして普段寝るときは体を丸めて寝た方が腹痛を抑えることができます。

 

 

②腹痛を和らげるツボ

 

 

 

 

合谷(ごうこく)と呼ばれるツボです。便秘の腹痛に効果的なツボなので、このツボを刺激すると、若干ですが楽になると思います。

 

 

①刺激方法は親指と人差し指でつまむようにツボをゆっくり刺激しましょう。※押すと若干痛いくらいで!

 

 

左右両方1分ほど行ってみてください。

 

 

③腹痛がきたら体を丸くしてうずくまり、手のツボを押すようにしてみるにしましょう。

 

 

③便秘の腹痛に効果的な食べ物

 

 

 

 

食べ物としては特に食べるとおならが出ると言われるさつまいもを食べていきましょう。さつまいもを食べるとおならが出やすくなるのは本当のことです。

 

 

さつまいもに含まれるレジスタントスターチという成分がガスを出しやすくしてくれます。またヤラピンという食物繊維もガスを吸収する働きを持っており、さらに便を大きくさせることで便意を促すのに効果的です。

 

 

ガスを抜くことが大切なので1日半分のさつまいもを食べていくようにすると便もガスも一緒に排出できるのでおすすめです。逆にタンパク質はお腹の中でガスを発生させるため肉類などは控えるようにしましょう。

 

 

④腹痛と便秘に効く飲み物

 

 

腸が痙攣している場合の便秘には温かい飲み物がおすすめです。温かいものを送ってあげると痙攣した腸を安定させることができます。

 

 

特に温かいお水(白湯)でも良いのですが、便秘に対して効果的な飲み物としてはココアが挙げられます。

 

 

ココアにはリグニンと呼ばれる整腸作用のある成分が含まれており、腸内の善玉菌を増やすことで腸内環境を整えることができます。

 

 

また飲み物は直に腸を温めることができますが、カイロなどで間接的にお腹を温めるだけでも十分効果的とされます。逆に冷たい飲み物やお腹を冷やすとお腹をより痙攣させてしまい腹痛が悪化してしまいます。

 

 

⑤便秘と腹痛に効く整腸剤

 

 

ガスを吸収させる効果がある整腸剤を服用することで
腸内環境が整い、便秘も腹痛も解消できるのでおすすめです。

 

 

市販の整腸剤ではガスピタンが挙げられれますのでそちらを試してみてましょう。

 

 

製薬会社:小林製薬

 

有効成分:ジメチルポリシロキサン、乳酸菌

 

値段:18錠入りが1050円

 

用法用量:1回1錠を食前や食間に1日3回飲む

 

2~3日服用することで腸内のガスが吸収され、
さらに腸内環境が整ってくるので非常におすすめです。

 

 

ということで腹痛が起きたら以上の5つを上から順番に試してみてください。
ほとんどは整腸剤もいらずにマッサージや食べ物、飲み物で

 

 

腹痛が伴う便秘は非常につらいですが、食生活を改善し便秘を解消することですぐに同時に腹痛も改善していきますので安心してください。

 

 

ただそれでも腹痛や便秘がおさまらない場合や立っていらないほどの腹痛で起こる場合には
病気の可能性や腸のねじれの可能性もあるので便秘外来か胃腸科を受診しましょう。

 

 

以上、便秘による腹痛の原因と解消法でした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ