便秘とむくみ

便秘がむくみを引き起こす!?便秘とむくみの関係!

便秘がむくみを引き起こす!?便秘とむくみの関係!

 

 

むくみの症状を引き起こす原因として便秘が挙げられます。

 

 

便秘によるむくみは特にお腹周りがむくんだり、下半身が重たくなることが特徴的とされています。

 

 

便秘とむくみには深い関係があって、むくみの人の約7割が便秘にも悩まされているというデータがあります。

 

 

むくみと便秘は女性が圧倒的に多いのが特徴的ですがここでは便秘とむくみの関係と両方を解消する方法についてお伝えします。

 

 

なぜ便秘がむくみを引き起こす?

 

 

なぜ便秘になるとむくみが発生するのでしょうか?

 

 

便秘になることで、体内に溜まった便が悪臭のスカトールやインドールという腐敗ガスを排出して腸内に充満してしまいます。※およそ3日間便が出ないと便が腐敗しはじめガスが分泌されます。

 

 

するとこの充満した腐敗ガスが下腹部の静脈やリンパ管を圧迫してしまうのです。

 

 

リンパと静脈が圧迫されると血液が流れが停滞してしまい、水分が一部分に溜まることによってむくみが生じてしまうのです。

 

 

これが便秘が原因でむくみになってしまう理由です。また充満したガスが圧迫することによって腹痛や腰痛の原因にもなるので注意です。

 

 

便秘によるむくみで特に注意が必要な方は立ちっぱなしや座りっぱなしの方です。特にデスクワークの方がなりやすいです。

 

 

同じ姿勢のままでいると、リンパや静脈のポンプ運動が停滞して老廃物を送ることができなくなってしまうため、そこで詰まってしまう危険が高まりますので、むくみを悪化させる危険があります。

 

 

以上により便秘がむくみの原因となる理由です。

 

 

特に女性は便秘を引き起こしやすので、それに伴ってむくみを生じてしまいやすいとされます。

 

 

便秘によるむくみを解消する方法

 

 

基本的に血流を促進させることでむくみは解消しますので便秘をまず解消するようにしましょう。こちらでは両方を効率的に解消する3つの方法をお伝えします。

 

 

①便秘とむくみに効く食べ物

 

 

便秘によるむくみはやはり食生活を見直すことが重要です。

 

 

もし現在便秘とむくみに両方悩んでいる場合は、辛い物や脂っこいものを食べてはいませんか?辛い物や脂っこいものを食べていると、体液の濃度があがってしまいリンパ管の中が詰まりやすくなってしまいます。

 

 

もし便秘とむくみを解消するのならば、このような辛い食べ物や、脂っこい食べ物また塩辛いものも控えるようにしましょう。そしてマグネシウムとカリウムを含んだ食べ物を食べてください。

 

 

マグネシウムは水分を腸内に吸収させて便を柔らかくしてくれます。またカリウムは体内の塩分濃度を下げて尿として排出させます。

 

 

マグネシウムとカリウムを含んだ便秘とむくみに効く食べ物というと、納豆やきゅうりが挙げられます。

 

 

 

 

納豆には豊富にマグネシウムが含まれています。さらに便秘に効果的な食物繊維とオリゴ糖も含まれているため整腸効果を促し、体内の血流を促進させることができます。

 

 

3日に1回でもよいので朝食として納豆を食べる、かなり便秘やむくみに効いてくると実感できるかと思います。

 

 

 

 

きゅうりはむくみ解消に効果がある食べ物として非常に有名です。またきゅうりは水溶性食物繊維と水分を含んでいるので積極的に食べるようにしてください。

 

 

水溶性食物繊維は便を柔らかくして便秘解消に効きますし、また血中の塩分を吸収する働きがあるためむくみにも効果があります。

 

 

1日半分のきゅうりを食べるようにしてみてください。またきゅうりと似た効果を持つ食べ物にはスイカが挙げられます。

 

 

②水分摂取

 

 

そして大事なのは水分摂取です。一見むくみは水分が集中しておきる症状なので、水分を過剰に摂取しているのが原因ではありません。

 

 

逆に水分を摂取することで血流を促進できるのでむくみに効果的ですしさらに便秘解消には欠かせないので、普段の生活でたくさんの水分を摂取しましょう。

 

 

目安は1日1.5リットル~2リットルを摂取するようにしましょう。

 

 

またむくみと便秘に効く飲み物として、マグネシウムを含んだココアをおすすめします。

 

 

 

 

ココアには100g中440mgもマグネシウムが含まれています。1日に必要なマグネシウムは300mgなのでなんとココアを1杯飲むだけで摂取できてしまいます。

 

 

またココアにはリグニンという成分が含まれています。リグニンは大腸内の善玉菌のエサとなることで腸内環境を整える働きを持っています。

 

 

③ウォーキング

 

 

 

 

ウォーキングは腹筋を鍛えられ、全身の血流を促進させることができるので、便秘とむくみの両方に効果的とされます。

 

 

自律神経も安定するため、ストレス解消になり胃腸の運動も安定させることができます。1日30分ウォーキングするだけでも効果的とされますので是非試しみてください。

 

 

食事や運動でむくみと便秘を解消していきましょう。1週間もすると効果が感じられるかと思います。

 

 

また立ちっぱなしや座りっぱなしの人は、一定時間に休憩をとったり体を動かすことで、体をほぐし血行を良くすることでむくみも便秘にも解消として効果の期待が持てるでしょう。

 

 

ということでむくみと便秘の関係についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ