ビオフェルミンと妊婦

ビオフェルミンの妊婦さんへの効果、副作用について!

ビオフェルミンの妊婦さんへの効果、副作用について!

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から1~2日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:ほぼなし

 

まず妊娠中にビオフェルミンを飲んでも大丈夫かということですが、妊婦さんでも全く問題なく服用することができますので安心してください。

 

 

産婦人科や内科でも妊婦さんの便秘や下痢などにビオフェルミンが処方されることはよくあります。

 

 

妊婦さんがビオフェルミンを服用する場合、どれくらいで効くのか?
そして副作用、飲み方の注意点についてお伝えします。

 

 

妊婦さんのビオフェルミンの効果

 

 

ビオフェルミンはビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌の3つの乳酸菌によって、整腸効果を促すことで便秘や下痢を改善します。

 

 

ビフィズス菌

 

 

大腸まで運ばれることによって、そのまま善玉菌となって働いてくれます。また乳酸と酢酸の分泌を促し、それが大腸をポコポコと刺激することで自然な便意を起こします。

 

 

・フェカリス菌

 

 

チチヤスなどの乳酸菌飲料にも含まれる乳酸菌の一種で小腸にとどまることで腸内菌叢を整えることができます。

 

 

③アシドフィルス菌

 

 

アシドフィルス菌は小腸にすみつき、乳酸を作り出します。乳酸は悪玉菌の繁殖を抑えてくれる働きがあります。

 

 

妊婦さんの便秘への効き目

 

 

効き目の時間としては服用からおよそ4時間前後で善玉菌が増えて、早いとその時点で便意がきます。

 

 

そして2日~3日ほどで善玉菌が増えて腸の運動も戻り正常に便を排出することができます。

 

 

ただし市販の新ビオフェルミンS錠でも効果はありますが妊婦さんの便秘や下痢は症状が重い場合があり、効かないこともあります。

 

 

その場合にはビオフェルミンではなく、産婦人科などの病院で処方される、さらに効果が強いビオフェルミンR錠やラックビーなどがおすすめです。

 

 

会社:ビオフェルミン製薬

 

値段:1錠あたり5.8円

 

有効成分:耐性乳酸菌(ビフィズス菌)

 

用法用量:1日3回食後に1錠ずつ服用

 

 

ビオフェルミンR錠とラックビーは医薬品なため市販はされていないのでまずは病院に相談しましょう。

 

 

ビオフェルミンの妊婦さんへの副作用

 

 

ビオフェルミンは安全な整腸剤ですので副作用はほとんどありません。

 

 

しかし効果を早く得ようとして服用量を多く摂取してしまうとお腹がきゅるきゅるしたり、腹痛、胃のむかつきを感じる場合があります。用法用量などはしっかりと守るようにしましょう。

 

 

また乳酸菌が体に合わないとアレルギー反応として皮膚の発疹、発赤、かゆみなどの症状を引き起こしてしまいます。この場合にはすぐに服用を控えましょう。

 

 

基本的にビオフェルミンは安全性が高く、胎児に対して悪影響を及ぼすこともないため安心してください。

 

 

妊婦さんのビオフェルミンンの服用方法

 

 

一般的な市販のビオフェルミンである新ビオフェルミンS錠を妊婦さんが服用する場合の方法ですが、

 

①ビオフェルミンは就寝前に3錠飲むようにします。

 

 

②新ビオフェルミンS錠を飲む前にはバナナなどを食べると良いです。※胃酸が乳酸菌を死滅させることを予防できます。

 

 

③服用するときは水と一緒に飲んでもいいし、そのまま噛んで食べても構いません。
ビオフェルミンはほのかに甘くヨーグルト風味がするのでそのままでもおいしく食べることができます。

 

 

④朝起きて効果がなかったら、もう一度就寝前に今度は1錠多くして4錠飲んでみてください。あとは継続的に4錠、就寝前に飲み続けます。

 

 

⑤1週間継続しても効果がない場合には使用をやめてください。

 

 

以上がビオフェルミンの飲み方についです。

 

 

医薬品のビオフェルミンの場合には医師の指示に従って飲むようにしてください。

 

 

特に下痢をしたあとは一緒に腸内細菌も出てしまい便秘体質になってしまうので予防するのに服用するのもおすすめです!

 

 

ただ固い便がすでに腸に詰まっている場合にはビフフェルミンは効かないとされます。便を水分によって柔らかくするマグネシウム系の下剤を服用しましょう。

 

 

産婦人科や便秘外来、胃腸科を受診するとマグミット錠が処方されます。

 

 

製薬会社:健栄製薬株式会社

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:1錠あたり5.6円

 

用法用量:食前か食後に1日3回1回あたり1錠服用

 

また酸化マグネシウムの市販薬では3aマグネシアが挙げられます。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

用法容量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

 

酸化マグネシウムが大腸に送られると、浸透圧を変化させることによって腸内に水分を集めて便を柔らかくします。

 

 

腸を刺激するわけではないため妊婦さんでも安全に服用することができます。服用からおよそ8時間後には便意を感じることができます。

 

 

個人的なおすすめとしてはビオフェルミンを服用しつつ、どうしても出ないときには3aマグネシアを使用すると効果的です。併用しても母体や胎児に影響がないので安全に服用できます。

 

 

市販のビオフェルミンや酸化マグネシウムは効き目が抑えられているので、3日間服用しても効かない場合には産婦人科を受診するようにしましょう。

 

 

ということでビオフェルミンの妊婦さんへの効果についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ