チョコレートと便秘

チョコレートの便秘への効果と食べ方について!

チョコレートの便秘への効果と食べ方について!

 

 

チョコ―レートはダイエットの大敵であるというイメージを抱きがちですが実はチョコレートは便秘解消の効果があるのです。

 

 

ここではチョコレートの便秘解消の効果を紹介したいと思います。

 

 

チョコレートの便秘への効果

 

 

チョコレートが便秘に対して効果的なのは大きく分けて3つの働きがあるからとされます。

 

 

①食物繊維

 

 

意外な真実かもしれませんが、チョコレートの原料である
カカオには食物繊維が豊富に含まれています。

 

 

カカオ70パーセントのチョコレートの場合には
100gでなんと24gも食物繊維を摂取できるのです。

 

 

この食物繊維の量は緑黄色野菜に含まれている量に匹敵しますので
チョコレートにいかに食物繊維が含まれているかわかると思います。

 

 

1日に必要な食物繊維は約13gとされていますので、
カカオ70%のチョコレートの場合には50gを食べることで12g摂取できます。

 

 

②ポリフェノール

 

 

そしてチョコレートにはポリフェノールが含まれています。

 

 

ポリフェノールというのは実は消化されずに腸まで届きます。
そして腸の粘膜を収れん作用によって刺激させます。

 

 

この働きによってぜんぞう運動が活発になり便秘を解消させます。
また下剤のように刺激が強いわけではないので腹痛にはなりません。

 

 

③タンニン

 

 

またチョコレートにはタンニンが含まれています。

 

 

タンニンはカテキンが酸化したもので、脂肪を燃焼し、
さらにコレステロールを排出することから血行を促進させます。

 

 

そのため体質的に新陳代謝が活発になり、便秘を解消する効果があります。
またチョコレートはダイエットにも効果的とされる食品だということです。

 

 

以上のようにチョコレートを食べることで、食物繊維、ポリフェノール、
タンニンを摂取することができるので便秘に効くとされます。

 

 

便秘を解消するための食べ方

 

 

便秘を解消するためにチョコレートを食べ方についてですが、
チョコレートの種類は普通の板チョコでカカオの配合量が高いほど効果的です。

 

 

また高級なチョコレートを購入する必要はなくコンビニで販売されているタイプ
チョコレートでも十分な食物繊維を摂取できます。

 

 

 

 

明治の板チョコで問題ありません。

 

 

①食べる量

 

 

食物繊維を完全に摂取するには50g食べる必要がありますが
それですと糖分やカロリーが高くなってしまいます。

 

 

明治の板チョコ1枚で65ですので、1日その半分の
32.5gほどを食べるのが目安とされます。

 

 

②食べ方について

 

 

食物繊維を摂取するときには、水分を一緒にとることで効果を高められますので
チョコレートを食べる際は水分を一緒に食べるようにしましょう。

 

 

できれば糖分を抑えるためにがお勧めです。
※水を一緒に飲むことで糖分が抑えられるのです。

 

 

簡単に言うと、メインとして野菜を食べて食物繊維を摂取し
それを補う感じでチョコレートを少し食べるのがベストだと思います。

 

 

目安としては1週間食べ続けるだけでかなり効果が感じられます。

 

 

チョコレートは甘くておいしいため、ついつい食べ過ぎてしまうのですが、
そこはぐっと我慢して、少しだけにとどめましょう。

 

 

ということでチョコレートの便秘への効果と食べ方についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消法にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ