便秘とニキビや肌荒れ

便秘による肌荒れやニキビになってしまう!?

便秘による肌荒れやニキビになってしまう!?

 

 

女性の多くの悩みのひとつである便秘ですが、この便秘がニキビや肌荒れの原因になってしまう場合があります。

 

 

スキンケアなどをしっかりと行っているのにニキビや肌荒れができる方約6割が腸内環境の問題であると指摘されているほどです。

 

 

特に顎周りや口周りにニキビ、肌荒れが起きている方というのは腸内環境の乱れの可能性が高いです。

 

 

ここではなぜ便秘が肌荒れやニキビの原因になってしまうのか?そして便秘と肌荒れ両方に効果のあることをお伝えします。

 

 

なぜ便秘がニキビ、肌荒れになるのか?

 

 

便秘によってニキビや肌荒れが起きる要因は大きく分けてふたつあります。

 

 

①腐敗ガスによるターンオーバーの停滞

 

 

便が出ない日数が3日を超えたあたりから、腸内にある便がスカトールとインドールと呼ばれる腐敗ガスを発生させます。

 

 

腐敗ガスが充満すると腸壁を通り抜けて血液に侵入していきます。すると血液が腐敗することによって血流が停滞してしまうのです。

 

 

血流が滞ることで、新しい肌を作り出そうとするターンオーバーという体内の働きを阻害してしまいます。すると肌の入れ替えも行われることもなく、古い角質がいつまでも皮膚の表面に居座ることで肌がボロボロになり毛穴も詰まることから肌荒れやニキビができてしまいます。

 

 

腐敗ガスはニキビや肌荒れだけでなく、腰痛や腹痛の原因にもなるため注意しなければいけません。

 

 

②腸内環境の悪化による消化不良

 

 

便秘によって悪玉菌が増えて、善玉菌が減ってしまい腸内環境が乱れてしまうことによって、腸の消化機能が働かなくなってしまいます。

 

 

ニキビや肌荒れに効果的な栄養素として、ビタミンB1、ビタミンB2ビタミンCが挙げられます。

 

 

これらを摂取して肌荒れやニキビを治したり、予防しようと思っても栄養素として消化吸収する腸が弱っていると全く意味がありません。

 

 

さらに便秘になってしまうと体の中に毒素が溜まり、腸内環境が悪化してしまいます。すると内臓がうまく働かず、食べ物をうまく消化できなくなってしまい、負の連鎖に陥ってしまいます。

 

 

以上の2つの理由によって便秘になると肌荒れやニキビができてしまいます。腸内環境を整え便秘を解消しない限りニキビや肌荒れは一向に改善ませんので、要注意です。

 

 

ではニキビや肌荒れ、そして便秘の両方に現在悩んでいる方のためにこのふたつを解消するための効果的な方法をご紹介します。

 

 

ニキビ、肌荒れ、便秘全てに効果がある方法

 

 

便秘を解消しながら且つニキビや肌荒れにも効果のある具体的な方法をお伝えしたいと思います。

 

 

①食べ物

 

 

食べ物の場合には食物繊維とビタミン類を両方豊富に含んでいるものをたべるようにしましょう。

 

 

具体的には野菜ではピーマン、モロヘイヤなどが挙げられます。

 

 

 

 

ピーマンやモロヘイヤはビタミンB1、B2ともに含まれており、食物繊維も豊富に含まれていることから便秘と肌荒れ両方に効果的です。

 

 

また果物ではプルーンが便秘解消におすすめです。

 

 

プルーンはビタミンCを含んでおり、さらに不溶性食物繊維と水溶食物繊維の両方をバランスよく含んでいるため果物では一番おすすめです。

 

 

食事の際に1日1品でも加えるようにしてみてください。またプルーンならばプルーンエキスを購入してヨーグルトに入れれば簡単に摂取できますし、ヨーグルトの整腸効果も期待できます。

 

 

その他にもりんごやみかん、バナナなども食物繊維とビタミンを豊富に含んでいるため便秘解消にはおすすめです。またジュースを飲むことでたくさんビタミン類を摂取できますし、水分も摂取することができるのでおすすめです。

 

 

整腸薬はエビオス錠を飲む

 

 

また腸内環境を整えるのに整腸剤を服用するのが効果的ですが、特に肌荒れやニキビにも効く整腸剤としてエビオス錠が非常におすすめです。

 

 

製薬会社:アサヒフードアンドヘルスケア

 

有効成分:ビール酵母

 

値段:600錠入りが870円

 

用法用量:1日に3回食後に1回あたり3錠飲む

 

エビオス錠は胃腸薬として有名ですが、実は栄養補助食品でもあり、ビタミンも肌荒れに効果的でなビタミンC、ビタミンB類を補うことができます。

 

 

またエビオス錠にはビール酵母という酵母が含まれており、善玉菌を増やすことによって、腸内環境が整いますし消化不良にも効果が発揮しますので他の整腸薬よりもおすすめです。

 

 

便秘の場合には1週間、そしてニキビや肌荒れの場合にはターンオーバーが促されるのおよそ28日なので、1か月は継続して服用するのがよいでしょう!

 

 

※便秘が解消された後もエビオス錠を服用することで、ニキビ、肌荒れ、便秘を予防できるのでおすすめです。

 

 

ということで便秘と肌荒れ、ニキビを両方に効果的な方法でした。

 

 

便秘による肌荒れやニキビは内側からのケアですので、時間はかけていく必要があります。そのため薬を塗りながら、腸内環境を整えるという同時進行で行っていきましょう。

 

 

以上、便秘による肌荒れやニキビになる原因と対策法でした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ