妊娠超初期の便秘について

妊娠超初期の便秘の原因と解消する方法!

妊娠超初期の便秘の原因と解消する方法!

 

 

妊娠超初期(妊娠0週~妊娠4週)の兆候として、便秘になりやすくなってしまうことが挙げられます。※妊娠超初期の方のおよそ60%以上の方が便秘になったと答えているので、便秘の症状は起きやすいです。

 

 

特に妊娠2週目から妊娠3週目にさしかかるあたりに最も便秘の症状が起きやすいとされています。

 

 

また便秘といっしょに、気分が悪かったり、眠気に襲われたりと生理前の症状に似ていることもあります。

 

 

そのためただの生理前の症状と勘違いしていて実は妊娠していたなんてこともあるので注意してください。※この時期は妊娠検査薬は無反応を示します。

 

 

ここではなぜ妊娠超初期になると便秘になりやすくなるのかその原因とおすすめの解消法をお伝えしたいと思います。

 

 

妊娠超初期の便秘の原因

 

 

妊娠超初期の便秘の原因は大きく分けて2つの原因があるとされています。

 

 

①黄体ホルモンの分泌によるもの

 

 

妊娠2週目にはいると、受精が完了して受精卵は子宮に移動していき、つぎつぎに細胞分裂を繰り返します。

 

 

そのこの時に、女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモン2つがありますが黄体ホルモンがとても活発に分泌されるようになります。

 

 

なぜか黄体ホルモンが分泌されるかというと受精卵が子宮に移動しますが、子宮は収縮運動を行っており、受精卵を負荷をかけてしまいます。

 

 

その子宮の収縮運動から守るために、収縮運動を抑制させるために黄体ホルモンが分泌されているのです。

 

 

ですがこの黄体ホルモンは子宮だけでなく、腸の運動も抑制させてしまう働きがあるため、ピタッとその時から便秘になってしまうんです。

 

 

腸内の水分が子宮に吸収されてしまい

 

 

妊娠超初期には子宮内に羊水を作るため、水分を集める必要があります。そしてその水分は腸内や細胞間の水分から吸収されます。

 

 

子宮に水分を吸収されることで便の水分が奪われてしまうことで便が固くなり、便秘になってしまいます。また肌の水分も吸収されるため、妊娠超初期は肌荒れにもなりやすいとされます。

 

 

以上のように妊娠超初期というのは便秘になりやすいとされます。基本的に黄体ホルモンの分泌が抑えられる妊娠16週目まで頑固な便秘が続くとされますね。

 

 

妊娠超初期の便秘の解消方法には

 

 

妊娠超初期に起こる便秘の対策法として効果的な2つの方法を紹介したいと思います。

 

 

①妊娠超初期の便秘に効く食べ物

 

 

妊娠超初期の便秘の解消法としてはエストロゲンを増やすことでバランスを整えてあげることが挙げられます。特に食べ物は有効とされます。

 

 

妊娠超初期の便秘に効く食べ物としては納豆や豆腐などが挙げられます。

 

 

 

 

エストロゲンを増大させるために必要なイソフラボンを納豆や豆腐は含んでいます。さらに大豆に含まれる食物繊維も便秘に効いてくます。

 

 

また納豆に含まれる納豆菌が腸内環境を整えることによって、便秘を解消することができます。

 

 

豆腐ならば1日半丁、納豆ならば1日1パック食べることで食物繊維も大豆イソフラボンもしっかりと摂取することができます。

 

 

②飲み物

 

 

また妊婦さんは通常のより多めに水分を摂取しなければいけません。妊娠中の場合には1日の摂取量は1.5リットルから2リットルとされています。

 

 

特に便秘の場合には朝起きてすぐにコップ1杯の飲み物を飲むのが良いとされます。目覚めの1杯といって、腸の運動が活発になりやすくなります。

 

 

飲み物は基本的になんでもよいとされますので、ぜひ実践してみてください。

 

 

③便秘薬

 

 

また妊娠超初期の便秘でどうしても出せない場合には便秘薬を使って出してしまった方が胎児や母体には健康的です。

 

 

ただしコーラック、タケダ漢方便秘薬、スルーラックなどの刺激性の便秘薬は子宮を収縮させる可能性があるので、服用するのは控えるべきとされます。

 

 

妊婦さんが服用することができる便秘薬としては酸化マグネシウム系の便秘薬が挙げられます。産婦人科ではマグミット錠などが処方されます。

 

 

製薬会社:健栄製薬株式会社

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:5.6円

 

用法用量:1日1回1錠就寝前に服用

 

 

また市販の酸化マグネシウムを配合した便秘薬では3aマグネシアがありますので、自分で購入して試す際にはそちらを服用しましょう。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

効果:服用から1~2日

 

値段:360錠4000円

 

副作用:上限を超えて服用すると下痢になることも

 

有効成分の酸化マグネシウムが腸内に水分をあつめ、便に水分を含ませることでやさしく便秘を解消してくれます。

 

 

刺激もありませんし、腹痛などの心配はなく、服用から8時間後には便意が生じるのでおすすめです。※3aマグネシア以外の市販の酸化マグネシウム系のン便秘薬には酸化マグネシウムE便秘薬、スイマグエース、ミルマグエースなどがあります。

 

 

妊娠超初期に便秘になった際には以上の方法を試すようにしていきましょう。

 

 

基本的に妊娠超初期の便秘は妊娠安定期である妊娠16週目を迎えるころにはホルモンバランスも安定して改善されていきます。

 

 

ということで妊娠超初期の便秘の原因と解消法についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ