妊婦の便秘

妊婦さんの便秘でいきむのは大丈夫?妊娠初期は危険?

妊婦さんの便秘でいきむのは大丈夫?妊娠初期は危険?

 

妊娠中は黄体ホルモンの分泌によって、子宮の収縮が抑えられます。

 

 

しかしそれと連動して腸の運動が鈍くなっていくため、便秘になります。便秘になると、トイレでいきむようにしいてもなかなか出なくなってしまいます。

 

 

そして、あまり力を入れることで破水してしまう恐るなど言われていますがどうなのでしょうか?

 

 

ここでは妊娠中の便秘でいきんで大丈夫なのか?そしていきみ方についてお伝えします。

 

 

妊娠中にいきむのは大丈夫なのか?

 

 

妊娠中にいきむのは大丈夫なのか、産婦人科医の回答があります。

 

 

妊娠初期は大丈夫なのか?

 

 

妊娠初期の場合には胎盤が完成されておらず、胎児への影響も大きいとされます。

 

 

ただし普通に排便する際にいきむ場合には、問題はないとされます。ですが、思いっきりいきむと子宮に影響を及ぼし、また血圧も上がるので控えるようにしましょう。

 

 

よく妊娠初期に便秘でいきんでしまうと流産になると言われていますが、排便のいきみによって、そのようなことが起こることはまずありません。

 

 

妊娠初期に普通にいきむことは特に問題はないとされます。

 

 

臨月にいきむのは大丈夫なのか?

 

 

臨月による便秘の場合にはいきんでしまうと、破水や早産につながると言われておりますね。

 

 

いきむ位で出産に影響が出るということはないとされます。それはなぜかというと、胎児が出てくる子宮口というのはは便秘のいきみで開かないからですね。

 

 

ということで妊娠中にいきむこと自体が問題にはならないとされます。ただしいきみすぎは血圧が上がり、いきむことで脳卒中になる恐れがあるので注意してください。

 

 

妊娠中の便秘のトイレでの姿勢やいきみ方

 

 

妊娠中に関わらずなのですが、トイレで排便しやすい姿勢やいきみ方というものがあります。これを参考にすることで、出にくい便も出やすくなります。

 

 

便が出やすい姿勢

 

 

①トイレで踏ん張るときは上体をできるだけ前に倒して前傾姿勢になりましょう。

 

②そして片肘を太ももにつけるようにします。

 

③さらにかかとを浮かすようにします。腸に力が入りやすくなり、子宮には負担がかかりにくくなります。

 

以上のような姿勢をトイレではとるようにしていきましょう。力が入りやすく便が排出されやすくなります。

 

 

便が出やすいいきみ方

 

 

便が出やすいいきみ方としての方法があります。

 

①まず排便しやすい姿勢で、短く、『ふっ、ふっ』と息を吐きながらいきんでいきましょう。長く『ふ~っ』といきむのは負担がかかってしまいますので、控えるようにしてください。

 

 

②もし1分間いきんでも排便されなければ、一旦トイレから出るようにしましょう。

 

 

③1分以上いきんでも、出ないときにはどんなに頑張っても出ません。無理に続けると血圧が上がったり、子宮に負担がかります。

 

以上のように便が出やすいいきみ方となります。是非試してみるようにしてください。

 

 

また便意が来るまでトイレで本を読むという人がいますが、特に問題ないので大丈夫です。

 

 

上記の方法でいきんでも出ない場合には直腸に固い便が溜まっている可能性が高いです。

 

 

その場合には産婦人科で便秘薬を処方してもらいましょう。

 

 

妊婦さんの便秘に効く便秘薬

 

 

妊娠中の便秘でも安全に解消することができる便秘薬としては、酸化マグネシウムが挙げられます。

 

 

酸化マグネシウムは大腸内で水分を集めることによって、腸内の便を柔らかくしていきます。酸化マグネシウムはコーラックやセンナなどと違って、刺激性はないので、妊婦さんでも安全に服用することができます。

 

 

そして産婦人科では酸化マグネシウムを配合したマグミット錠などが処方されていきます。

 

製薬会社:健栄製薬株式会社

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:5.6円

 

用法用量:食前か食後に1日3回1回あたり1錠服用

 

酸化マグネシウムを服用した後にはおよそ8時間後には便意がきるので、さきほどのいきむ方法で排便しましょう。

 

 

服用量が多いと、下痢や軟便になる恐れがあるので、用法用量は守るようにしていきましょう。

 

 

また市販で酸化マグネシウムを配合した3aマグネシアなどが挙げられます。

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分:酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

用法用量:1日1回就寝前に3~6錠服用していきます。

 

自分で購入することができますが、できれば薬剤師さんに確認しましょう。後は妊娠中にはしっかりと水分(1日1.5リットル~2リットル)をとるようにしてください。

 

 

ということで妊婦中の便秘でいきむことについてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ