豆腐と便秘

豆腐の便秘への効果と食べ方について!

豆腐の便秘への効果と食べ方について!

 

 

豆腐はヘルシーな健康食品として有名で
豆腐ダイエットという置き換えダイエットにも使用されていますが、

 

 

便秘に効果的な食べ物とされています。
しかし食べ方を注意しないと逆に便秘になってしまうので、

 

ここでは豆腐が持つ>便秘解消効果と注意点を紹介します。

 

 

豆腐の便秘への効果について

 

 

オリゴ糖

 

 

あまり知られていないことですが豆腐には大豆オリゴ糖が含まれます。

 

 

オリゴ糖は腸内のビフィズス菌のエサとなる
働きがあるため腸内環境を整える効果が得られます。

 

 

不溶性食物繊維

 

 

豆腐をはじめとする豆類は不溶性食物繊維が豊富に含まれています。

 

 

不溶性食物繊維は便を固くし、大きくする働きがあります。
これにより、腸が刺激を受けて排便が促されますので便秘が解消されます。

 

 

基本的に不溶性食物繊維はキャベツやごぼうなどたくさん
食べるのが難しい食品に含まれますが豆腐であればたくさん食べることができるのでおすすめです。

 

 

しかしこの不溶性食物繊維は摂りすぎてしまうと
逆に便秘の原因になってしまうので注意が必要とされます。

 

 

豆腐の便秘解消の食べ方について

 

 

 

便秘解消の掲示板や知恵袋では豆腐で便秘に
なってしまうという意見をあげておられましたが、

 

 

ダイエット目的や摂りすぎが原因かと思われます。

 

 

先ほども述べたように豆腐に含まれる
不溶性食物繊維は摂りすぎると便秘になってしまうのです。

 

 

ダイエット目的ですとごはん代わりに豆腐を主食としてしまいますが、これでは摂りすぎです。
ではどれくらい食べればいいのか、どのように食べればいいのかお伝えします。

 

 

①食べる量について

 

 

便秘を解消するのならば別に豆腐を主食としなくても
おかずの一品として、1日に1丁の半分(100~150g)で十分効果があります。

 

 

逆に毎日1丁食べてしまうと不溶性食物繊維の摂りすぎてしまいます。

 

 

②おすすめの豆腐

 

 

基本的に豆腐であればどの種類を食べても構いません。
ただオリゴ糖や栄養素が豊富な豆腐は木綿豆腐です。

 

 

 

 

便秘を解消したい場合には木綿豆腐を食べるのが良いでしょう。

 

 

豆腐の食べ方

 

 

豆腐の食べ方について各自自由に食べて構いません。
好きな時に半丁分食べるようにしてください。

 

 

ただしひややっこなど冷たい状態の豆腐を食べることで
胃腸に負担がかかってしまう恐れがあるので、なるべく冷たい状態で食べるのは控えましょう。

 

 

ということで便秘解消のための豆腐の食べ方は以上です。

 

 

食物繊維とオリゴ糖を含んだ珍しい食品ですので試してみる価値はあります。

 

 

また便秘以外にもサボニンという希少な栄養素も含まれており、
動脈硬化、高血圧、糖尿病に対しても効いていきます。

 

 

以上、豆腐と便秘についてでした

医師が教えてくれた!下剤やビオフェルミンより便秘に効いたもの


北の大地オリゴ糖「カイテキオリゴ」


いままで下剤、ヨーグルト、ビオフェルミン
などの解消方にチャレンジしたけど


効果がないし下痢と腹痛ばかり・・


どうしたらいいか分かりませんでした



意を決して医師に相談したところ
オリゴ糖を紹介してもらったんです

それがカイテキオリゴでした
半信半疑で試してみたのですが、
とんでもないことに・・・


>>医師が教えてくれたオリゴ糖について

ホーム RSS購読 サイトマップ