黒い下痢

黒い下痢が出るのはなぜ!?原因と対策法について!

黒い下痢が出るのはなぜ!?原因と対策法について!

 

お腹が痛くなって、下痢を起こした際に黒い下痢が出ることがあります。ドス黒くて、便器の水も黒くなるため驚かれる方が多いです。

 

 

ただしこの症状としてはよくあることですので、そこまで慌てないでください。黒い下痢が出るのは原因があり、対策することで治まっていきます。

 

 

ただ場合によっては病気の可能性もあるので、注意が必要です。ここでは黒い下痢が出る原因と対策法についてお伝えします。

 

 

黒い下痢が出る原因について

 

 

黒い下痢が出る原因というのは大きく分けて4つあるとされています。

 

 

①腸内環境の乱れによるもの

 

 

やはり黒い下痢便が出る一番の原因というのは腸内環境の乱れが挙げられます。

 

 

便が黒いというのは腸内の悪玉菌が発生して便が黒くなっていると言えます。また腸内環境が乱れていると、腸の動きが不安定になり下痢も起こります。

 

 

また便秘で長い時間、腸にいた便が黒く腐敗して、下剤を服用したときに下痢となって黒い便が出てしまいます。

 

 

特に女性よりも男性に起こりやすい症状なので、この場合にはヨーグルトや納豆など乳酸菌を含んで、お腹にやさしい食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

 

 

②宿便が出ている

 

 

また黒い便が下痢として出ているのは宿便が出ている場合も挙げられます。

 

 

宿便というのは腸壁にこびりついた便のことであり、腸内に溜まっていたことによって、黒く腐敗していることが多いです。

 

 

そしてこの宿便は腸が激しく痙攣した時や、下痢のように水が腸管に浸透した際に、はがれ落ちて一緒に排便されます。

 

 

便がひらひらとしている場合には宿便の可能性が高いです。黒い下痢が出た場合にはその形をよく観察してみてください。

 

 

③胆汁の機能低下

 

 

そして黒い下痢が出る最後の原因としては胆汁の機能の低下が挙げられます。

 

 

胆汁は便に油分を含ませて、便を滑りやすくする働きを持っています。またこの胆汁から分泌される油は便を黄色くする作用もあります。

 

 

しかし暴飲暴食やタンパク質の摂りすぎによって、一時的に胆汁の機能が衰えると便が黒くなり、便もうまく形成されずに下痢となって出てしまいます。

 

 

④ただし赤黒い下痢には病気の可能性も

 

 

しかし稀にですが、黒い下痢に赤く血が混じっていたり、便自体が赤黒くなっている場合があります。

 

 

このような場合には潰瘍性大腸炎や食道静脈瘤などの症状を引き起こしている可能性が高いとされます。もし下痢が赤黒かったのを確認できた場合には胃腸科や内科をすぐに受診するようにしてください。

 

 

以上が黒い下痢が出る原因とされます。9割以上は腸内環境の乱れや胆汁の機能低下なので、そこまで心配はいらないでしょう。

 

 

ただ下痢は悪い毒素を排出しているために起きるので、黒い下痢を出すこと自体は体にとっては良いこととされます。。

 

 

ただし下痢は一緒に多量の腸内細菌も排出されてしまい、腸内環境の乱れによって便秘になりやすくなります。黒い下痢が出た後の対策はしっかりと行いましょう。

 

 

黒い下痢の対策法について

 

 

黒い下痢が出た後の対策方法としては2つ効果的なものが挙げられます。

 

 

①整腸剤

 

 

黒い下痢が出た後の対策法としては腸内細菌を回復させるためにまず整腸剤の服用は不可欠と言えます。

 

 

特に市販の整腸剤ではメジャーな新ビオフェルミンS錠がおすすめと言えます。

 

 

製薬会社:ビオフェルミン製薬

 

有効成分:ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌

 

値段:540錠3150円

 

用法用量:1日に3回毎回の食後に1回あたり3錠飲むみます

 

新ビオフェルミンS錠には3つの乳酸菌が配合されており、大腸内で善玉菌のエサとなることで腸内環境を整えていきます。3日間服用すること下痢で失った腸内細菌を取り戻すことが可能となっています。

 

 

また整腸剤でなくとも、オリゴ糖でも構いません。後は上述したようにヨーグルトや納豆などの食べ物も積極的に食べることがおすすめと言えます。

 

 

②水分補給

 

 

 

 

下痢になっている時には便を固くするために水を控えられる方がいらっしゃいます。

 

 

しかし下痢の後は体が脱水されているので、しっかりと水分を補給するようにしましょう。※水を適度に飲むことは下痢にはなりません。

 

 

目安は1日あたり1.5~2リットルほど飲むようにしましょう。水を飲まないとそのあと、うんちが固くなって『下痢⇒便秘』という風になるので、水分補給はしっかりと行いましょう。

 

 

できれば冷たい水よりも常温以上の温度で飲んでください。冷たいとお腹が冷えて、痙攣を起こしてまた下痢を引き起こしてしまいます。※一度に多量の水を飲むのも控えましょう。

 

 

以上のように黒い下痢が出た後はしっかりと対策するようにしましょう。

 

 

後は暴飲暴食を繰り返している方はできるだけ、控えて野菜やお腹にやさしい食べ物を食べるようにしてください。1週間以内には理想的な便も出てくるでしょう。

 

 

ただし1週間実践してもまだ黒い便が出たりする場合には病院に行くようにしていください。日ごろから下痢出ないときもしっかりと便は観察するようにしましょう。

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ