便を柔らかくする方法

便を柔らかくする方法!?薬や飲み物は?

便を柔らかくする方法!?薬や飲み物は?

 

 

便が固いと便意がきても、踏ん張っても出にくくなってしまいます。すると直腸に固い便が溜まってしまいます。

 

 

このような便秘のことを直腸性便秘と言います。解消するためには便を柔らかくすることが重要です。

 

 

ここでは便を柔らかくする方法についてご紹介したいと思います。

 

 

便を柔らかくする方法

 

 

便を柔らかくする方法について、自分でできる4つの方法をお伝えします。

 

 

①便を柔らかくする飲み物

 

 

便が固くなる一番の原因というのは水分不足が一番に挙げられます。そのため水分摂取をまず行うようにしましょう。

 

 

便を柔らかくさせるための飲み物として挙げられるのがココアです。

 

 

 

 

ココアにはマグネシウムとリグニンという成分が含まれており、これらが便を柔らかくします。

 

 

マグネシウムを摂取することによって腸に水分を集めることができ、便に水分を集めさせることで柔らかくなります。

 

 

またリグニンは整腸作用があることで、善玉菌が増えるので、この善玉菌が便を柔らかくしてくれます。

 

 

ココアは朝起きてすぐにコップ1杯、就寝前に1杯飲むようにしましょう。また冷たい状態よりも温かい状態で飲む方が便が溶けて、柔らかくなりやすくなります。

 

 

またココアとは別にお茶やお水は毎日1.5リットル飲むようにしましょう。やはり便が固い人ほど水分不足にあります。飲み物だけでも5~7日飲み続けることで便が柔らかくなり便秘が解消されます。

 

 

②食べ物で便を柔らかくする方法

 

 

マグネシウムと整腸効果は飲みやすいココアにまかせて、食べ物では水溶性食物繊維を摂取していきます。

 

 

水溶性食物繊維は便をつるっと、滑らかにさせることができます。また水溶性食物繊維は腸内で膨らむので便意を促します。

 

 

逆にゴボウやニンジンなどの繊維が固いものは不溶性食物繊維と呼ばれ便を固くさせるので注意です。

 

 

ゴボウやニンジンなどの固い繊維を持つ食べ物には不溶性食物繊維を含んでおります。便を柔らかくするのではなく、逆に固くしてしまうので注意してください。

 

 

食べ物ではこんにゃく、寒天、ところてんなどがおすすめです。テレビでは蒟蒻ゼリーが便を柔らかくすると紹介され有名になりました。

 

 

 

 

蒟蒻ゼリーを1週間食べ続けることによって便が柔らかくなっていきます。蒟蒻ゼリー食べる際は1日1個好きな時に食べていきましょう。また食事をするときはしっかりと噛むようにしましょう。

 

 

というようにもし便が固い方はまずはこの飲み物と食べ物での対策法を3日間は行うようにしましょう。

 

 

もし1週間食べ物と飲み物での対策を実践して柔らかくならなければ、便秘薬で溜まった便を柔らかくしていきましょう。

 

 

③便秘薬で便を柔らかくする

 

 

便を柔らかくするタイプの便秘薬は有効成分に酸化マグネシウムを配合したものが挙げられます。

 

 

酸化マグネシウムを摂取すると大腸内の浸透圧を変化させて、水分を集めることができます。これにより便が水分を含み、便を柔らかくすることができます。

 

 

特に市販の酸化マグネシウム系の便秘薬では3aマグネシアがあります。また病院で処方されるものではマグミット、マグラックスなどが挙げられます。

 

・3aマグネシア

 

 

製薬会社:フジックス

 

成分;酸化マグネシウム

 

値段:360錠4000円

 

用法容量:1日1回就寝前に3~6錠服用します。

 

・マグミット

 

 

成分:酸化マグネシウムの緩下剤

 

効果:服用から数十分~数日

 

値段:1錠あたり:5.6円

 

副作用:下痢、軟便

 

 

ほとんどの方が3aマグネシアを服用することで8~10時間には効いていき、便が柔らかくなり、排便に成功しています。

 

 

もし便が出せたら一旦便秘薬の服用は控えるようにして、飲み物と食べ物などの生活習慣で予防解消するようにしましょう。※1週間服用しても効果がない場合も服用は控えましょう。

 

 

④できれば整腸剤も服用するようにする

 

 

また便が固いのは腸内環境が乱れていて、悪玉菌が繁殖している場合があります。悪玉菌は便を固く、臭くする働きを持っています。

 

 

特に3日間腸内に便が溜まっていると、そこから悪玉菌や腐敗ガスが分泌されるようになります。そして便秘の日数が進むほど、便が固くなってしまいます。

 

 

ですので整腸剤を服用して、腸内環境を整えることが重要とされます。特に市販の整腸剤であれば新ビオフェルミンS錠がおすすめです。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

効果:服用から2~4日

 

値段:540錠3150円

 

副作用:なし

 

新ビオフェルミンS錠には3つの乳酸菌が配合されて、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。新ビオフェルミンS錠を3日間服用するだけで腸内環境が整い、便も柔らかくなっていきます。

 

 

便秘が解消された後も、便を柔らかい状態をキープするために服用し続けても良いでしょう。

 

 

もし便秘薬や整腸剤を1週間服用しても、便が柔らかくならず便秘が続いてしまっている場合には、便秘外来や胃腸科などを受診しましょう。

 

 

ということで便を柔らかくする方法についてでした。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ