便秘と乳酸菌ショコラ

乳酸菌ショコラの便秘への効果と食べ方について!

乳酸菌ショコラの便秘への効果と食べ方について!

 

乳酸菌ショコラはロッテから発売されている乳酸菌をチョコレートに包むことによって乳酸菌を100倍届けやすくした整腸効果のあるお菓子ですね。

 

 

実際に乳酸菌ショコラを食べてみたところ、特にヨーグルト風味などはなくて明治の板チョコとほとんど同じ味でおいしいです。

 

 

 

 

ショコラといって生チョコをイメージしますが、生チョコというわけではなく、普通の板チョコです。明治の板チョコと似ていますね。

 

 

そしてこの乳酸菌ショコラは乳酸菌が使われているということですが便秘に対して効果があるのでしょうか?

 

 

ここでは乳酸菌ショコラの成分から便秘への効果とそしておすすめの食べ方についてお伝えします。

 

 

乳酸菌ショコラの便秘への効果

 

 

まずは乳酸菌ショコラの原材料を見てみましょう。

 

 

 

原材料:砂糖、全粉乳、カカオマス、ココアパウダー、植物油脂、
乳酸菌末、乳化剤、香料

 

 

注目してほしいのは乳酸菌末、カカオマス、ココアパウダーです。これらの成分が便秘に対して効果的とされます、

 

 

①乳酸菌末

 

 

乳酸菌末は善玉菌のエサとなることで善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで便秘に効きます。

 

 

ただ乳酸菌は胃酸に弱く、腸に届く前に胃酸によって死滅してしまいます。

 

 

しかし乳酸菌ショコラはチョコレートでコーティングすることで胃酸によって死滅することなくチョコレートでカバーしない場合と比べて100倍も腸に届きやすくなっています。これは人口胃液による臨床実験によってしっかりと結果が明らかになっています。

 

 

このように乳酸菌ショコラはチョコレートで乳酸菌を届けやすくし整腸効果を促します。

 

 

ただ乳酸菌といってもビフィズス菌末、フェカリース菌末、アシドフィルス菌末など様々な種類があるのですが、乳酸菌ショコラには乳酸菌末しか明記されていません。

 

 

明記されていないということは独自の乳酸菌が配合されているわけではないということなので、そこは残念であります。※乳酸菌が体内の腸と合わない場合には効き目はほとんどありません。

 

 

②カカオマス

 

 

そして乳酸菌ショコラはチョコレートが使われていますが、チョコレートも便秘に対して効果があるとされています。

 

 

チョコ―レートに含まれるカカオマスには食物繊維が含まれています。

 

 

カカオ70%の場合100gで24gも含まれており、これは緑黄色野菜以上に食物繊維が含まれています。

 

 

1日に必要な食物繊維というのは男性で19g以上、女性で17g以上必要で、日本人は平均5g不足しているとされます。

 

 

ですので乳酸菌ショコラを約20g(食物繊維5g)食べるだけで食物繊維の不足を解消することができます。

 

 

またチョコレートの適度な油分によって便を滑りやすくする効果があるとされます。このようにチョコレートも実は便秘に効果があります。

 

 

③ココアパウダー

 

 

ココアパウダーにはリグニンが含まれており、これが善玉菌のエサとなります。乳酸菌だけでなくリグニンによっても腸内環境を整える働きがありますので便秘に効きます。

 

 

またリグニンには腸の運動を活発にする作用があり、ココアを飲むとうんちがしたくなるのはリグニンによる作用です。

 

 

 

 

以上のように乳酸菌ショコラは便秘に対して効いていきます。チョコーレートそのものも便秘に効くということでダブルで効果があります。

 

 

特に腸内環境が鈍くなっている方、便意が感じられない方に効果的です。逆に直腸内で便が固くなっている直腸性便秘には効き目の期待値は低いです。

 

 

効き目としてはおよそ3日間で腸内環境は整っていきます。さらにリグニンは早いと4時間ほどで効き目が得られます。

 

 

まとめ

 

 

たしかに乳酸菌ショコラは便秘に対して高い効果があると言えます。しかし『乳酸菌』としての優秀さは正確に分かりません。

 

 

もし乳酸菌をしっかりと摂取したい場合には整腸剤のビオフェルミンを服用する方が効果は高いと言えます。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から1~2日

 

値段:45錠450円

 

副作用:なし

 

乳酸菌でもこちらは3種類の乳酸菌が働くので乳酸菌ショコラよりも整腸効果は期待できます。

 

 

値段も乳酸菌ショコラは310円なのに対してビオフェルミン錠は45錠で450円とそこまで変わらりません。

 

 

しかし普段のお菓子を食べる時に他のチョコ―レートではなく乳酸菌ショコラを食べることで便秘に対しては明らかに効果的です。

 

 

乳酸菌ショコラの便秘への食べ方

 

 

乳酸菌ショコラで便秘を解消する場合には普通の板チョコタイプとアーモンドタイプがあります。

 

 

便秘解消の場合にはできればアーモンドタイプにしましょう。

 

 

 

アーモンドには食物繊維とビタミン類が豊富に含まれているので板チョコタイプよりはアーモンドタイプがおすすめです。

 

 

食べる量についてですが1日5個だけ食べるようにしてください。1日10個ですとカロリーや脂分の摂りすぎになってしまいます。

 

 

そして便秘解消には1週間は乳酸菌ショコラを食べてみるようにしましょう。それでも効果がなければ効果は望めないとされます。

 

 

以上が便秘解消目的で食べる食べ方についてです。お菓子としてもおいしいのでおすすめです!

 

 

ということで乳酸菌ショコラと便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ