カルシウムと便秘はどんな関係がある?

カルシウム不足も便秘の原因になりうる!?

カルシウム不足も間接的に便秘の原因になりうる!?

 

 

カルシウムといえば、骨や歯の形成には欠かせない栄養素であり、
思春期なんかはカルシウムで身長が伸びると言われてきました。

 

 

そんなカルシウムですが、便秘とはあまり関係なさそうに見えるかと思います。
実はカルシウムが不足すると便秘になりやすい体質になります。

 

 

ここではカルシウムが便秘に与える効果と便秘に効く
カルシウムの摂取方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

カルシウムは便秘の原因に!?

 

 

実はカルシウムは不足しても便秘になるし、過剰に摂取しても
便秘になりやすくなるという少し厄介な栄養素なのです。

 

 

カルシウム不足により便秘

 

 

カルシウムが不足してしまうと骨粗しょう症などの
病気にかかりやすくなりますので、しっかりと摂取することが重要です。

 

 

というのはカルシウムが不足すると背骨にゆがみが生じ、
腸が圧迫されることによって便秘になるのです

 

 

このようなメカニズムによりカルシウムが不足して便秘になってしまうのです。

 

 

カルシウムの過剰摂取による便秘

 

 

逆にカルシウムを摂取しすぎてしまうと便秘になることもあります。

 

 

カルシウムを大量に摂取することによって腸管内で吸収される際、
腸内の水分も一緒に吸収してしまうようになるのです。

 

 

これにより便が固くなってしまい、便秘を引き起こしてしまいます。
特に腸の運動が鈍る弛緩性便秘や直腸に便が溜まる直腸性便秘になってしまいます。

 

 

またカルシウムに耐性がない人ほど便秘になりやすくなるのです。

 

 

便秘にならないためのカルシウム摂取法

 

 

カルシウムの摂取量

 

 

カルシウムは多すぎても不足しても便秘になりますが
日本人のほとんどが不足しているのが現状とされています。

 

 

特に女性の場合にはカルシウムが不足しがちです。

 

 

女性の1日のカルシウム摂取量の目安というのは1日600mgですが
ほとんどの女性は平均520mgしか摂取していません。

 

 

 

 

たった80mgの不足に見えますが、1日の不足が積み重なることによって
1年では牛乳132本分も不足してしまうのです。

 

 

おすすめのカルシウム摂取法

 

 

カルシウムも補えて便秘解消に効果があるとすれば、
オーソドックスですが牛乳がおすすめとされています。

 

 

 

 

牛乳を1日にコップ3杯を飲むことによって、1日のカルシウムの摂取量を簡単に補えますし、
水分を吸収することによって便もやわらかくなり、便秘解消に非常に効果があります。

 

 

また牛乳にはオリゴ糖が含まれていますので、腸内の善玉菌の
エサを増やす働きをして、腸内環境を整える働きがあります。

 

 

※カルシウムの過剰摂取に気をつけるべきはサプリメントを服用している方です。
普通の食事をしていて、カルシウム過多になることはほとんどありません。

 

 

ですから「なんで私便秘なんだろう…?」という女性はもしかしたらカルシウム不足の
可能性なのかもしれませんので、自分のカルシウム摂取量を見直してみてください。

 

 

 

ということでカルシウムと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ